[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「金田勝年法務大臣」 に関するテレビ情報

2017年5月19日放送 10:25 - 12:00 テレビ朝日
ワイド!スクランブル (ニュース)

本日は衆院法務委員会で行われている国会では、テロ等準備罪についての議論がかわされている共謀罪の趣旨を盛り込んだ。組織的犯罪処罰法の改正案についての審議が午前9時から行われている。与党側はこのあと法案を採決する予定。このあと法案を採決する予定。与党は一昨日総理が出席した上で採決する予定だったが野党が金田法務相への不信任案決議案を出したため今日に先送りされた。そして、安倍総理の出席は予定されていないという。専門家は「金田大臣の答弁にも問題はあるが、与党側の国会運営は最終的には数の力で押し切る形になると思うが、今日審議の時間4時間設定されているが、今まで26時間の審議とたすと30時間になる。与党側が設定した目安だと30時間やれば十分に審議したことになるが。問題は中身で、最近の国会運営はちくわのように見た目はデコボコだが中身はつるつる。国会がどうも形骸化しており、なんでもするっと通ってしまう」と話している。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月24日放送 10:25 - 12:00 テレビ朝日ワイド!スクランブル(ニュース)
2時間遅れで始まった23日の“テロ等準備罪”を新設する法案の採決の結果、法案は自民・公明・維新の会の賛成多数で可決され衆議院を通過した。その頃、国会の外で約1300人のデモ隊が法案反対を訴えた。野党側は「数の力で押し切った」と抗議する姿勢を鮮明にした。一方、国連特別報告者のジョセフ・ケナタッチ氏は今回の法案について「適切にプライバシーを保護するための新たな特定の条文や措置が盛り込まれていない」と注文をつけた。これに対し官邸側は不快感を露わにしたが、参議院での採決に待ったをかけたい野党側の共産党の志位和夫委員長は「TOC条約批准を最大の錦の御旗にしながら、その肝心の国連から強い懸念、質問が寄せられているのに関わらず、問答無用の態度をとっている」と批判した。この法案は法律の専門家の間でも賛否が分かれている。衆議院で、採決を強行したい与党。審議時間が足りないとする野党。反対派の意見として、日弁連の海渡弁護士は、マンションの反対運動で、みんなで集まったときに、その時点で組織的な威力業務妨害罪などになりかねないという。市民の活動が狙われる可能性が高い。賛成派の日弁連の木村慶次郎弁護士は、一般市民は、捜査対象になることはないという。重大犯罪と認定されない限りは捜査は始まらないという。この法案は、今回の国会で成立するのか。

2017年5月24日放送 8:00 - 9:50 フジテレビ情報プレゼンター とくダネ!(ニュース)
きのう、テロ等準備罪法案が自民・公明などの賛成多数で衆議院で可決された。しどろもどろの答弁で批判された金田勝年法相は、引き続き丁寧に説明していきたいなどと述べた。民進党・蓮舫代表は、とても納得できないなどと批判。参議院での審議は民進党が応じないため、来週以降にずれ込む見通し。

2017年5月24日放送 5:25 - 8:00 フジテレビめざましテレビめざましSEVEN
昨日、「テロ等準備罪」を新設する法案が衆院を通過した。自民党は参議院で今日の審議入りを求めたが、民進党が応じず、実質審議は安倍首相が外遊から帰国する来週以降にずれ込む見通しだ。与党は来月18日までの会期の延長も検討するなど法案の成立に万全を期すことにしている。

2017年5月24日放送 5:25 - 8:00 TBSあさチャン!朝刊まるわかり
「共謀罪」が一般人が対象になるのかという議論について、法務副相は「対象にならないことにはならない」という発言があったが、1週間後には安倍総理の答弁に合わせる形で自らの答弁を修正するなど、「共謀罪」の曖昧さが鮮明になっている(朝日新聞)。

2017年5月24日放送 4:55 - 8:00 テレビ朝日グッド!モーニングニュースまとめ
共謀罪法案がきのう、自民・公明などの賛成多数で可決され衆議院を通過。金田法務大臣は、衆議院で可決されたのは意義深いなどと述べた。一方、共産党・志位委員長は、必ず廃案に追い込む決意などと語った。議員会館前では法案に反対するデモが行われた。参議院での審議入りは来週月曜日まで持ち越される見通し。与党は会期の延長無しで法案を成立させられると強気の姿勢。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.