[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「足立区(東京)」 に関するテレビ情報

2017年3月14日放送 19:00 - 20:54 フジテレビ
実録!金の事件簿こんな奴らは許さない! 実録!金の事件簿こんな奴らは許さない!

さいたま市の岩槻駅前。車から次々と降りてきた人を、緑色の作業着を着た男が誘導していた。その先には、岩槻区役所があった。誘導された人々は会議室へ。この日は、生活保護費の受給日だった。この会議室で、生活保護費が手渡されている。生活保護費を受給された人々は、柱のそばに立っていた男に生活保護費を手渡していた。封筒の名前と金額を読み上げながら、男はその後ろに立っていた別の男女に封筒を手渡していた。
集団が乗り込むと、バスは出発した。バスの後を追うと、東京・足立区にある「宗永寺」が運営する宿坊施設があった。宿坊施設を張り込むと、男性たちが列になり一人ずつ小さな建物の中へ。すると、男性たちは1000円札を持って出てきた。
施設にいたことがあるという男性によると、男性は突然男から「施設に入れば寝る所も食べるものもある」と声をかけられ、施設の入所契約書にサインしたという。しかし実際の暮らしは、3畳1間に布団とテレビがあるだけだった。収納もなく、冷暖房もなかった。施設では生活保護費13万円を全額預かり、その中から部屋代4万7700円、光熱費9000円、生活消耗品費6000円、管理費3000円、食事代3万円を天引き。残る3万4300円を、入居者に一日1000円ずつ返金していた。この問題に取り組む弁護士は、「弱みに付けこんで暴利を貪る貧困ビジネス」と話した。
施設を運営している宗教法人は、さいたま市内に5つの施設を建設し、373人を入居させている。宗教法人は、単純計算で年間4億2500万円を荒稼ぎしているとされる。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月29日放送 19:00 - 20:54 TBSマイネームSHOW日本人の名前の謎を解き明かす!
今ドキネームの女王「葵」は男の子の9位にもランクイン。男女で同じ名前がベスト10入りするのは初の出来事。世間のイメージでは女の名前が強い。キッズスペースの「オンパミード」で子どもの名前を調査、すると男女共に「葵」という名前がいた。葵の花は力強く伸びることから「逞しさ」という男子にぴったりな名前もある。専門家・牧野恭仁雄によると10年前から男の子にも女の子の名前を付ける方が増え始めた。

2017年5月29日放送 16:50 - 19:00 フジテレビみんなのニュース(ニュース)
各地でクマの出没が相次ぎ秋田県では女性(61)が死亡した。この女性含め旬の「根曲がり竹」採りが命取りとなっていた。また女性はクマよけの鈴を複数着けていたという。県は「クマ出没警報」を出している。根曲がり竹は東北の味として東京でも珍重されている。産地の秋田県では根曲がり竹を採ること自体が楽しみとなっているがクマにとっても大好物だ。去年生まれたクマが人を襲う可能性もあるため今後も十分な注意が必要だ。

2017年5月29日放送 13:55 - 15:50 日本テレビ情報ライブ ミヤネ屋(報道特集)
足立区にある激安店ABS卸売センター。東京さいたま千葉に8店舗年商15億円だという。集客力のナンバーワンは68円コーナーだという。3000アイテム揃っている。本店だけでも15万アイテムがある。わけあり商品をメーカーが持ち込むという。広告宣伝費ゼロだという。詰め放題は買い物袋を100円でかい、とにかく詰め込むべし。2788円分買えたという。セリも開催される日もありイベントは不定期開催、事前告知は一切ない。

2017年5月29日放送 10:25 - 11:30 日本テレビPON!今朝のゴシッPON!
先月の番組出演数は21本と大ブレーク中のANZEN漫才。天然キャラのみやぞんとぽっちゃりキャラのあらぽんのコンビ。みやぞんさんはこの週末、イッテQのロケのためアメリカに行っているという。スタッフは足立区にあるあらぽんさんの自宅を再び訪問。付き合って13年になる彼女と同棲中だという。きょうはネコが誕生日だというので、あらぽんさんが彼女のために料理を作っているところだった。ネコのシリウス君には高級キャットフードを用意していた。知り合ったきっかけは、花火大会で彼女が人間違いをしたことだという。大木さんが気になっているはずだというひょうたんは4つ葉になっており「大木さんの元に届けたいですね早く」などとあらぽんさんが話した。

2017年5月29日放送 5:50 - 8:00 日本テレビZIP!まず、1本。
「カール」販売終了が決定。今年8月の生産分が最後とのこと。9月以降は西日本限定で取り扱う。種類も「チーズ」「うすあじ」のみに縮小。1968年に誕生以来、長年愛されてきたカール。消費者も「まさか無くなるなんて」と驚いている。原因は競争激化による、売上の低迷。ピーク時は190億円も売り上げていたが、現在60億円へ。それでも明治の代表商品として、地域・種類を減らし残すことになった。終了決定後、ネットショップでは売上トップ3を独占。都内では買いだめも始まっている。番組が購入者へ話を聞いていると、なんとその取材中に売り切れていた。店側も仕入れに苦戦、常に発注をかけている状態とのこと。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.