[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「豊洲市場」 に関するテレビ情報

2017年5月19日放送 5:50 - 8:00 日本テレビ
ZIP! NNN NEWS ZIP!

昨日開かれた専門会議で4月下旬に行われた地下水モニタリングの再調査の結果が公表され前回と同じく環境基準の100倍のベンゼンが検出されたことがわかった。また最大で3.4倍のヒ素も検出されたほか、検出されてはいけないシアンも30地点中19地点で検出された。昨日の会議ではこれらの有害物質を含む地下水を封じ込める安全対策を議論する予定だったが途中で一部の傍聴人から会議の進め方や東京都の対策などについての不満が噴出した。会議は2時間半にわたり紛糾し安全対策の議論前に時間切れとなった。会議の報告を受けた小池知事は「中途半端じゃいけないので・・・また」とコメントしている。専門会議の次の日程は決まっていないということだ。

URL: http://www.shijou.metro.tokyo.jp/toyosu/

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年6月26日放送 8:00 - 9:55 TBSビビット(ニュース)
小池都知事の就任後、初めてとなる都議選。焦点は、小池都知事率いる都民ファーストの会が都議会の最大会派になれるかどうか。金曜日の第一声から、自民党を痛烈に批判した小池都知事に対し、自民党も対決姿勢を強めており、各党選挙戦初日から、国政選挙並に党の幹部達を応援演説に投入する力のいれようである。16年ぶりに都議会の議席獲得を目指す社民党の党首は、小池都知事の豊洲移転の発表は、選挙のためだと批判した。
都議選で番組が注目したのが、1人区。1人区は、都内全部で7つあり、1人区を制した党が都議会第一会派になるといわれている。とりわけ、小池都知事と自民党の対決の象徴となるのが千代田区となる。千代田区は、都議会のドン・内田茂氏の地元だが、去年7月の都知事選、今年2月の千代田区長選と小池陣営に敗れている。千代田区の応援演説には、麻生財務相が駆けつけ、中村彩候補が小池都知事を批判した。中村彩候補は、希望の塾の元塾生であったが、今回の都議選では内田氏の後継者として自民党から立候補した。中村候補にここまでの手応えを聞くと、街の人達も声をかけて下さったりすることが増えたのでその点は良いと思っています等と話した。一方小池都知事は樋口高顕候補を千代田区の議席を奪うべく送り込んだ。樋口高顕候補は、街歩きをしたり、輪が広がっている実感がありますなどと話した。千代田区には須賀和男候補や後藤輝樹候補などが立候補している。有権者は豊洲移転の問題や候補者のマニフェストなどを基準に投票すると話していた。

2017年6月26日放送 8:00 - 9:55 テレビ朝日羽鳥慎一モーニングショー(ニュース)
築地市場・豊洲市場両立案で揺れる中央区を取材をした。中央区では5人が立候補しその中から1人が当選する選挙区だ。都民ファーストの会が公認、妊娠4か月の中央区の元区議の西郷歩美候補は体調不良での演説となる場面も。小池代表は豊洲市場へ移転後、5年後をめどに築地市場の再開発を行う両立案を表明した。自民党からは石島秀起候補が出馬した。両立について石島候補は選挙に対するPRでしかないと批判した。

2017年6月26日放送 5:25 - 8:00 フジテレビめざましテレビNEWS
来月2日に控えた東京都議会選挙をめぐり、フジテレビが24日から25日の2日間にわたり、都内の有権者約1000人に「どの政党・候補者に投票するか」とのテーマで電話調査を行ったところ、「都民ファーストの会」「自民党」がともに2割半ばを占め、共産党、公明党、民進党がそれを追う展開となった。一方で、まだ投票行動を決めていない人の割合は全体の約6割に達した。一方、小池知事が発表した「豊洲へ移転・築地を再開発」とする基本方針について、評価すると答えた人が全体の54.9%、評価しないと答えた人が31.4%を占めた。

2017年6月26日放送 4:55 - 8:00 テレビ朝日グッド!モーニング7時のニュースまとめ
東京都議会議員選挙の期間中唯一の日曜日だったきのうは各党代表らが激しい論戦を繰り広げた。都議選では自民党と小池都知事の都民ファーストの会が都議会第一党の座をめぐり対決。これまでの都議選はその後に行われる国政選挙の結果を先取りしたことも。自民党候補者の応援には菅官房長官や二階幹事長ら幹部クラスが駆けつける。菅官房長官は小池都知事の豊洲移転と築地再整備案に「また築地へ帰ってくるようなあまりよくわからないことを発表した。自民党が主張しているようにそのまま進めていくべきじゃないか」など、加計学園問題については「国家戦略特区による規制改革は進めるべき」など訴えた。安倍総理が演説に立つことはなかった。一方で都民ファーストの会の小池代表は週末に25か所で応援演説を行った。小池代表は自民党から都民ファーストの会が第一党になった場合、議会のチェック機能が失われると批判されていることに「知事と議会の2元代表性が壊れるというが、そのような批判をしている自民党の都連はまさしくこれまで一元制でやってきて、自民党都連のお伺いを立てなければ予算も成立しなければ都庁の人事も進まない」などと述べて都議会改革を語った。小池代表は築地市場のお膝元の中央区で演説。移転問題についての発言なし。公明党は自民党との連携を断ち、都民ファーストの会と協力。同じく東京・生活者ネットワークも都民ファーストの会と協力関係を結ぶ。民進党・共産党は加計学園・森友学園の問題など安倍政権の国政批判を強調。都議選の投開票は7月2日。

2017年6月25日放送 18:00 - 18:55 日本テレビ真相報道バンキシャ!まさかの“追い打ち”?
予定通り通常国会が終わり、見事な幕引きした安倍政権。しかし、その思惑を吹き消すような文章が公開された。更に、安倍チルドレンの1人が秘書に暴言を浴びせ、暴行を働いていた事実が明らかとなった。元秘書は、豊田氏を刑事告訴する姿勢を見せている。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.