[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「金田大臣」 に関するテレビ情報

2017年4月21日放送 16:50 - 19:00 テレビ朝日
スーパーJチャンネル (ニュース)

金田大臣の代わりに局長が答弁し民進党の議員が猛反発した。テロ等準備罪で答弁が危うい金田大臣に代わり、与党がこの問題の政府参考人として林刑事局長の出席を議決した。これまでに民進党階猛議員は「捜査は実行準備行為の後でないと出来ないというのが、実行準備行為がテロ等準備罪の構成要件要素であることの帰結だと思う」と主張、これに対し金田法務大臣は「実行準備行為が行われておらずテロ等準備罪が成立していない段階においては罪を犯したとは言えない。テロ等準備罪を理由に逮捕や捜索差し押さえといった強制捜査はできない」と答弁。階猛議員は「質問に答えてください。強制捜査だけでなく、捜査全般について聞いている」と繰り返し質問。この質問に、金田法務大臣の代わりに林刑事局長が代わりに答弁しようとしたところ階猛議員は「あなたは関係ない」と大声で怒鳴り、答弁しようとする林刑事局長の机を叩いて抗議。委員長が「私が指名しました」と説明するも、階猛議員は抗議し続けた。局長は抗議の中「嫌疑がなければその捜査が行われることはありません」と答弁した。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月27日放送 17:30 - 18:50 TBS報道特集(特集)
今月23日の衆院本会議では犯罪実行前の計画段階で処罰できるテロ等準備罪、いわゆる「共謀罪」法案が自民党、公明党、維新の会などの賛成多数で可決された。金田勝年法相
は法案の必要性を強調した中、昨日、国会前では多くの市民が廃案を訴える抗議集会を開いていた。

2017年5月26日放送 16:50 - 19:00 テレビ朝日スーパーJチャンネル(ニュース)
加計学園の重医学部新設をめぐる問題で、今日も国会周辺では異例の会見を開いた文科省の前事務次官について様々な意見が飛び交った。「総理の意向」等と書かれた文書については、今日も政府側は否定している。金田法務大臣は「コメントは私の立場からは差し控えさせて頂きたい。」等とコメントした。麻生財務大臣は「退職した人がどう言おうと私が関わる話ではない。」等とコメントした。
昨日、前川前次官を強く批判した菅官房長官は、今日も前川前次官をバッサリと斬った。前川前次官は「総理のご意向と書かれた文書は確実に存在した。」と断言したが、政府は取り合わない構えのままだ。松野文部科学大臣は民進党の追及について「嫌疑がかかっているという認識はないので、再調査の必要はない。」等と述べた。加計学園は約37億円の土地を愛媛県今治市から無償で提供され、96億円の補助金も受け取る予定だ。野党4党は、前川前次官の証人喚問と安倍総理を呼んでの集中審議を求めたが、自民党は前川前次官の証人喚問を拒否した。民進党は自民党との交渉を行っていく考えだ。

2017年5月24日放送 10:25 - 12:00 テレビ朝日ワイド!スクランブル(ニュース)
2時間遅れで始まった23日の“テロ等準備罪”を新設する法案の採決の結果、法案は自民・公明・維新の会の賛成多数で可決され衆議院を通過した。その頃、国会の外で約1300人のデモ隊が法案反対を訴えた。野党側は「数の力で押し切った」と抗議する姿勢を鮮明にした。一方、国連特別報告者のジョセフ・ケナタッチ氏は今回の法案について「適切にプライバシーを保護するための新たな特定の条文や措置が盛り込まれていない」と注文をつけた。これに対し官邸側は不快感を露わにしたが、参議院での採決に待ったをかけたい野党側の共産党の志位和夫委員長は「TOC条約批准を最大の錦の御旗にしながら、その肝心の国連から強い懸念、質問が寄せられているのに関わらず、問答無用の態度をとっている」と批判した。この法案は法律の専門家の間でも賛否が分かれている。衆議院で、採決を強行したい与党。審議時間が足りないとする野党。反対派の意見として、日弁連の海渡弁護士は、マンションの反対運動で、みんなで集まったときに、その時点で組織的な威力業務妨害罪などになりかねないという。市民の活動が狙われる可能性が高い。賛成派の日弁連の木村慶次郎弁護士は、一般市民は、捜査対象になることはないという。重大犯罪と認定されない限りは捜査は始まらないという。この法案は、今回の国会で成立するのか。

2017年5月24日放送 8:00 - 9:50 フジテレビ情報プレゼンター とくダネ!(ニュース)
きのう、テロ等準備罪法案が自民・公明などの賛成多数で衆議院で可決された。しどろもどろの答弁で批判された金田勝年法相は、引き続き丁寧に説明していきたいなどと述べた。民進党・蓮舫代表は、とても納得できないなどと批判。参議院での審議は民進党が応じないため、来週以降にずれ込む見通し。

2017年5月24日放送 5:25 - 8:00 フジテレビめざましテレビめざましSEVEN
昨日、「テロ等準備罪」を新設する法案が衆院を通過した。自民党は参議院で今日の審議入りを求めたが、民進党が応じず、実質審議は安倍首相が外遊から帰国する来週以降にずれ込む見通しだ。与党は来月18日までの会期の延長も検討するなど法案の成立に万全を期すことにしている。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.