[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「静岡県」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 5:15 - 5:40 NHK総合
小さな旅 富士の港 あたたかく〜静岡県 清水港〜

古くはお茶の輸出で栄えた清水港。港の近くのお茶屋で、沢山の箱をトラックに詰めている人たちに出会った。小原加代子さんは夫・直行さんとともに港に来る船に、食べ物や日用品を売りに行くという。夜7時前、2人が向かったの入港したばかりのアメリカとの定期航路船。2ヶ月に1度やって来るにじみの船だ。小原さん夫婦は停泊している船に商品を売る、”沖売り”を続けて40年近くになる。船員の多くはフィリピンやインドの人たち、加代子さんは船員からママさんと呼ばれている。早速店開きにかかる。一番売れるのはお菓子・おつまみといった食料品。他にも靴下や石けんなど200種類以上を取り揃えている。仕事で船から降りられない船員たちにとって買い物は貴重な気分転換。船員の一人は「ママがそばにいてくれるので、必要なものが手に入ります」と話した。夫・直行さんの家がお茶の沖売りを始めたのは戦後間もなくの頃。かつては食料品からクリーニング、古物商まで10軒ほどの沖売りが出ていた。しかし今残るのは1軒だけ。この日加代子さんは40種類ものチョコレートを仕入れて待っていた。14年前からこの船に乗っているインド人の機関士、休暇で国に帰る前は必ず家族のためにチョコレートを買っていく。船の中で夜を明かすこともあるという加代子さん、70をこえ体力的な厳しさを感じることもあるというが、船員たちの喜ぶ顔が何よりの励みとなっている。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月28日放送 7:00 - 7:30 日本テレビ所さんの目がテン!(オープニング)
長寿シリーズ第5弾、今回は静岡県にやってきた。静岡県は健康寿命ランキングで毎回トップクラスにランクインしている。健康寿命とは介護を必要とせず自立した生活が過ごせる期間。静岡の健康なご長寿さんを調査、82歳と76歳のご長寿夫婦に1日密着。さらに静岡の名産であるお茶と長寿に秘密がある。

2017年5月27日放送 13:05 - 14:10 テレビ東京YOUは何しに日本へ?YOUは何しに日本へ? 夢と未来が花咲くSP
成田国際空港にいた外国人YOUにインタビュー。アメリカから来たという男性は、かつて横田基地内の高校に通っており、その同窓会に出席するために来日。27年ぶりの来日で、仲間との再会や思い出の街へ向かうことを楽しみにしているという。
ロシアから来たという親子は、富山に在住しているが、ロシアに向かう飛行機が故障してしまい富山にとんぼ返りするのだという。このまま一家でロシアに引っ越しする予定だったという。
スペインから来たという子どもたちは、仲良し3兄弟で家族5人で初めての日本旅行のために来日。ディズニーシーやスシが楽しみだと話した。
スウェーデンから来たという男性は、2013年に来日しサラリーマン生活をしていたが、大好きなお茶を学ぶために脱サラし、現在は静岡県の茶業研究センターで煎茶を学んでいるという。里帰りのために空港を利用し、急須などを使って現地でもお茶を振る舞ったという。日本人のスタッフに対しお茶の魅力を熱弁した男性に対し取材交渉、密着が決定した。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.