[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「韓国」 に関するテレビ情報

2017年4月17日放送 5:25 - 8:00 フジテレビ
めざましテレビ めざましNEWS ON

3年前の4月に沈没、高校生ら295人が死亡したセウォル号の追悼式典が16日に行われた。船体は9日に陸揚げされるも現在も9人が行方不明。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年7月26日放送 11:30 - 11:55 フジテレビFNNスピーク(ニュース)
韓国が北朝鮮に提案した南北軍事会談への反応は無いままだが、北朝鮮はICBM発射という最悪な回答で応じる可能性がある。東亜日報は軍消息筋の話としてミサイルを積んだ移動式発射台の動きが確認され、発射台を止める為のコンクリートパッドが設置されていると伝えた。また複数の軍事関係者はFNNの取材に対してICBMの大気圏再突入技術を確立する為、北朝鮮にとって戦勝記念日の明日にミサイルを発射してもふしぎではないと話しており、ムン・ジェイン大統領は一貫して対話路線を掲げているが緊張感は増すばかりで日本としても呑気に構えていられないとの事。

2017年7月26日放送 10:05 - 10:15 NHK総合くらし☆解説くらし☆解説
くらし☆解説「変わる街の案内マーク」。東京オリンピック・パラリンピックの開催まであと3年、期間中は世界中から大勢の外国人が日本を訪れることが予想されるため、街の様々な場所で見かける案内マークが外国人に分かりやすいように改定された。案内マークには駐車場や案内所、エレベーターといった文字がなくも意味するものが分かるようになっているマークの事。こういった案内マークの図記号はピクトグラムと言い、日本ではJISとして国が規格を統一している。このピクトグラムを経済産業省が国際規格に合わせて見直し、その手続が先週20日に終了した。従来のマークから変更されるものが7つ、新たに加わるものが16ある。デザインが変更されるのは駐車場や救護所、乗り継ぎなどのマーク。また温泉マークは従来の物と新しいものどちらも使用が出来るようになった。新たに加わったのは無線LANや充電コーナー、コンビニエンスストアなどのマーク。今年7月20日~再来年の7月19日までが移行期間でこの間にマークが変わることとなる。日本でこのピクトグラムのマークが普及されたのは前回の東京オリンピックがきっかけだという。その後も万博やサッカー日韓ワールドカップなどの大きなイベントの際にマークが増えていった。街中の案内だけでなく、外国人向けの地図のマークや記号も国際標準化された。これらの記号は去年のG7で外国の首脳や海外メディア向けに作られた地図にも使われた。こうしたマークや記号だけでなく、地名の英語表記も見直された。さらには山や川の英語表記も見直されたと説明。観光立国を目指す日本にとって外国人にも分かりやすい表示・記号にしていくのは大切だ。

2017年7月25日放送 16:50 - 18:10 NHK総合ニュース シブ5時(ニュース)
北朝鮮の核実験や、韓国・台湾での原発事故に備えて、原子力規制委員会が新たに長崎県対馬市の海栗島と、沖縄県与那国島の自衛隊基地に放射線量を測定するモニタリングポストを設置することがわかった。初めての試みとなる。大気中の放射線量に異常がないかを把握するのが目的で、早ければ年内に設置し、来年3月までに運用を始める予定。原子力規制庁の監視情報課は「国外の事象で飛んでくる恐れのある放射性物質の影響を、より早く正確に把握して対応につなげていきたい」とコメントしている。

2017年7月22日放送 11:59 - 14:00 TBS王様のブランチ買い物の達人
続いて一行は「ヨドバシカメラ マルチメディアAkiba」へ。
今回は海外旅行に興味を持ち始めた本田翼にノーミスで当てればボーナス2万円がもらえる夏の海外旅行 トップ5を当てまSHOW!!を企画。1位は去年にコナへの直行便が就航したハワイ、2位は女性同士の旅行が急増している台湾、3位はグアム、4位は根強い人気を持つ韓国、5位は多国籍文化を体験できるシンガポール。本田翼は見事、ボーナスチャンスに成功して2万円を獲得した。

2017年7月21日放送 21:00 - 22:00 NHK総合ニュースウオッチ9(ニュース)
韓国のKBSはきょう正午のニュースで、キム・ジョンウンが8日間公式の場に姿を見せていなく近いうちにICBMなどの発射実験の可能性があると指摘した。米政府の当局者は北朝鮮が今月初めにICBM大陸間弾道ミサイルの発射実験をした際とここ数日間よく似た動きが確認されいていることを明らかにし、2週間以内にICBM級の弾道ミサイルの発射実験に踏み切る可能性があるとしている。北朝鮮の朝鮮中央テレビではアメリカに宣言する、米国よお前自身を知れ、などと放送している。ハワイ州政府はICBM発射に備え、対応の指針を策定したことを明らかにした。速やかに警戒を呼びかける警報システムの整備や緊急の対処方法を説明する冊子の作成・配布することなどが盛り込まれている。ハワイ州政府のヴァーン・ミヤギ局長は脅威に応じた対策が必要だと話している。一方、韓国は北朝鮮に対話を呼びかけている。ムン・ジェイン大統領は今月ベルリンでいつでもどこでもキム・ジョンウン委員長を会う用意があると話した。韓国国防省は北朝鮮に対して、軍事境界線での敵対行為を中止したいとしていたが、国防省のムン・サンギュン報道官によると北朝鮮は一切反応を示していなく、韓国側は北が速やかに提案に応じることをもう一度求めるとしている。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.