[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「非常事態宣言」 に関するテレビ情報

2017年3月15日放送 5:50 - 8:00 日本テレビ
ZIP! NNN NEWS ZIP!

ニューヨーク市内では、14日未明から強い風・雪が降り最大約20cmの積雪を観測している。6州で非常事態宣言が発令され、航空便6000便以上が欠航となった。また雪の影響で、メルケル首相のアメリカ訪問が17日に延期された。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年8月21日放送 22:00 - 22:54 テレビ東京日経スペシャル 未来世紀ジパング 〜沸騰現場の経済学〜池上彰が緊急解説!
フィリピン・ミンダナオ島で、イスラム国と関係するグループがミンダナオ島の一部を占拠し、政府軍と戦闘を繰り広げている。今年5月マラウィで戦闘が始まった。イスラム武装勢力と政府軍が銃撃戦を行い、多数の死者が出た。その後、人質を取り、中心部を占拠。ドゥテルテ大統領は非常事態宣言、戒厳令を出した。カガヤンデオロ市内で非難する一家を取材。避難者はその日突然テロリストが現れたとし、家が燃えてしまったと話した。その行動のせいでイスラム教徒が差別を受けていると主張。画像には、イスラム国の旗が掲げられ、その地域にキリスト教徒が入ると殺されるとした。避難者は40万人にのぼり、避難所はすし詰め状態となっている。軍が押収した映像にはイスラム過激派「マウテグループ」がマラウィ占拠の作戦を立てていた。リーダーは元麻薬ビジネスの集団で、イスラム国に忠誠を誓うと宣言し、国家樹立を目指して街を占拠した。フィリピンの多数派であるキリスト教徒を目の敵にし、教会を次々と破壊している。

2017年8月18日放送 10:25 - 13:55 TBSひるおび!ひるトク!
8月12日バージニア州で白人至上主義団体と反対派の衝突が起きた。奴隷制存続を主張して南北戦争で敗れた南部側の英雄リー将軍の銅像を撤去する計画を市が決めた。奴隷制を支持した人々を顕彰するのは不適切だとする認識が南部も含めて全米で醸成されてきた。この決定に対し、白人至上主義を掲げる団体KKKなど数百人が反対集会を開き、米国を白人の手に取り戻せなどと訴えた。これに対し、黒人の権利擁護などを訴えるグループ数百人が抗議した。危険な状況のためバージニア州のマコーリフ知事が非常事態宣言を当日出した。しかし、黒人の権利を擁護するグループの集まっていた場所に白人至上主義の男が車で突っ込み、1人が死亡、約20人が負傷する事故が起きてしまった。白人至上主義とは白人が他の人種より優れている、白人は神に選ばれた人種、それ以外は悪魔の子という考え。代表される団体がKKKで1800年代半ばに結成され、黒人などへのテロを繰り返している。南部貧困法律センターによると、ヘイトグループと認定した白人至上主義などの団体は全米で917以上あるとされている。
15日トランプ大統領が白人至上主義の参加者にはよい人間もいたと発言をしていた。この発言を受けてKKKのデービッド・デューク氏は大統領の正直さと勇気に感謝するとコメントした。去年、大統領選挙中にトランプ大統領はテレビ番組でKKKの元幹部の1票を断るか?と問われた際に拒絶しなかった。歴代大統領は白人至上主義団体の支援を拒絶して来た。
リー将軍について出演者らが話した。リー将軍は歴史的人物で、銅像もあり記念切手にもなっていて今でも人気はある。リー将軍は元々白人至上主義ではなく南北戦争にも反対していた。バージニア州が自分の故郷だったために南軍についた。
事件直後の12日にトランプ大統領は、憎悪と偏見と暴力を表すひどい行動を可能な限りの強い言葉で避難すると声明を発表した。これに対して、ガードナー上院議員が、悪人を名指ししなければならない、それは白人至上主義者でありこれば国内のテロだとし、白人至上主義側を名指しして非難しなかったことが問題だとした。翌日13日にホワイトハウスは大統領の非難の対象は白人至上主義者や過激思想のグループも当然含まれるとフォローした。14日トランプ大統領は人種差別は悪だKKK、ネオナチ、白人至上主義者そして人種差別集団は犯罪者であり悪党だと言い換えたが、15日の記者会見では、悪いことをしたグループもあり、もう一方にも暴力的なグループがあった、双方に責任があると発言した。これに対し政府高官は、トランプ氏自身の考えで我々の意向ではないとした。トランプ氏の発言の間、ジョン・ケリー大統領主席補佐官は壁際で顔をしかめてうつむいていた。
トランプ大統領は17日、銅像などを撤去する動きについて、アメリカの偉大な歴史や文化が引き裂かれるのをみるのは悲しい、歴史は変えられないがそこから学ぶことはできる、非常にばかげているとコメントし、人種差別の象徴とされる南軍関連の像などの撤去に改めて異論を唱えた。

2017年8月15日放送 9:00 - 9:05 NHK総合ニュース・気象情報(ニュース)
ギリシャではアテネの近郊などで山火事が発生していて、政府は一部地域に非常事態宣言を出した。

2017年8月14日放送 21:54 - 23:10 テレビ朝日報道ステーション(ニュース)
12日、アメリカのバージニア州でKKKなど白人至上主義集団と「カウンター」と呼ばれる抗議する集団の衝突で、車が集団に突っ込んで女性1人が死亡。これについて、トランプ大統領は白人至上主義を非難しなかった。ニューヨークでは、人種差別主義者に対する抗議集会が行われた。事件が起こった日、衝突はエスカレートしたため州知事が非常事態宣言を出し、集会は解散。その後、反差別者がパレードを行った。そのパレードに車が突っ込んで19人がけが、地元の法律事務所職員の女性が死亡。女性の友人はすべての有色人種のために立ち上がってくれたと話した。警察はオハイオ州から差別主義者の集会に参加し、突っ込んだ車を運転した男を逮捕。容疑者の母親は息子の政治的見解をほとんど知らないが、「オルタナ右翼」だと明かした。オルタナ右翼は白人至上主義、排外主義などを掲げインターネットで台頭。ケンタッキー州で、高校時代の教師は容疑者は頭がよく、物静かだったがナチズムに共感しヒトラーへの憧れがあったと証言。オルタナ右翼はトランプ大統領支持者で、ニュージャージー州の会見ではトランプ大統領は今回の事件で「いろんな側」とし、差別主義者をはっきり批判しなかった。バージニア州で集会があったのは、南北戦争で奴隷制度を擁護した南軍司令官の像撤去に反対するためだった。バージニア州知事のマコーリフ知事は「白人至上主義とナチスに成功はない、この州に居場所はない」と宣言。

2017年8月14日放送 16:50 - 19:00 テレビ朝日スーパーJチャンネル(ニュース)
白人至上主義者と反対派が殴り合うなど激しく衝突し、非常事態宣言が出された。反対派の群衆には猛スピードで車が突っ込み女性が死亡、34人が負傷した。逮捕された男についてCNNでは「容疑者は白人至上主義にのめり込んでいた」と報じられた。奴隷制度の存続を求めたロバート・リー将軍の銅像を撤去する計画が持ち上がり、反対する白人至上主義者らが集結したことが事の発端だ。マコーリフ知事は「君たちの居場所はここにない」と白人至上主義者やネオナチに宣言し、反対派は激しく抗議するなどアメリカが分断されていた。12日、トランプ大統領は「目に余る増悪と偏見と暴力を可能な限り強い言葉で非難します」と話したが、白人至上主義者や人種差別を明確には非難しなかった。ニューヨークでは白人至上主義者への批判デモが行われると同時にトランプ政権への不信感が高められた。ホワイトハウスは「トランプ大統領が非難した偏見や暴力には当然白人至上主義者などが含まれる」と釈明に追われている。

refills リフィルズ

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.