TVでた蔵トップ >> キーワード

「貴族探偵」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 5:00 - 6:00 フジテレビ
新・週刊フジテレビ批評 THE 批評対談

テレビでLGBTを伝えることに感じることはあるかとの問いに永田氏は、LGBTを当たり前の隣人として描いたドラマ等やCMが増えているのが良い事だと思うと述べた。江川は、ドラマの貴族探偵で女性の恋人が女性だったストーリーをみて、先入観を感じさせられたと述べた。永田氏は、自尊心を養う中で子供の頃にロールモデルが見つからなかったとの問題が大きいと話した。パレードの会場にブースを出している時に一番声をかけてくれたのは小さい子を持つ母親らだったと話した。自身の子どもが当事者であってもなくても、被害者にも加害者にもしたくないとの思いが強く、個性をオープンに受け入れられる親でありたいとの思いが強いと感じたと述べた。
永田氏は、母には渋谷区役所にお世話になるタイミングでカミングアウトしたと話した。家族へのカミングアウトは近い存在だからこそ最も難しいと述べた。おねぇタレントについては、その方々ががんばって認知を作った功績は大きいと思っていると話した。自虐的に笑いをとる方が生きやすいというLGBTの人の話しを聞いた永田氏は、日本ではホモネタは笑いの潤滑油として使われる事が多いのは事実だと話した。
LGBTについて、テレビに対してどのような事を求めていきたいかと問われた永田氏は、恐れて離れられるのが一番悲しいと話し、当事者とのコミュニケーションを密にとってほしいと述べた。LGBTを支持する姿勢が見えることから交流が始まると述べた。オープンにしている人にどんどん質問をすることがいいのではと思うと述べた。


refills リフィルズ

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.