[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「週刊新潮」 に関するテレビ情報

2017年4月21日放送 15:50 - 19:00 TBS
Nスタ トクする!3コマニュース

中川俊直議員が自民党を離党することが決まった。今回の不祥事は今月18日にFacebookで経済産業政務官の辞任を公表。その翌日の週刊誌では中川氏と妻ではないウェディングドレスを着た女性の写真が掲載。「重婚疑惑」「ストーカー疑惑」など報じるも中川氏はきのうFacebookで疑惑を否定。きょう代理人を通じて自民党執行部に離党届を提出。中川氏は祖父・父も政治家で、父は元官房長官の中川秀直氏。趣味は走ることと富士登山。元々はテレビ東京政治部記者だったが衆院議員秘書を経て12年12月に広島4区から初当選。現在は2回生。ただこの2回生は不祥事が多く、中川郁子議員と門博文議員は不倫・路上キス報道、大西英男議員は報道圧力発言や女性軽視発言などの不祥事がみられた。
不祥事のけじめについて、未公開株の購入を持ち掛け金銭トラブルで週刊誌に掲載の武藤貴也議員は週刊誌発売当日に自民党を離党。一週間後の会見では辞職につながる法的な問題はない。現時点で議員辞職は考えていないとしており、武藤氏は現在も無所属の衆院議員。宮崎謙介議員は妻の出産6日前に不倫し週刊誌に掲載。週刊誌発売3日後の会見では「妻からけじめをつけてこいと言われた。不適切な行為によりご迷惑をおかけしてお詫び申し上げます」など述べ、一週間後に議員辞職。その後の補選では自民党候補者がたてず民進党候補の圧勝に。務台俊介議員は台風被害の被災地を視察も長靴を持参せずおんぶされるということがあった。9日後の取材で大変申し訳なく猛省しているとしていたが、今年3月の政治資金パーティーで務台議員はたぶん長靴業界はもうかったんじゃないのと発言。パーティー翌日に政務官の辞表を提出。2回生の不祥事の多さについて岸井成格は「ここの所大臣のスキャンダル・暴言が相次いでいる。安倍一強と言われる自民党のもとでみんな驕りと緩みたるみが起きている」など述べた。また、問題発言・不祥事が辞任に繋がらなかった議員について紹介。今村復興相は自主避難者について自己責任と発言し3日後に発言を撤回し謝罪。山本地方創生担当相は講演で一番のがんは学芸員などと発言し、翌日に発言撤回し謝罪した。さらに山本大臣はきょう同じ講演内で大英博物館も学芸員をクビにしたとの発言を記憶違いとして訂正。

URL: http://www.shinchosha.co.jp/shukanshincho/

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年8月18日放送 13:55 - 15:50 日本テレビ情報ライブ ミヤネ屋(特集)
先月26日、週刊新潮が今井絵理子議員と橋本健市議の新幹線手つなぎ写真を掲載した。報道陣が今井議員に直撃して「コメントを近々出す予定は?」と聞くと、今井議員は「もちろん。」と一言言ってその場を立ち去った。そして、27日に自民党本部で「心から深く反省しています。」とコメントしたが、詳細は語らなかった。そして、夕方に書面で詳細を発表し「一線は越えていない。」と不倫を否定した。一方、橋本市議は神戸市で記者会見を行い「婚姻関係は4~5年前から破綻している状態なので、不貞行為があっても該当しない。」等と不倫を否定した。しかい、現在まで記者会見での対応はない。芸能リポーターの駒井千佳子さんは「一線は越えていないという言葉がその後広がった。橋本市議は奥様に対するコメントを出さなかった。」等とコメントした。哲学者の萱野教授は「政治家なので説明責任が問われると思う。」等とコメントした。駒井さんは「今井議員の対応は芸能人っぽさが残っているように見える。」等とコメントした。山田美保子さんは「カメラに囲まれて嬉しそうだった。」等とコメントした。謝罪のプロである増沢隆太さんは、今井議員と橋本議員の記者会見を100点満点で5点と評した。理由として、自己正当化し2人共説得力のない発言が続いたこと等を挙げている。増沢さんは「政治家としての危機管理能力に疑問がある。」等とコメントした。(週刊新潮)

2017年8月18日放送 8:00 - 9:55 TBSビビットワイドショーニュース
昨日神戸市で橋本健神戸市議にお盆中今井絵理子議員に会ったか取材をした。会ってないという。上西小百合議員は知っている議員あげると安倍首相の次に自分がくるという。夏を騒がせたオンナたちを取材した。今井絵理子参院議員と橋本健市議のお盆は、橋本市議の答えは?

2017年8月17日放送 13:45 - 15:50 フジテレビ直撃LIVE グッディ!(SP企画 女性100人“納得いかない”不倫釈明会見)
第2位、中川俊直議員。妻の闘病中での不倫疑惑。今年4月に週刊新潮が掲載したのは、中川議員が愛人女性の後ろで全裸で仁王立ちするという衝撃の写真。中川議員は報道から3か月後に釈明会見。世の女性達の逆鱗に触れたのは議員が愛人女性とハワイで撮影したというウェディング写真にまつわる発言。さらに中川議員の会見で最も許せなかったポイントは、反省して切ったという”丸刈り”。これについては街頭インタビューでは「切り方が中途半端」という意見が多かった。

2017年8月16日放送 11:55 - 13:45 フジテレビバイキング(ニュース)
週刊新潮で不倫疑惑が報じられた今井絵理子参院議員、橋本健神戸市議。2人は一線は超えていないと口をそろえていたが、曖昧な釈明に抗議が殺到していた。橋本市議は改めての会見を考えていると答えたものの音沙汰はない。橋本市議の事務所に直撃取材を敢行するも、事務所は閉まっており誰もいない様子だった。地元・神戸の人は会見について、納得はできないだろう、奥さんが可哀想だし子供もかわいそう、などとの声が聞けた。多かったのは「言い訳がましい」「謝罪する潔さがあったらいいのに」などとの意見。この後スキャンダル後の対応と釈明について徹底討論。

2017年8月16日放送 8:00 - 9:50 フジテレビ情報プレゼンター とくダネ!(トップニュース)
豊田真由子議員の政策秘書に、青森・板柳町の現職町議である松森俊逸氏が就任。議員は週刊新潮で元秘書への暴言がなどが報道されてから自民党を離党し、姿を見せていない。きのう町議は政策秘書就任について町議会に説明を行ったが、別の町議からは疑問や批判の声が聞かれた。松森俊逸氏の妻が豊田真由子議員の第1秘書を務めており、就任については妻から助けを求められたと説明している。松森俊逸氏は先週水曜に会見を開き、議員が指名すれば政策秘書となれる、兼務は法的に問題ないと述べた。
豊田真由子議員の政策秘書となった松森俊逸氏については、議員に一度も会っていないのに秘書を務められるのかとの指摘がある。政策秘書就任には議員本人の承認が必要だが、任命については親族を通じて手続きを行ったと説明している。議員の事務所のある埼玉県と青森県は直線距離で540キロ離れており、両立は不可能との指摘もある。
松森俊逸氏から板柳町議会への説明は、きのう行われた町議全員出席による全体協議会で行われた。開会前に記者が取材すると、豊田真由子議員とはまだ会っていないと答えたが、自身のプライベートについてジョークを交えながら語り出すなど楽観的に見える素振りも見せた。全体協議会は非公開で行われ、同席した議員は松森俊逸氏が一方的にアピールしていた、町議に国会議員の経験者は誰もいないと強調していたと述べた。議長の葛西清人氏は閉会後、来月にも議員辞職勧告を出す考えでいる、町議として必要な人物とは思っていないと答えた。豊田真由子議員の暴言とされる音声を再度紹介した。

refills リフィルズ

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.