[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「釧路市(北海道)」 に関するテレビ情報

2017年5月15日放送 5:25 - 8:00 フジテレビ
めざましテレビ めざましNEWS ON

釧路市で桜の開花が発表された。2ヵ月かけてすべての地点で開花した。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年8月21日放送 7:00 - 7:45 NHK総合NHKニュース おはよう日本(リポート)
今年もサンマの季節がやってきた。実は最近、このサンマをめぐって異変が続いている。釧路市内のスーパーでは1匹250円で売られている。この店では去年より90円ほど高いという。ここ数年、減少傾向が続く漁獲量。それに伴い価格があがっている。先月から始まったサンマ漁。昨日は主力の大型船による棒受網漁を迎え、最盛期を迎えたが漁業者からは不安の声が上がっている。背景にあるのが今月国の研究機関が公表した調査結果。サンマは通常夏は北太平洋を中心とした広い海域に居る。そして秋にかけて北海道から北関東の近海に移動する。国の研究機関は移動する前の夏に沖合で試験的にサンマを獲って漁の動向を探っている。その結果、ことしのサンマの数は全国の漁獲量としてはこの30年余りで最低となった去年の半分以下とみられることが分かった。報告をまとめた調査機関の研究者にとってもこの結果は予想外だったという。なぜサンマが減っているのか詳しい原因は分かっていないが研究者は「生まれてからの大きくなるまでの間に何らかの要因で生き残りがうまくいかず死んでしまっているのではないか。またはサンマ資源全体に対して外国船も含めて漁獲の漁が多いのではないか」と指摘する。日本のはるか沖の北太平洋。どの国でも操業できる公の海・公海で近年、中国・台湾などの漁船によるサンマの“先取り”も要因の1つと言われている。先月、日本はこうした国々を念頭に国や地域ごとに上限を定める漁獲枠を新たに設けることを国際会議で提案。しかし中国・韓国・ロシアの反対で合意できなかった。厳しい見通しの中、最盛期を迎えたサンマ漁。漁業者からは国際的な枠組みづくりを急ぐよう求める声が上がっている。

2017年8月18日放送 23:30 - 0:15 TBSNEWS23(ニュース)
午後9時頃の瑞浪市の民家では大量に泥が流出していた。瑞浪市では今朝から雨量が100ミリを超えていた。岐阜市や愛知県江南市でも各地で道路が冠水している。現在土砂災害警戒情報が出ているのは岐阜県瑞浪市、土岐市、可児市、愛知県犬山市などで、犬山市や可児市などでは記録的短時間大雨情報が出ている。この雨で愛知県扶桑町では道路が冠水し、車が浸かるなどの被害が出ている。愛知県の雨量計では午後11時までに犬山市で181ミリ、小牧市で132ミリ、江南市で109ミリの大雨となっている。
今日も各地で大気が不安定となり、所によって激しい雨が降った。愛知県扶桑町でもマンホールから勢い良く水が吹き出し、岐阜県や兵庫県では、記録的短時間大雨情報が出た。美濃市の民家では土砂が部屋にまで入り込んでいた。今月に入り、東京で雨が降ったのは18日連続。これは40年ぶりの記録で、20日間の日照時間を平年と比べると関東から北は4割以下が多い。関東や西日本は今週末も大気が不安定な状態が続く。

2017年8月15日放送 21:00 - 22:00 NHK総合ニュースウオッチ9(ニュース)
終戦の日の今日、各地で平和への祈りが捧げられた。日本武道館では政府主催の全国戦没者追悼式が開かれ、安倍首相は式辞で「戦争の惨禍を二度と繰り返してはならない。私達は歴史と謙虚に向き合いながら、どのような時代にあってもこの不動の方針を貫いてまいります」と述べ、退位決定後初めての終戦の日を迎えた天皇陛下はお言葉で「深い反省」を3年続けて盛り込まれ、「心から追悼の意を表し、世界の平和と我が国の一層の発展を祈ります」と結んだ。参列した遺族の78%は70歳以上で、高齢化が進んでいる。
特攻兵器「回天」の訓練基地があった山口・大津島の他、北海道・釧路市、広島の平和公園など各地の中・高校生が平和への思いを語った。

2017年8月13日放送 7:30 - 8:25 フジテレビ新報道2001(北海道・中国人女性 失踪事件)
失踪した女性の携帯電話からは、失踪した阿寒湖から約300キロ離れた札幌市・北海道庁の位置情報でSNSに「いいね」が発信されている。女性はスマートフォンとタブレットを持っており、2つの端末のうち1つが持ち去られた可能性があるという。
不明女性の端末の行方について、釧路市のカフェ店主が取材に答えた。

2017年8月12日放送 16:30 - 18:00 テレビ朝日スーパーJチャンネル(ニュース)
徳島市では、「阿波おどり開幕奉納おどり」が行われた。西日本では晴れ間が広がったが、東日本ではクールダウン。北海道釧路市は16度と10月上旬並みの気温となった。岩手・大槌町では全壊したJR大槌駅舎のデザイン総選挙が行われた。一方、都心を離れる人が多い中、神田明神納涼祭りは混雑しておらず、加藤哲平権禰宜は「お盆のこの時期は少ないので多くの方にきていただきたい」と呼びかけた。

refills リフィルズ

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.