TVでた蔵トップ >> キーワード

「長嶋茂雄」 に関するテレビ情報

2017年1月5日放送 19:00 - 21:54 TBS
プレバト!! 縁起和食の才能査定ランキング

横尾渉を査定、作ったのは「金目鯛の祝い煮付け」。金目鯛は切ること無く、口から内臓を取り出した。切る事は演技が悪いのだという。査定するのは和食店「分とく山」の野崎洋光先生、査定ポイントは素材を生かせているか・味のバランスがとれているか・めでたい料理か。横尾の査定は凡人、美味しいが魚の身が固い事が減点。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年9月20日放送 5:25 - 8:00 TBSあさチャン!スポーツ新聞ピックアップ
イチローが初めて0球敬遠を経験した。イチローは「空気感がある。4球の間に面白くないでしょ」と話した。(日刊スポーツ)

2017年9月19日放送 4:55 - 8:00 テレビ朝日グッド!モーニング熱戦まとめ グッド!スポーツ
同じくクライマックスシリーズ進出を狙う3位の巨人は先発の田口麗斗が好投を見せるが、中日のルーキー笠原祥太郎から得点を奪うことができない。両チーム得点がないまま迎えた8回、巨人のマシソンはルーキーの京田陽太に長嶋茂雄さんに次ぐセリーグ新人安打記録2位となる141本目のヒットで出塁を許すと、プロ12年目の藤井淳志にホームランを打たれ、痛い一敗を喫した。

2017年9月18日放送 19:00 - 20:00 TBS結婚したら人生劇変!○○の妻たち(泉ピン子が驚きの大豪邸で夫婦生活をテレビ初公開!)
女優・泉ピン子には30年近く連れ添った夫がいる。ドラマでは健気に耐え忍ぶ妻を演じているが、実際はどうなのか調査。自宅は熱海市にあるマンション、山の傾斜に沿って建てられているためエントランスから部屋まではケーブルカー。部屋は200平米、3匹の愛犬と共に暮らしている。30畳のリビングにはドレクセルの高級テーブルがあり、ここで何十年もセリフを覚えてきた。夫の前で台本は開いたことがなく、これは橋田壽賀子先生の教えだという。
夫婦のクローゼットだけで広さ30畳、ドラマ「ドクターX」では自前の服を着て撮影に臨んでいた。ご主人の部屋にはピン子さんの人脈ならではの品が数々、田中真紀子さんに頂いた酒や北島三郎さん、長嶋茂雄さんからの貰い物があった。ピン子の勉強部屋にも美空ひばりさんや森光子さんゆかりの物があり、中でも杉村春子さんにもらった死に装束は宝物で着ることを決めているという。そんなピン子は矢沢永吉の大ファン、ある時は犬の散歩中に偶然出会ったのだという。ご夫婦お気に入りの浴室は贅沢のヒノキ、蛇口からは熱海の天然温泉が出る。ご主人が最もお気に入りなのが海を見渡せるベランダだという。
この日、ピン子のマンションには俳優・村田雄浩さんファミリーが訪れていた。ピン子にとっては弟分、ご家族ぐるみの付き合いだという。

2017年9月17日放送 9:55 - 11:25 日本テレビ誰だって波瀾爆笑芸能人ど田舎VSビンボーVSセレブ人生&お財布の中身拝見SP!
東京都世田谷区生まれの長嶋一茂についての紹介。1歳の頃の写真について「写真残ってますね。長嶋家で撮ったものはないんですよ。」など、3歳の頃のマスコミが撮った巨人ユニフォームを着た長嶋について「なんかのメディア用なんでしょうね。」など、父親の活躍については「家族全員で野球観戦。テレビの後はラジオで応援していた。」など、父親が運動会に来ていた際の出来事については「父はカメラを持っていたが親父が撮った写真は一枚も見たこと無い。」など、大学時代については「大学まではインスタントラーメンを作れなくて先輩に怒られた。」など述べた。

2017年9月14日放送 1:05 - 1:35 フジテレビ村上信五とスポーツの神様たち(村上信五とスポーツの神様たち)
「もしかしたら花道を飾る野球の引退試合って大人の事情が絡み合って色んな事件が多いんじゃないの?」でゲストに古田敦也らが登場。福井が「敵チームの粋な行動事件」と題して2007年10月4日の神宮球場で開催した鈴木健の引退試合で、20年間戦ってきた鈴木の最後の打席で家族が見守る中、十数回のファウルで粘り、アウトになるフライも村田修一の粋なはからいでセーフとなり見事センターヒットを打ち花道を飾ったと紹介した。また古田はプロ野球の引退試合では基本的に最後の打席ではストレートの真っ向真剣勝負で送り出すのが伝統であるが吉村禎章の最後の打席では当時若手ピッチャーだった玉木重雄がストライクに入れられず吉村はボール球を打ち上げて終わったなどと語った。
「もしかしたら花道を飾る野球の引退試合って大人の事情が絡み合って色んな事件が多いんじゃないの?」2つ目に色摩が「最終打席でサプライズ事件」と題して2007年10月7日に神宮球場で開催した古田敦也の引退試合、プロ18年の古田が最後のスタメンマスクをかぶり出場し、最後の打席では先に引退したドラフト同期入団であり盟友の佐々岡がマウンドに登場して球場は大歓声に包まれたなどと紹介した。また高津臣吾の引退試合で捕手を担当した古田が打席に立った緒方孝市がボール球を見送ったがアンパイアが空気を汲み取ってストライクにしてくれたなどと語りVTRでその様子を紹介した。さらに古田は最初に球団トップ人に引退の旨を伝え、また37歳ごろから1年通してダメなら辞める気でいたなどと打ち明けた。また近年で引退試合をしなかった選手を紹介し、黒田博樹が真剣勝負で終わりたいという意志からで引退試合を行わなかったがセレモニーの時にマウンドに感謝を伝えるかのようなポーズを取ったことが印象的だったなどと福井が紹介して各界では大物の引退セレモニーでは何かをステージにおいていくなどと盛り上がった。
「もしかしたら花道を飾る野球の引退試合って大人の事情が絡み合って色んな事件が多いんじゃないの?」3つ目にいけだてつやが「大投手なのに引退試合ナシ事件」と題して江夏豊が最後に所属した球団と確執があったために偉大な経歴があるにも関わらず引退試合を行わなかったことを知った出版社が、プロの球場が使用できないため多摩一本杉球場で江夏豊の引退試合を企画して、ビートたけし司会で開催したなどと紹介した。
「もしかしたら花道を飾る野球の引退試合って大人の事情が絡み合って色んな事件が多いんじゃないの?」4つ目に色摩が「まさかの代打事件」と題して1995年1月21日に多摩川グラウンドで開催した西本聖の引退試合で、最終回に代打で恩師でもある長嶋茂雄がバッターボックスに上がり最初で最後の師弟対決を行ったなどと紹介した。また古田が自分にとっての師匠は野村克也であり入団当初から監督として育ててもらったなどと語った。

refills リフィルズ

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.