[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「野田佳彦」 に関するテレビ情報

2017年5月16日放送 19:54 - 21:48 テレビ朝日
たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学 健康寿命をのばす最新!2つの老化ストップ法

歴代総理大臣20名の写真を見て何名の名前を思い出せるかチェックしたところ、体内ビタミンD量が多い人ほど多く答えられた。足腰の筋力検査2ステップテストでも同様にビタミンDの量を比例していた。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月23日放送 10:25 - 13:55 TBSひるおび!(ニュース)
先週月曜の受動喫煙対策を話し合う自民党の厚生労働部会で三原じゅん子参院議員が「がん患者は仕事場を選べない。のぞまない受動喫煙もある」などと発言したことに対して、大西衆院議員は「働かなければいい」とヤジを飛ばした。大西議員の発言はこれまでも度々問題になっていた。失言が繰り返される背景について、伊藤さんは「2回生が多い。自民党が苦労した時代を知らない」と述べた。

2017年5月23日放送 8:00 - 9:55 TBSビビットワイドショーニュース
「がん患者は働かなければいい」と発言した大西英男衆院議員。江戸川区議、東京都議を経て、2012年国会議員となった。初登院の際は、自宅から自転車で登院した。親しみやすい庶民派をアピールする大西議員。地元有権者は「ちょっと恥ずかしい」、「やめてもらいたい」などとコメント。野党などからは「議員の資格なしというより人間失格」、「受動喫煙対策にストップをかけてきたのは自民党都連。都連らしい」と批判した。自民党内からは夏の都議選への悪影響を懸念する声も上がっている。政治評論家の有馬晴海氏は「発言の内容そのものが国会議員としては失格ではないかと思う」などと見解を述べた。

2017年5月23日放送 5:25 - 8:00 フジテレビめざましテレビNEWS
テロ等準備罪を設ける法案について与党は、きょう衆院本会議を開き、法案を可決させ参院に送る方針を固めた。衆議院運営委員会の理事会で自民党佐藤委員長が職権で本会議開催を決定した。一方、野党4党は法案を委員会に差し戻すよう求める構えである。

2017年5月23日放送 5:25 - 8:00 TBSあさチャン!けさの関心事
先週行われた受動喫煙対策を話し合う自民党厚労部会でのやりとりで、受動喫煙対策の厳格化を訴える三原じゅん子議員のブログには「残念ながら余りにも心無い野次に私は心底怒りで震えた」書かれていた。ヤジはがん患者の就労支援を話し合っていた際に飛んできた。がん患者について「働かなくてもいいのでは」という発言。このヤジを飛ばしたのが大西議員とされている。過去、子宮頸がんを患った経験がある三原議員。ブログには「猛省を促したい」という文字もあった。大西議員は過去にも度々その発言が問題視されてきた。3年前、”セクハラヤジ”ともとれる発言が波紋を呼んだ。一昨年には”マスコミに圧力”をかけるかのような発言。さらに、去年、職業蔑視ともとれる発言で謝罪した。そして、今回で4度目。がん患者を傷つける問題発言。がん患者団体や野党からも「人間として許される発言じゃない」などと厳しい批判があった。相次ぐ批判を受け、急きょ会見を開くことになった大西議員。メモを読み頭を下げた大西議員。受動喫煙対策に関し、小規模飲食店に対し、限定的に喫煙を認めるよう主張しており、がん患者は働かなくてもいいという趣旨ではなかったと強調し、発言の謝罪はしたものの、撤回はしなかった。会見を約10分で打ち切った大西議員。自民党執行部からは夏の都議会議員選挙への悪影響を懸念する声も上がっている。がんは2人に1人がかかる国民病といわれ、がん治療を受けながら働いている人は全国で約32万5000人いる。出演者は「家族を養いながらがんと戦っている人もいる。がん対策基本法の理念に反する発言」などとコメントした。

2017年5月23日放送 4:55 - 8:00 テレビ朝日グッド!モーニング7時のニュースまとめ
「がん患者は働かなくていい」などヤジを飛ばした大西英男議員が昨日謝罪した。しかし問題発言は、「がん患者は喫煙可能な店で無理に働かなければいいのでは。」と釈明して発言は撤回しないとした。問題発言は先週の受動喫煙対策の会議でがんを患ったことのある三原じゅん子議員が「働くがん患者には受動喫煙は苦痛。」と訴えていたところでの発言だった。がん患者の支援団体は「働く環境を選べない人もいる」とコメントをだした。与党内からも「また同じことをやる」と批判が相次いでいる。野田佳彦幹事長は「議員失格というより人間失格。」と批判。小池晃書記局長は「救いようがない。」と批判した。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.