TVでた蔵トップ >> キーワード

「足立区(東京)」 に関するテレビ情報

2017年3月14日放送 19:00 - 20:54 フジテレビ
実録!金の事件簿こんな奴らは許さない! 実録!金の事件簿こんな奴らは許さない!

さいたま市の岩槻駅前。車から次々と降りてきた人を、緑色の作業着を着た男が誘導していた。その先には、岩槻区役所があった。誘導された人々は会議室へ。この日は、生活保護費の受給日だった。この会議室で、生活保護費が手渡されている。生活保護費を受給された人々は、柱のそばに立っていた男に生活保護費を手渡していた。封筒の名前と金額を読み上げながら、男はその後ろに立っていた別の男女に封筒を手渡していた。
集団が乗り込むと、バスは出発した。バスの後を追うと、東京・足立区にある「宗永寺」が運営する宿坊施設があった。宿坊施設を張り込むと、男性たちが列になり一人ずつ小さな建物の中へ。すると、男性たちは1000円札を持って出てきた。
施設にいたことがあるという男性によると、男性は突然男から「施設に入れば寝る所も食べるものもある」と声をかけられ、施設の入所契約書にサインしたという。しかし実際の暮らしは、3畳1間に布団とテレビがあるだけだった。収納もなく、冷暖房もなかった。施設では生活保護費13万円を全額預かり、その中から部屋代4万7700円、光熱費9000円、生活消耗品費6000円、管理費3000円、食事代3万円を天引き。残る3万4300円を、入居者に一日1000円ずつ返金していた。この問題に取り組む弁護士は、「弱みに付けこんで暴利を貪る貧困ビジネス」と話した。
施設を運営している宗教法人は、さいたま市内に5つの施設を建設し、373人を入居させている。宗教法人は、単純計算で年間4億2500万円を荒稼ぎしているとされる。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年9月19日放送 18:10 - 18:52 NHK総合首都圏ネットワーク(ニュース)
経営する鍼灸の治療院で治療を装い30代女性にわいせつ行為を働いていた足立区の鍼灸師が逮捕された。容疑者は平成17年からマッサージや鍼治療を行っていて、警視庁の調べに対し「女性は合意の上で治療の一環だった」と容疑を否認している。

2017年9月19日放送 16:50 - 19:00 フジテレビみんなのニュース(ニュース)
秋の味覚「栗」。生鮮市場さんようでは今シーズンの価格はほぼ平年並みだというが、今後は台風被害で2~3割ほど高くなる可能性があるという。今年の栗をめぐっては広島県の農園「ラ・スカイファーム」は明後日から開始予定だった栗ひろいが禁止となった。被害額は300万円。農園は無農薬で栗を育てる観光農園で例年3000人が来訪していたという。要因は害虫被害により栗の実がならなかったこと。栗を襲ったクスサンは今年5月下旬に幼虫が出現し6月下旬には10センチほどに成長した。栗ひろい中止に追い込まれたのは開園30年で初めてだという。専門家によるとクスサンの大量発生は近年全国的に増えているということで、今後さらに注意が必要だ。

2017年9月19日放送 11:30 - 11:55 フジテレビFNNスピーク(ニュース)
今月7日~14日までの間に都内に住む女子高生の自宅付近で5回に渡り待ち伏せを繰り返したとしてストーカー規制法違反の疑いで33歳の男が逮捕された。男は女子高生の登校時間をねらって待ち伏せをしていて、調べに対し「数ヶ月前、散歩中に女子高生を見かけた。かわいい子だと思い休みの日にマンションまで行って待ち伏せをするようになった」と容疑を認めている。

2017年9月19日放送 11:30 - 11:45 日本テレビNNN ストレイトニュースNNN ストレイトニュース
今月17歳の女子高校生を5回にわたり待ち伏せしたストーカー規制法違反の疑いで東京・足立区の33歳会社員男が逮捕された。容疑者は女子高校生の登校時間に合わせ自宅付近で待ち伏せしていた。調べに対し「散歩中に変わった制服の女子高生を見つけた。かわいい子と思い自分が休みの時に朝待ち伏せするようになった」などと容疑を認めている。

2017年9月19日放送 10:25 - 13:55 TBSひるおび!ひるおびハテナ?
大磯町の給食問題についてスタジオで解説。今年7月6日の給食では1クラス31人のうち完食したのは1人だけだった。なぜ食べ残すのか生徒たちに聞くと、冷たい・味が薄い・異物が混入していることがある、などの答えが返ってきた。去年1月~今年7月の間で給食に異物混入が計96件発生しており、1日4件異物混入があった日もあるとのこと。これまでに髪の毛、糸くず、金属片、ハエ、メニュー以外の食材などが混入したことがある。給食の製造業者は、配膳後に何らかの原因で入ったと思われるものもあると話している。給食の量に対する子どもたちの食べ残しの割合は全国平均で6.9%ほどだが、大磯町では平均26%、最大で55%だった時もある。大磯町の今回の給食導入に際して、中学校2校の生徒数は約760人。業者への委託料は年間約3300万円。給食費の月額は4900円である。大磯町の2つの中学校で給食制度が始まったのは去年の1月から。以前は自宅から弁当を持参していたが、保護者の要望でデリバリー方式の給食に変更。都道府県別の公立中学校の給食実施状況をみると、神奈川県は25.7%で全国最下位。神奈川県は人口の急増に対応するため学校建設で手一杯だったので、給食施設は後回しになってしまったのではと専門家は考えている。給食の形式としては、校舎に調理場を設けて提供する「自校方式」、複数校の給食を調理できる調理場を設けて各学校に提供する「センター方式」、民間事業者に給食の調理・学校への配送を委託する「デリバリー方式」に大別される。デリバリー方式の場合、衛生上の理由などもあり他の方式に比べてどうしても冷たくなってしまうとのこと。味が薄いという意見については、大磯町職員の栄養士が献立を作って製造業者は指定された通りに調理しており、塩分を控えた献立になっているという。今後状況が好転しない場合は給食か弁当持参かの選択制も検討している。
給食の食品ロスを減らした例を紹介。東京都足立区では「日本一おいし給食」をめざし、2008年度は食べ残しが381トンだったのが2015年度には151トンにまで減少した。曜日ごとにスペイン料理やインド料理など、いろいろな国の料理を出すなどの取り組みを行った。東京都は8割近くが自校方式となっているが、他府県ではセンター方式をとっているところが多い。大磯町もセンター方式にすることなどを検討してみてはどうかなどとスタジオでは話した。

refills リフィルズ

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.