[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「金田大臣」 に関するテレビ情報

2017年4月21日放送 16:50 - 19:00 テレビ朝日
スーパーJチャンネル (ニュース)

金田大臣の代わりに局長が答弁し民進党の議員が猛反発した。テロ等準備罪で答弁が危うい金田大臣に代わり、与党がこの問題の政府参考人として林刑事局長の出席を議決した。これまでに民進党階猛議員は「捜査は実行準備行為の後でないと出来ないというのが、実行準備行為がテロ等準備罪の構成要件要素であることの帰結だと思う」と主張、これに対し金田法務大臣は「実行準備行為が行われておらずテロ等準備罪が成立していない段階においては罪を犯したとは言えない。テロ等準備罪を理由に逮捕や捜索差し押さえといった強制捜査はできない」と答弁。階猛議員は「質問に答えてください。強制捜査だけでなく、捜査全般について聞いている」と繰り返し質問。この質問に、金田法務大臣の代わりに林刑事局長が代わりに答弁しようとしたところ階猛議員は「あなたは関係ない」と大声で怒鳴り、答弁しようとする林刑事局長の机を叩いて抗議。委員長が「私が指名しました」と説明するも、階猛議員は抗議し続けた。局長は抗議の中「嫌疑がなければその捜査が行われることはありません」と答弁した。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年4月26日放送 13:55 - 15:50 TBSゴゴスマ〜GOGO!Smile!〜(ニュース)
“安倍1強”政権にゆるみ官僚らに相次ぐ問題言動について。2月・金田勝年法相が質問に答えられず審議が中断する場面が目立つ。3月・務台俊介氏、批判を浴びた去年9月の岩手・台風被害視察の自らの行動に関して「長靴業界はだいぶもうかったんじゃないかな」と発言し辞任。石塚元章氏は「政治家はこれってウケるだろうなとしゃべって全然おもしろくない。」とコメント。きのう今村雅弘前復興相は東日本大震災の被害について「東北でよかった」と発言。稲田朋美防衛相は森友学園の訴訟関与を国会で全面否定、翌日に出廷記録資料が見つかり、訂正し謝罪など。そんな中、自民党執行部がGW外遊禁止令を出した。二階幹事長は比例復活議員においては海外出張を控え、選挙地盤醸成に務めることとした。外遊について東国原英夫氏は「観光旅行だから。視察・意見交換はするけど。いったら息抜き」と話した。共同通信の世論調査では閣僚の不祥事が続いたことについて緩みが出ていると思うが73.2%。

2017年4月26日放送 10:25 - 12:00 テレビ朝日ワイド!スクランブル(ニュース)
今村大臣の経歴をまとめた。1947年1月佐賀県出身で東京大学法学部卒後は国鉄に入社。衆議院を7期まで務めている。そして去年8月から復興大臣に就任。今月4日の記者会見では福島第一原発事故の自主避難者について記者から質問され「本人の責任」と発言し後に謝罪。伊藤惇夫は「記者会見は記者に向かってしゃべってるんじゃなく国民へ向けてしゃべっている。それを自覚してない段階で大臣の資質としていかがなものか」など述べた。ここのところ安倍内閣メンバーの批判を受ける場面が多く見られる。主なメンバーは今年2月に組織犯罪処罰法改善案は国会提出後に議論すべきと発言した金田勝年法務大臣や「1番のがんは文化学芸員」などと発言の山本幸三地方創生担当大臣、重婚ウェディングやストーカー疑惑で報道の中川俊直前経済産業政務官など。

2017年4月26日放送 8:00 - 9:50 フジテレビ情報プレゼンター とくダネ!(トップニュース)
今村復興相が自民党二階派のパーティの講演で、東日本大震災の被害を説明し始めた時に「東北の方だったからよかった」と発言した。午後6時ごろ講演後取材を受けると渋々発言を撤回した。しかし、メモみたいなものを見せられた途端、謝罪の言葉を口にした。午後6時40分頃、パーティーでの挨拶に登場した安倍首相は大臣の発言を謝罪した。午後7時20分頃、再び取材に応じた今村復興相は何度も深々と頭を下げた。
今村復興相の「大震災が東北でよかった」という失言は被災地からやりきれない怒りの声が上がった。
今村復興相は佐賀県出身の70歳。当選7回のベテラン議員である。名前と顔が全国になったのは今月4日の閣議後の会見である。福島第一原発事故で自主避難している避難者へ住宅の無償提供が打ち切られたことについて、フリージャーナリストに追求された際にイライラが募り始め激高した。大臣らしくない会見と非難されるとその日のうちに謝罪した。3週間後の閣議後の会見では大臣としての資質を問われると自信を見せた。会見から7時間後に失言をした。福山哲郎は「復興大臣としてあるまじき行為」と批判した。竹下亘は「なんでこんなこと言ったんだろうと怒りに近い感情を覚えた」と話した。午後8時ごろ復興相辞任の意向を示した。
安倍政権の失態が相次いでいる。稲田朋美防衛相は籠池氏との関わりがないと言ったが、弁護士として森友学園の裁判に出ていたことが判明し謝罪。金田勝年法相はテロ等準備罪を巡り国会で追及されると「成案を得てから説明する」と繰り返すばかりである。山本幸三地方創生相は地方での講演で「一番のがんは文化学芸員」との発言に批判が殺到した。務台俊介衆院議員は去年9月の岩手の視察で長靴を忘れ水たまりをおんぶで渡る行為が批判され謝罪した。半年後には全く反省していない発言で辞任した。中川俊直衆院議員は重婚スキャンダル報道で辞任だけでなく離党にまで追い込まれた。

2017年4月25日放送 21:54 - 23:10 テレビ朝日報道ステーション(ニュース)
共謀罪について専門家を招いた質疑が行われた。反対したのは小林よしのり。薬害エイズ問題では国への抗議活動を行っていた。与党推薦の参考人は賛成。国際組織犯罪防止条約締結の必要性を強調した。金田勝年法務大臣は「一般人は対象にならない」と繰り返してきたが、盛山法務副大臣は「対象になる」として説明が食い違っていた。法律の専門家3人全員が、一般市民も捜査の対象になるという考えを示した。早川忠孝元衆院議員は国会のチェック機能が低下していると話した。

2017年4月25日放送 15:50 - 19:00 TBSNスタNスタ4
テロ等準備罪を新設する法案について法務委員会では各党が推薦した参考人が意見を述べた。自民党推薦の小澤元全権大使はTOC条約を締結すべきだと訴え、民主党推薦の小林よしのり氏は民主主義国家崩壊への懸念を訴えた。また先週の審議では金田法相が一般の方々が捜査の対象となることはないと断言したが、公明党が推薦した 井田中央大学大学院教授は誤認は全ての刑罰法規に付きものでそれは対応していかなければいけないと述べた。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.