[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「足立区(東京)」 に関するテレビ情報

2017年3月14日放送 19:00 - 20:54 フジテレビ
実録!金の事件簿こんな奴らは許さない! 実録!金の事件簿こんな奴らは許さない!

さいたま市の岩槻駅前。車から次々と降りてきた人を、緑色の作業着を着た男が誘導していた。その先には、岩槻区役所があった。誘導された人々は会議室へ。この日は、生活保護費の受給日だった。この会議室で、生活保護費が手渡されている。生活保護費を受給された人々は、柱のそばに立っていた男に生活保護費を手渡していた。封筒の名前と金額を読み上げながら、男はその後ろに立っていた別の男女に封筒を手渡していた。
集団が乗り込むと、バスは出発した。バスの後を追うと、東京・足立区にある「宗永寺」が運営する宿坊施設があった。宿坊施設を張り込むと、男性たちが列になり一人ずつ小さな建物の中へ。すると、男性たちは1000円札を持って出てきた。
施設にいたことがあるという男性によると、男性は突然男から「施設に入れば寝る所も食べるものもある」と声をかけられ、施設の入所契約書にサインしたという。しかし実際の暮らしは、3畳1間に布団とテレビがあるだけだった。収納もなく、冷暖房もなかった。施設では生活保護費13万円を全額預かり、その中から部屋代4万7700円、光熱費9000円、生活消耗品費6000円、管理費3000円、食事代3万円を天引き。残る3万4300円を、入居者に一日1000円ずつ返金していた。この問題に取り組む弁護士は、「弱みに付けこんで暴利を貪る貧困ビジネス」と話した。
施設を運営している宗教法人は、さいたま市内に5つの施設を建設し、373人を入居させている。宗教法人は、単純計算で年間4億2500万円を荒稼ぎしているとされる。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年7月24日放送 10:25 - 11:30 日本テレビPON!今朝のエンタメ情報
66万人が訪れた足立の花火大会に足立区出身のAIZEN漫才のあらぽんの大切な思い出のある花火大会です。1時間でおよそ1万2000発と密度の高い花火大会としられ歴史は100年以上で毎年およそ60万人以上の観客を楽しませる。足立区といえば?PON!が追い続けるANZEN漫才のあらぽんさん。あらぽんさんは13年前に人生を変えた出来事として彼女と一緒に行った花火大会後ほど伝えるとの事。この花火大会は場所取りが問題になった。2014年にスプレーで芝生に名前を書くなどで問題となった。その翌年には事前に場所を取っていた人達を押しのけて場所を横取りする人たちが問題となった。そして今年は午後1時すぎには場所取りが行われていた。そのなかでPON!はある人を発見。それは2年前にスッキリ!!に出ていた方。それは2年前に場所取りで割り込まれて困っていた男性。今年は平和で和やかな雰囲気で場所を取っているという。開始1時間前にはビニールシートが人で埋まりだし反対側の河川敷もスゴイ人だかり。そして19時半にスタート。そして足立の花火は今年から花火師が変わった。全国規模の花火大会で準優勝するなど高い実績を誇る北陸火工で地域の特産品にちなんだ花火が得意。足立区の木『桜』をイメージした花火を打ち上げた。女性が多い花火会社としても知られ、この桜も女性のセンスが生かされ色が鮮やか。そしてその足立の花火と縁が深いあらぽんさんは現在一緒に暮らしている彼女。そして13年前の足立区の花火大会で、あらぽんさんの友達が背中を叩かれたら知らない人で、そこで話したのが出会いのきっかけという。それは人違いから始まった。人混みの中、目と目が合ったとき恋の花火が打ち上がった。運命の花火大会から13年、彼女と支え合って頑張ってきたあらぽん。彼女のおかげで売れっ子になり今年の足立花火の当日はお仕事でフットサルのイベント出演。花火大会の思い出では、彼女がミニチュアダックスを飼っていて、一度花火を見せたいとの事で連れて行って、音がデカくて逃げちゃってそれを探して終わるっていうのがありました。足立の花火のフィナーレは4000発の花火。

2017年7月24日放送 8:00 - 10:25 日本テレビスッキリ!!(ニュース)
花火大会の中止が全国で相次いでいる。その大きな原因は資金不足。おととい東京・足立区で行われた花火大会では約1万2000発の花火があげられ、66万人が訪れた。しかし一方で、大正2年から開催されている宝塚観光花火大会は今年は中止。ほか神奈川新聞花火大会など、ここ数年で10か所の花火大会が開催中止になっている。専門家が言うには、ここ15年くらい花火大会は非常に人気がありどの会場も年々人は増えている。観客が増えると警備代もかかり予算が今まで以上に必要となり追い込まれているのが現状であるという。足立区の会場でも2015年には油性スプレーで場所取りをするなどのルール違反行為が問題となった。今年は警備を強化して大会3日前から24時間監視をしていた。ほか、有料席を1118席設けたがすべて完売した(1席5000円・ベンチ席9000円)。1万6000発の花火があがる今年48回目の仙台七夕花火祭(来月5日開催)も中止の危機に直面している。2週間前となっているがまだ数百万円足りない状況だという。仙台七夕花火祭の費用は5年前は警備費約1300万円、総額で約5200万円。去年は警備費約2400万円、総額が約7400万円だった。警備費と花火費がほとんど同じくらいかかっている状況。この花火大会の運営費はスポンサーからの資金が中心で約3000万円。行政から約750万円の補助金も出ているがまだ数百万円不足している。その一方で開催中止危機を乗り越えた自治体も。一体何が起きたのか。

2017年7月24日放送 8:00 - 9:55 TBSビビット(特集)
おととい、足立区で花火大会が開催された。花火を楽しむ一方で、違法行為やトラブルが相次いでいる。巨大花火大会に密着した。

2017年7月23日放送 17:00 - 17:25 日本テレビチカラウタチカラウタ
東京・足立区にある「おっ母さん食品館」にいる主婦にあなたのチカラウタを聞いた。大黒摩季の「ら・ら・ら」などがあがった。

2017年7月22日放送 21:54 - 22:00 日本テレビ輝きYELL!輝きYELL!
天然キャラで人気のみやぞんは、東京都足立区出身のコンビANZEN漫才を24歳で結成した。その当時は明石家さんま師匠に憧れ、東京出身なのに関西弁で突っ込んだりして天然キャラを生かせず売れずにいた。そんなときにアドバイスをくれたのが伊集院光。今の活躍のきっかけとなった伊集院光の言葉とは?

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.