[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「豊洲新市場」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 6:00 - 8:00 テレビ朝日
週刊ニュースリーダー (今週のニュース! 気になる人物 トップ10)

長引く豊洲新市場の問題について、専門家会議では科学者は感情に流されずデータに基づいて論議したかったのかもしれないとした上で、生活のかかっている市場の人達が荒れる事に対しても理解を示した。会議では改修費がさらに多くて80億位かかる可能性が示されたが、それならそれでなぜその額なのか明示してほしいとした。また小池百合子都知事としても決断が迫られる所だが、今までのやり方を見直してやり直す中、一方で消費者の中にも厳しい環境基準をゆるめる事を許容する人が増えてきているようすも見られる事から、基準そのものを見直す事も求められているのかもしれないと話した。

URL: http://www.shijou.metro.tokyo.jp/toyosu/

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月23日放送 15:50 - 19:00 TBSNスタNトク!
午後2時、都議選に向け都民ファーストの会の政策を発表した小池知事。都議会改革を柱に、待機児童対策や受動喫煙防止条例の制定など、321項目にのぼる。その一方、豊洲移転の是非については「総合的に判断する」として、態度を明らかにしなかった。都議選告示まであと1か月。各政党は、移転の是非について態度を明らかにしている。自民党は早期移転を選挙公約のトップにして、小池知事を批判している。都民ファーストの会と選挙協力をしている公明党も、小池知事に決断を急ぐよう求めている。しかし小池知事は、夏までに判断する考えを崩していない。

2017年5月21日放送 9:54 - 11:30 TBSサンデー・ジャポンサンジャポ的ワイドショー講習
第17位「豊洲市場の土壌汚染対策 専門家会議 怒号 飛び交う」。18日に開かれた豊洲市場の専門家会議で、平田健正座長は“無害化”について「約束できない」と発言した、これに対して、市場関係者らは抗議し、会議は異例の打ち切りとなった。当初、4月中に取りまとめる予定だった専門家会議で6月以降も行われる見通しとなった。小池知事の19日の定例会見では「決められない知事ではないかという指摘も受けていたと思うが」という質問も出た。そんな中、堀江貴文は週刊朝日で小池知事と対談した。堀江が「都政のことについて聞きたいが、その前に自民党なんですか?」と聞くと、小池氏は「さあ、二重国籍はよくあるでしょ」と返した。都の20億円クルーザー購入については「まだ精査している段階」、築地については「総合的に考えているところです。楽しみにしいぇおいてください。」と明言を避けた。一方、自民党は豊洲市場への早期移転を掲げ、都議会公明党は「なるべき早く豊洲に移転」、民進党は「安全・安心が最優先」、共産党は「移転中止と築地再整備」とした。第16位「スタジオで堀江さんにお話を伺います」。

2017年5月21日放送 8:00 - 9:54 TBSサンデーモーニング(一週間ニュース)
18日、豊洲市場の専門家会議が開かれ、有害物質の数値が高いまま推移していることが公表された。土壌汚染の無害化をめぐって、平田健正座長は「無害化は約束できない」と発言。これに反発した築地市場関係者が紛糾し、会議は中断することになった。

2017年5月21日放送 7:30 - 8:25 フジテレビ新報道2001(ニュース)
1週間前の神田祭で小池百合子知事は築地女将さん会と明るく話をしていた。その一方で、豊洲市場からは環境基準の最大100倍のベンゼンが検出された。さらに、豊洲市場の地下水が目標の水位まで下がらないという課題も発生している。築地市場は今後、汚染対策工事に追加で最大80億円かかるとみられている。移転の可否判断を小池知事はまだしていないが、経費は半年で築地が約8億400万円、豊洲が約18億4800万円かかっている。

2017年5月20日放送 22:00 - 23:24 TBS新・情報7daysニュースキャスター7DAYS REPORTS
豊洲市場移転問題をめぐって、木曜日に専門家会議が開かれた。先月の地下水調査で再び環境基準の最大100倍のベンゼンが検出されたと報告した中、平田健正座長は「無害化は約束できない」と発言。すると築地市場関係者から怒りの声があがり、会議は打ち切りとなった。なお、小池百合子都知事は昨日の定例記者会見で、「豊洲の問題などは中途半端に決めたから私は立ち止まった」とコメント。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.