[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「金目鯛」 に関するテレビ情報

2017年1月6日放送 19:00 - 20:54 日本テレビ
究極の○×クイズSHOW!!超問!真実か?ウソか? 日テレ系新ドラマ大集合!豪華俳優陣は○×が解けるかSP

問題「金目鯛はいるが、銀目鯛もいる。○か×か?」を出題。正解は「○」だった。丸吉食堂ではギンメダイの煮魚定食がメニューにある。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年2月19日放送 14:00 - 14:55 フジテレビザ・ノンフィクションすしバカ、ハワイへ行く(前編)
中澤の店は東京・四谷の「すし匠」。おまかせのみで1人およそ2万円だが、予約がとれない人気店。 定番の金目鯛の皮の炙り、大トロの筋の間を剥がした”おはぎ”、1週間熟成のブリなど、素材の美味しさを追求したネタを提供している。氷を使って熟成するが、この熟成の方法こそが中澤は日本のすしにもたらした革命で、冷蔵庫の普及するまえの「江戸前」のすしの復活である。あん肝とスイカの奈良漬、小柱、車海老黄身酢おぼろなど、中澤の名作である。

2017年2月18日放送 18:30 - 18:56 テレビ朝日ごはんジャパンごはんジャパン
大江憲一郎、つるの剛士が金目鯛を求めて伊豆・稲取を訪れた。伊豆・稲取では3月31日まで「雛のつるし飾りまつり」が開催されている。伊豆・稲取で大江憲一郎、つるの剛士は金目鯛の刺身を味わった。
大江憲一郎、つるの剛士が金目鯛を求めて伊豆・稲取を訪れた。稲取沖では、沖から約12キロで金目鯛が好む深海にたどり着くという。漁師の鈴木さんはたてなわ釣りで釣り上げていった。
大江憲一郎、つるの剛士が金目鯛を求めて伊豆・稲取を訪れた。漁師の鈴木さんは現在65歳であるが、金目鯛が大好きな孫達の喜ぶ顔を見るために漁師をやめないという。
大江憲一郎、つるの剛士が金目鯛を求めて伊豆・稲取を訪れた。大江憲一郎は「一の重 手まり寿司」、「二の重 焼物」を振る舞った。大江憲一郎の料理に鈴木さんは味を絶賛した。

2017年2月10日放送 15:50 - 19:00 日本テレビnews every.特集
有楽町の高架下に移転してきた立鮨葵に入店。立ち食いも座り食いもOKのこの店は会社員や観光客で賑わう。メニューに表記されているテンニは1.2人前、イチハンは1.5人前という意味だとか。一人前から1.5人前まで選べるランチの中で、一番人気はテンニ。マグロいくら、旬のネタ10貫に海苔巻きつき。1000円の海鮮丼も人気だという。ホタテにイカ、生しらすなどが乗っていた。この日のオススメは金目鯛、カワハギ、鱈の白子。皮はぎ肝醤油はカワハギの上に肝が乗って270円。肝が甘くて濃厚、しっかりとした歯ごたえのカワハギとハーモニーを奏でる。肉厚の金目鯛は上品なうまみで、じんわりと旨味が伝わってきてあまい。たらの昆布〆やしょうがを載せた剣先イカなど、ほとんどのメニューは300円以下で楽しめる。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.