[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「FBI」 に関するテレビ情報

2017年3月21日放送 6:30 - 7:00 NHK総合
NHKニュース おはよう日本 (ニュース)

FBIのコミー長官は米議会でロシアとトランプ陣営の連携があったかと捜査していることを明かした。米情報機関の報告書はトランプ氏の勝利を後押しするため、ロシア政府がサイバー攻撃を仕掛けた。トランプ氏の側近などが選挙期間中ロシア政府の関係者と接触していたことが明らかになっている。スパイサー報道官はこれを否定している。

URL: http://www.fbi.gov/

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年7月28日放送 0:12 - 1:00 テレビ東京じっくり聞いタロウ 〜スター近況(秘)報告〜(今だから話せる…レジャンドの激ヤバ裏話SP)
村西とおるは伝説のAV監督として名を馳せ、「ナイスですね」という言葉は一世を風靡した。他にも脇毛AV女優の黒木香、AV業界に巨乳ブームを巻き起こした松坂季実子、AVクイーンの桜樹ルイなどを発掘。さらに絡みながらの撮影、駅弁といった演出方法は現在のAVにも受け継がれている。20代の頃、ホストをしていた村西は華道の先生と夜をともにし、女性に求められるままに「駅弁」、「弁当」などと言い、分けの分からぬまま消耗し横臥した。その後、村西は女性の話しぶりから亡くなった夫とのセックスを再現していたと気づいたという。AV業界に身をおいた村西は他に類のないことをしたいと、駅弁という演出方法を実践したところ、好評を博した。
1988年に「ダイヤモンド映像」を設立した村西はオーナー兼監督として作品を発表し、絶頂期には年商約100億円を記録。オーナーとあって巨額資金はほぼ使い放題で、多大な儲けを出してくれる松坂季実子といったAV女優に報いようと、1回の買い物に数千万を費やしたことも。一番高い買い物はヘリポート付きのクルーザーで、20億円。だが、バブル崩壊とともにAV業界も不況のあおりを受け、かねてより投資していたアダルト専門の衛星放送事業でも失敗。92年にダイヤモンド映像は倒産し、50億円の借金を抱えた。闇金から約20億円を借りていたが、2年で返済。その間に制作したAVは1500本で、村西自身も男優として出演。2日で50人の女優を相手にしたことあったという。
1日12時間も男優をやっていたことがあり、撮影後に血尿が出たという村西には前歴があり、アメリカでは飛行するセスナ機でAVを撮影するなどしてFBI合同捜査チームに逮捕された。検察から懲役370年を言い渡されたが、5000千万で雇った弁護士が司法取引に持ち込み、約2800万円の罰金を支払って帰国した。勾留中の費用なども含め、総額1億円以上を費消したという。そんな村西は御年68の今も精力的にAVを撮影しているという。

2017年7月23日放送 18:05 - 18:42 NHK総合これでわかった!世界のいまこれでわかった!世界のいま
ロシア疑惑について。サイバー攻撃をした疑惑。FBIに圧力をかけた司法妨害もある。捜査が進んでいて、イバンカさんの旦那のクシュナー氏も証言が求められている。トランプ政権の支持率は致命的なものになる。弾劾すべきという世論調査が4割になっている。これらの問題が解決できれば、支持率も上昇すると言う。

2017年7月20日放送 21:00 - 22:00 NHK総合ニュースウオッチ9(ニュース)
トランプ政権発足から半年が経過したことについて解説。就任後TPPの離脱表明からはじまり、100日前後にはシリアを空爆、そしてFBI長官を解任するなどした。トランプ大統領の支持率はそこまで下がっておらず、一定の人たちが支持している現状がある。

2017年7月20日放送 10:25 - 12:00 テレビ朝日ワイド!スクランブル(ニュース)
オバマケアの見直しを巡り、与党・共和党議員数人の造反で成立が絶望的となったトランプ大統領。現在の支持率は36%。トランプ大統領は選挙で公約を掲げていた重要政策で成果を出せないまま今日で就任半年を迎える。自信に満ちあふれていたトランプ大統領。しかし世紀の番狂わせと例えられたトランプ大統領。就任直後の支持率は50%を下回った。歴代最低の支持率での船出となったトランプ政権には様々な荒波が待ち受けていた。トランプ政権いばらの半年を振り返る。
CNNに見立てた男をなぎ倒すトランプ大統領。今月2日にTwitterに投稿した動画。さらに事態はエスカレート。またもCNNを標的にした動画を息子が投稿。世論を左右するメディアとの対立は深刻化している。そして、外交政策を巡っては度重なる北朝鮮の挑発に軍事力をちらつかせ、圧力を強めた。原子力空母「カール・ビンソン」「ロナルド・レーガン」を朝鮮半島近海に派遣するなど異例の事態に。しかし、アメリカ本土も狙えると主張するICBMを発射。これに対し、トランプ大統領はTwitterで「この男は人生でほかにすることがないのか」と発信。さらに批判の的はトランプ大統領にとどまらなかった。G20で各国首脳が座る会議にトランプ大統領の長女・イバンカ氏の姿が。隣は中国の習近平国家主席、イギリスのメイ首相。これには公私混同だと批判もあがった。トランプ大統領はTwitterで「日本などとの首脳会談のため会場を離れる際にイバンカに頼んだ。ごく当たり前のことだ」と綴っている。そして5月の初外遊では妻のメラニア夫人に手を繋いでもらえないトランプ大統領。そんな光景が2度もカメラに捉えられた。インターネット上では夫婦仲の危機と大きな話題をよんだ。さらに長男のジュニア氏は大統領選挙期間中、ロシア当局とつながりがあるとされるロシア人の女性弁護士と面会し、民主党のヒラリー氏に不利となる情報を得ていたとの疑惑が。このロシアとのつながりこそがトランプ大統領が窮地に立たされている大きな原因。大統領選でトランプ陣営とロシアとの不適切な関係をめぐる疑惑を捜査してきたFBIのコミー長官をトランプ大統領が突然解任。その後、コミー氏は公聴会で証言を行った。トランプ陣営とロシアとの不適切な関係が明らかになる弾劾への大きなうねりに発展しかねない。発足から半年立った通信簿は?今度どのような舵取りを迫られるのか。

2017年7月19日放送 4:55 - 6:00 テレビ朝日グッド!モーニング朝刊まとめ
FBIがネットに繋がるおもちゃから個人情報が流出する恐れがあるとして注意を呼びかけた。これらのおもちゃは「あなたの名前は?」「好きな映画は?」など話しかけて簡単な会話が楽しめるようになっているが、会話の内容が収集され適した返答が人形に送られる仕組みが問題視されている。(東京新聞)

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.