[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「那覇市(沖縄)」 に関するテレビ情報

2017年1月12日放送 0:43 - 1:18 TBS
上田晋也のニッポンの過去問 荒れる成人式

TBSのニュースライブラリで「成人式」での事件を検索すると、最も古いものは1996年、神奈川・茅ヶ崎市の成人式会場で、新成人同士のトラブルが原因で殺人事件が発生し、逮捕者が出たというものだった。同じ年、宇都宮市では成人式の記念撮影の際、新成人の男性がカメラマン助手に注意されたのに腹を立て、殴るなどしてケガを負わせたという事件があった。どちらも成人式の事件ではあったが、「荒れる」という表現はされなかった。その後、「荒れる成人式」が毎年、取り沙汰されるようになる事件が起こる。2001年、高知市の成人式で当時の橋本大二郎県知事が、騒ぐ新成人を一喝。後日、新成人が謝罪する騒動になった。同じ年、高松市では新成人が市長に向けてクラッカーを鳴らして逮捕されるという事件も発生した。共通するのは、攻撃対象が新成人を祝う側の人ということだ。その後も2002年には那覇市で新成人が警察と衝突し、7人が逮捕。2003年、埼玉・新座市では警察官に職務質問された新成人が違法駐車していた車を急発進させて逮捕された。2004年、静岡・伊東市では祝辞を述べる関係者を無視して壇上に上がった新成人が、垂れ幕を引きずり下ろして成人式を妨害し、刑事告訴される事態となった。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年3月27日放送 4:55 - 8:00 テレビ朝日グッド!モーニング依田司のお天気検定
東京・文京区のホテル椿山荘東京から中継。現在の沖縄県那覇市の様子、全国の天気予報を伝えた。関東から西日本にかけ軒並み8m以上の北寄りの風が予想されている。

2017年3月25日放送 5:00 - 5:15 NHK総合ニュース・気象情報(ニュース)
きょう午前1時43分ごろ、沖縄県の那覇市や宜野湾市などで震度3の揺れを観測する地震があった。この他、沖縄県と鹿児島県の奄美地方の各地で震度1や2の揺れを観測した。気象庁の観測によると震源地は沖縄本島近海で、震源の深さは90km、地震の規模を示すマグニチュードは5.1と推定されている。この地震による津波は発生していない。

2017年3月19日放送 23:25 - 23:55 日本テレビダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!(50代芸人大集合 あっちむいてホイホイホイ~)
ダチョウ倶楽部の肥後克広のプロフィールを紹介。当時の写真を振り返り、南部虎弾がいた時代の話を振り返った。また田中から芸歴を紹介した。遠藤からヒロミへトリオだから意識したことはと聞かれたが、南部虎弾を含めて4人だったからと語り、南部虎弾の強烈エピソードを語った。恵俊彰はダチョウ倶楽部とバナナパワーに出演していたエピソードを語った。松本は、エピソードが終わると今回の番組内容がAVみたいと語った。
ヒロミのプロフィールを紹介。当時の3人組の写真などを振り返った。田中から経歴が紹介された。その時に堺正章に干されたという噂について語った。肥後克広・恵俊彰は当時のエピソードを語り、オシャレだったと振り返り、前説もうまかったなど語った。またダウンタウンとの関係について触れると、ヒロミは松本が心を閉ざし、開けたのはここ1.2年でしょ?と語った。
恵俊彰のプロフィールを紹介。当時の写真、芸歴などを紹介した。その後、恵俊彰のエピソードなどを紹介。ヒロミは関口宏の後は恵しかいないと語ると、松本がTBSの株を持っているのと語った。さらに現在と当時のイメージの違いを語った。

2017年3月17日放送 3:20 - 4:00 TBSTBSニュースバード(ニュース)
元女優の女が、石垣市の自宅で大麻を所持していたとして大麻取締法違反の罪に問われている裁判。被告が、大麻を男2人と共同で管理していたかが争点となっている。裁判で、検察側は大3人が共同で管理していたなどとして、懲役1年を求刑した。一方、被告側は医療目的で大麻を使用したことに触れながらも、「保管場所は知らなかった」と無罪を主張した。被告は「多大な迷惑をおかけし申し訳ありません」と謝罪した上で、「大麻で世界の人々の命が救われている」と、医療用大麻の解禁を訴えた。判決は来月27日に言い渡される。

2017年3月14日放送 19:00 - 21:48 テレビ朝日世界の村で発見!こんなところに日本人世界最貧国と世界最南端に住む日本人 マラウイ アルゼンチン
千原せいじがマラウイ・ゾンバで日本人探し。日本出発から77時間半で日本人女性の自宅に到着、比嘉陽子と対面した。比嘉さんは4LDKに自宅に一人暮らし、料理教室を開いているという。沖縄・那覇市生まれの比嘉さんは中学の時に世界の貧困問題を解決したいと考えイギリスの大学院に進学、2015年にJICA青年海外協力隊でマラウイ・ゾンバへやってきた。ゾンバの役場内で生活向上の支援に取り組んでいる。その一環が料理教室。
比嘉さんはマラウイは食料配給でもらうことに慣れていると問題点を語った。援助が入らない村でも便利なかまどを導入しない家もあり、意識を変えるのが大変だという。さらに無計画な援助も問題。比嘉さんは無計画な援助を有益な事業に変えることも考えている。その一歩としてベーカリーを開業、彼女は日本でアフリカ関係のビジネスをやろうと思っていると話した。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.