[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「FBI」 に関するテレビ情報

2017年3月21日放送 6:30 - 7:00 NHK総合
NHKニュース おはよう日本 (ニュース)

FBIのコミー長官は米議会でロシアとトランプ陣営の連携があったかと捜査していることを明かした。米情報機関の報告書はトランプ氏の勝利を後押しするため、ロシア政府がサイバー攻撃を仕掛けた。トランプ氏の側近などが選挙期間中ロシア政府の関係者と接触していたことが明らかになっている。スパイサー報道官はこれを否定している。

URL: http://www.fbi.gov/

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月24日放送 23:00 - 23:58 テレビ東京ワールドビジネスサテライト(ニュース)
元CIA長官ブレナン氏が「さらに捜査必要」と発言し強まるロシア疑惑を追及した。モラー特別検察官も、解任したコミーFBI長官のメモについて説明を受けるなど捜査を開始した。トランプ大統領に対する追及の声は増している。

2017年5月24日放送 11:00 - 11:05 NHK総合ニュース・気象情報(ニュース・気象情報)
去年のアメリカ大統領選挙でロシアによる干渉があったとされる問題で、CIA中央情報局のトップを務めたブレナン前長官は23日、アメリカ議会下院の委員会が開いた公聴会で、ロシアの政府当局者とトランプ陣営の関係者との接触を裏付ける情報を手にしていたと証言した。

2017年5月24日放送 8:15 - 9:55 NHK総合あさイチ(ニュース)
去年大統領選挙でロシアによる干渉があったとされる問題ではFBIが既に捜査に着手しているほか、アメリカ司法省が特別検察官を任命している。こうした中23日下院の情報委員会が開いた公聴会で今年1月までCIAのトップを務めていたブレナン前長官はロシアの政府当局者とトランプ陣営の関係者接触を裏付ける情報を手にしていてさらに捜査を勧めるべきと判断するに足る情報があったと述べ捜査の正当性を強調した。さらにロシア側から干渉しようとしているとの情報があったことから去年8月ロシアの連邦保安庁長官に警告したところ、関与を否定されたことも明らかにした。ただブレナン前長官は実際に協力を得ることができたのかどうかについては既にCIAを退任したことを理由に”今も解明できない問題として残っている”と述べるに留まった。

2017年5月24日放送 7:00 - 7:45 NHK総合NHKニュース おはよう日本(ニュース)
米トランプ大統領とロシアとの関係をめぐる新たな疑惑。中東歴訪を終えたトランプ大統領は日本時間の今日午前1時半ごろ、ローマに到着した。移民政策などめぐり軋轢の生じたローマ法王と会談する。一方、米メディアはトランプ大統領とロシアとの新たな疑惑を報じた。ワシントン・ポスト電子版の記事では、トランプ大統領がことし3月、情報機関を統括するコーツ国家情報長官と、NSAのロジャーズ長官に対し、去年の大統領選挙で、ロシアと共謀示すような証拠はないと、公に疑惑を否定するよう求めていた、と報じた。当時はFBIのコミー長官が捜査を進めていることを議会の公聴会で公表した直後で、トランプ大統領にはこれに対抗する狙いがあったとしているが、コーツ長官とロジャーズ長官はいずれも拒否したとのこと。これについてホワイトハウスは「違法な情報漏えいに基づく主張には確認も否定もしない」とコメント。またコーツ長官も「立場上、公にコメントするのは適切でない」とコメントし、確認を避けた。トランプ大統領とロシアをめぐっては、ことし2月に、大統領がコミー氏に元側近への捜査をやめるよう求めていた疑惑も報じられていて、トランプ大統領による捜査機関や情報機関への圧力があったかについて感心が集まっている。

2017年5月23日放送 21:54 - 23:10 テレビ朝日報道ステーション(ニュース)
ロシア政府とトランプ陣営のつながりを捜査しているFBIに圧力をかけたとされるトランプ大統領。ワシントン・ポストはFBIの他に情報機関に対してもトランプ大統領が働きかけていたと伝えた。働きかけを受けたのはロジャーズNSA長官とコーツ国家情報長官で、トランプ大統領からロシアとつながる証拠がないことを発表するよう求められたという。情報機関の独立性にかかわるとして働きかけには応じなかった。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.