[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「鎌倉(神奈川)」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 5:30 - 6:15 TBS
上田晋也のサタデージャーナル (ニュース)

秋篠宮ご夫妻の長女、眞子さまが婚約することが明らかになった。お相手は、海の王子にも選ばれたことのある男性・小室圭さん。眞子さまと小室さんは大学時代の同級生で、出会って程なく、おつきあいを始めたという二人は、江ノ島や鎌倉でデートを重ね愛を育んできた。小室さんは騒然とする記者会見で、この日二人が交わした会話について答えた。宮内庁関係者によると、結婚式は来年にも行われる見通し。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年7月19日放送 23:15 - 23:55 NHK総合ニュースチェック11(CHECK 国際)
外国人観光客の呼び込みのため神奈川県ではビッグデータの活用を始めた。観光客が撮影した写真の場所の緯度・経度の情報を分析し、大船観音に多く集まることがわかった。目立つのはアジアの人たちで、年間1万人以上が参拝するという。

2017年7月18日放送 16:54 - 17:45 テレビ東京ゆうがたサテライトロングセラー研究所
今回のテーマは江ノ電。1902年に誕生した江ノ島電鉄は各地のローカル線が赤字に苦しむ中、15ん連続の黒字で年間1800万人以上が利用する。江の島電鉄は開業から8年後、全面開通し、藤沢と鎌倉を結んだ。沿線には江ノ島や鎌倉の大仏、長谷寺のアジサイなど見どころがたくさんある。江ノ電は時速約20キロで藤沢ー鎌倉間を34分で走行する。しかし中には江ノ電に乗るために電車で来る人もいる。理由としては移り変わる景色や、中にはおしゃれなイメージやかわいいイメージがあると答えた人もいた。江ノ電は床が板張りで、運転できも古い計器をそのまま使用しており、地域とマッチする昔ながらのイメージを演出している。高度経済成長期にはマイカーブームで客が減少し採算が悪化、一時は廃線も検討された。そんな中、江ノ電の持つイメージにメディアが注目し、ドラマや情報番組などで取り上げられるようになり観光客が急増した。中でも鎌倉高校前駅付近の踏切は人気漫画の舞台にもなり、多くの人が訪れるという。この日来ていたのは中国のインターネットメディアで、江ノ電のイメージが注目を集め世界中から観光客が集まる。江ノ電はさらなる客の獲得を目指し、地域の活性化にも取り組み観光客が減少していた冬の江ノ島を狙い、1999年からイルミネーションを開始。今では冬の観光客が増加し、江ノ電の利用にもつながっている。ロングセラーの極意とは「大切に残すものとエッセンスを加えて提案してくこと、地域全体をどう観光資源として捉えていくか。」とのこと。

2017年7月18日放送 0:11 - 1:10 TBSMomm!!俺のテーマソング
「あるテーマ」に対してゲストが選曲した一曲を紹介するコーナー。今回のテーマは「夏のドライブデートで聴きたい曲」。黒沢かずこは鎌倉にドライブする妄想をして、用賀にあるスタバのドライブスルーを利用したいと話した。テーマソングにはRIP SLYMEの「GALAXY」を選んだ。

2017年7月17日放送 15:50 - 19:00 TBSNスタ(ニュース)
東名高速・海老名SA付近上空から中継。行楽地などで過ごした人々のUターンラッシュが本格化。東京までの上り方面は混雑している。奥側には湘南や鎌倉などの海水浴が楽しめる場所も。海の日のきょうは車列にはファミリータイプの車も目立ち、そういった場所からの帰りも多いと見られる。画面右側のSAは駐車場は埋め尽くされ、神奈川の名物が展示された物産展などのイベントも賑わっているとのこと。日本道路交通情報センターによると、午後4時半現在で渋滞はいずれも上り線。東名高速道路・神奈川の都夫良野トンネルで20kmの渋滞。この先約7km行った大和トンネルを先頭に15kmの渋滞。渋滞の先頭は手前側に大和トンネルが7kmほど行った場所にあるため、そこから先頭となると手前7kmほどは続いているとのこと。渋滞が解消されるのは最も遅い所で午後11時ごろになる見通し。

2017年7月17日放送 10:25 - 13:55 TBSひるおび!(ニュース)
きのうの東京・墨田区では「大昆虫展 in 東京スカイツリータウン」が開催。東京ソラマチ5階・スペース634で行われ、多くの親子連れで賑わった。イベントは8月23日まで開催。中でも注目されているのがヒアリ。国内で発見が相次ぐヒアリ。きのうは茨城・常陸太田市で24匹がヒアリと確認。内陸部での発見は2例目。今月12日には青海ふ頭から運ばれたコンテナで見つかる。最も多くのヒアリが発見された横浜港では蛹や幼虫など合わせて700匹以上が発見。ヒアリは羽根を持つために風に乗ると10km、20kmは飛ぶという。仮に横浜港から風に乗り、生息域を20km広げると中華街や鎌倉、羽田空港なども範囲内に含まれる。7日に100匹以上が発見された大井ふ頭で当てはめると新宿や渋谷をはじめとした23区のほとんどが20km圏内に含まれる。繁殖を食い止めるための警戒・対策・冷静な対応が求められる。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.