[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「週刊新潮」 に関するテレビ情報

2017年8月13日放送 10:00 - 11:15 フジテレビ
ワイドナショー 松本人志と有名人が斬るニュース

スタジオで宮迫博之の不倫疑惑報道についてトーク。金曜日、生放送のバイキングにて宮迫はコメントを出しており、涙目で妻に対する謝罪や感謝を述べた。宮迫は下心はあったが断られたので一線は越えていないと発言。しかしながらホテルで10時間も密会していたのは事実。後輩にあたる銀シャリ橋本は今回初登場となるが、コメントを求められ、“この回こそ家で見ていたかった”と話した。また、バイキングの生放送前日に大阪の居酒屋で飲んでいたが、横に座っていたサラリーマンがバイキングを楽しみにしている様子だったと明かした。さらに、天満駅で後輩を待っていたときには、白いワンピースを来たマダムが「今流行りのオフホワイト」と言ってウケていたとし、大阪ではネタ的に楽しんでいる様子とした。
堀潤は、5kmのランニングをしようとジムのトレーニングマシンでバイキングを見ていたが、宮迫が謝罪を終えてCMに入った瞬間、5kmぴったりだったと話した。番組と並行してツイッターを見ながら世間の反応を見ていたが、前半は宮迫より追及する側の仲間たちが甘すぎるとの意見が多かったが、宮迫が奥さんについて涙ながらに声を詰まらせたあたりから、ネットでは「奥さんさすが」という反応に変わっていったと話した。小島瑠璃子は、そもそも不倫は家庭内の話としながら、宮迫の奥さんが「がんが再発したり子供が交通事故に遭ったとかそんなことと比べたら屁みたいなもの」と発言したとの話を受け、それを言われたら外はぐうの音も出ないとコメントした。
バイキングもミヤネ屋も見ていたとした松本人志は、周囲がわりと優しく包んでいる感じはよくも悪くもあったとコメント。また、宮迫のことは1番よく知っているとし、「一線は越えてない」などと否定したことや、奥さんとの話などはすべて嘘だと憶測を話した。さらに、先週の続きのようになってしまうが、不倫が良いか悪いかは置いておいて、自分たちは女性にモテたくて面白いことを言おうとトークを鍛えることをやってきたとし、自身の芸を動物でいうところの求愛ダンスに例え、ダンスがうまくいってメスをおびき寄せることに成功した今、世の中はそのダンスはどんどん磨けと言うが、メスが寄ってきても交尾はするなという、この矛盾にどう立ち向かっていけば…何を原動力にすればと話した。この答えとして小島が「結婚しなければいい」とすると、「僕が結婚するときはこんなに求愛ダンスしたらアカンて言われてなかった」と、筋トレもモテるために始めたと明かした。これに対し周囲から、噂では筋トレは子どもができて守るものができたからという話だったと驚きの声があがった。松本は、原動力がなくなるとこの先のエンターテインメントが心配と話した。
現役女子高生の矢崎希菜は宮迫の不倫に対し「文春の取材で“オフホワイト”と答え、バイキングで下心があったと言っていたのでクロ」とバッサリ切った。また、父親が母親と別の女性と一泊していたら?どうするかと聞かれ、「ドン引き」とやはりバッサリ不倫を否定。宮迫は複数の女性との不倫が報じられていることについて、松本から女性同士がお互いの存在を知っていたのかと疑問があがり、雑誌で初めて知ったのなら、もう構わないと違う方向にいく可能性もあると指摘。1人は芸能活動をしている女性であることからどうコメントするのかなどと話した。松本は宮迫には他にも女性が複数いると憶測で話し、宮迫が週刊誌から直撃取材を受けていたちょうどその頃、自分は都内の和食レストランで奥さんとディナーをしていたなどと愛妻家アピールをした。

URL: http://www.shinchosha.co.jp/shukanshincho/

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年8月18日放送 13:55 - 15:50 日本テレビ情報ライブ ミヤネ屋(特集)
先月26日、週刊新潮が今井絵理子議員と橋本健市議の新幹線手つなぎ写真を掲載した。報道陣が今井議員に直撃して「コメントを近々出す予定は?」と聞くと、今井議員は「もちろん。」と一言言ってその場を立ち去った。そして、27日に自民党本部で「心から深く反省しています。」とコメントしたが、詳細は語らなかった。そして、夕方に書面で詳細を発表し「一線は越えていない。」と不倫を否定した。一方、橋本市議は神戸市で記者会見を行い「婚姻関係は4~5年前から破綻している状態なので、不貞行為があっても該当しない。」等と不倫を否定した。しかい、現在まで記者会見での対応はない。芸能リポーターの駒井千佳子さんは「一線は越えていないという言葉がその後広がった。橋本市議は奥様に対するコメントを出さなかった。」等とコメントした。哲学者の萱野教授は「政治家なので説明責任が問われると思う。」等とコメントした。駒井さんは「今井議員の対応は芸能人っぽさが残っているように見える。」等とコメントした。山田美保子さんは「カメラに囲まれて嬉しそうだった。」等とコメントした。謝罪のプロである増沢隆太さんは、今井議員と橋本議員の記者会見を100点満点で5点と評した。理由として、自己正当化し2人共説得力のない発言が続いたこと等を挙げている。増沢さんは「政治家としての危機管理能力に疑問がある。」等とコメントした。(週刊新潮)

2017年8月18日放送 8:00 - 9:55 TBSビビットワイドショーニュース
昨日神戸市で橋本健神戸市議にお盆中今井絵理子議員に会ったか取材をした。会ってないという。上西小百合議員は知っている議員あげると安倍首相の次に自分がくるという。夏を騒がせたオンナたちを取材した。今井絵理子参院議員と橋本健市議のお盆は、橋本市議の答えは?

2017年8月17日放送 13:45 - 15:50 フジテレビ直撃LIVE グッディ!(SP企画 女性100人“納得いかない”不倫釈明会見)
第2位、中川俊直議員。妻の闘病中での不倫疑惑。今年4月に週刊新潮が掲載したのは、中川議員が愛人女性の後ろで全裸で仁王立ちするという衝撃の写真。中川議員は報道から3か月後に釈明会見。世の女性達の逆鱗に触れたのは議員が愛人女性とハワイで撮影したというウェディング写真にまつわる発言。さらに中川議員の会見で最も許せなかったポイントは、反省して切ったという”丸刈り”。これについては街頭インタビューでは「切り方が中途半端」という意見が多かった。

2017年8月16日放送 11:55 - 13:45 フジテレビバイキング(ニュース)
週刊新潮で不倫疑惑が報じられた今井絵理子参院議員、橋本健神戸市議。2人は一線は超えていないと口をそろえていたが、曖昧な釈明に抗議が殺到していた。橋本市議は改めての会見を考えていると答えたものの音沙汰はない。橋本市議の事務所に直撃取材を敢行するも、事務所は閉まっており誰もいない様子だった。地元・神戸の人は会見について、納得はできないだろう、奥さんが可哀想だし子供もかわいそう、などとの声が聞けた。多かったのは「言い訳がましい」「謝罪する潔さがあったらいいのに」などとの意見。この後スキャンダル後の対応と釈明について徹底討論。

2017年8月16日放送 8:00 - 9:50 フジテレビ情報プレゼンター とくダネ!(トップニュース)
豊田真由子議員の政策秘書に、青森・板柳町の現職町議である松森俊逸氏が就任。議員は週刊新潮で元秘書への暴言がなどが報道されてから自民党を離党し、姿を見せていない。きのう町議は政策秘書就任について町議会に説明を行ったが、別の町議からは疑問や批判の声が聞かれた。松森俊逸氏の妻が豊田真由子議員の第1秘書を務めており、就任については妻から助けを求められたと説明している。松森俊逸氏は先週水曜に会見を開き、議員が指名すれば政策秘書となれる、兼務は法的に問題ないと述べた。
豊田真由子議員の政策秘書となった松森俊逸氏については、議員に一度も会っていないのに秘書を務められるのかとの指摘がある。政策秘書就任には議員本人の承認が必要だが、任命については親族を通じて手続きを行ったと説明している。議員の事務所のある埼玉県と青森県は直線距離で540キロ離れており、両立は不可能との指摘もある。
松森俊逸氏から板柳町議会への説明は、きのう行われた町議全員出席による全体協議会で行われた。開会前に記者が取材すると、豊田真由子議員とはまだ会っていないと答えたが、自身のプライベートについてジョークを交えながら語り出すなど楽観的に見える素振りも見せた。全体協議会は非公開で行われ、同席した議員は松森俊逸氏が一方的にアピールしていた、町議に国会議員の経験者は誰もいないと強調していたと述べた。議長の葛西清人氏は閉会後、来月にも議員辞職勧告を出す考えでいる、町議として必要な人物とは思っていないと答えた。豊田真由子議員の暴言とされる音声を再度紹介した。

refills リフィルズ

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.