[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「食中毒」 に関するテレビ情報

2017年1月12日放送 19:00 - 20:00 テレビ朝日
日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館 この時期ならではの事実25連発!!SP

1年で最も食中毒が多いのは一月。ノロウイルスなどで免疫が落ちやすい。
病院通路の天井の真ん中は明かりがないほうがいい。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月24日放送 19:57 - 20:54 フジテレビ世界の何だコレ!?ミステリーまさかこれで人が死ぬのか?ミステリー事件簿SP
ケニアの農村地帯で大勢が見舞われた症状の原因はカビだった。主食のウガリはトウモロコシの粉と水を練って作るもので、粉にカビが付着し気付かず食べてしまったという。カビには毒を作る種類が多数あり、食中毒を起こす可能性がある。実態を調べるべく吉成博士を訪ねた。ケニアのカビはアスペルギルス・フラバスで、亜熱帯・熱帯地域の土の中で発生するカビで、毒性が強く、幹細胞を死滅させる特性を持つという。
保管されている猛毒カビを見せてもらう。見せてもらったカビがひとつまみでも対内に入ると肝臓の組織破壊され死に至ることもあるという。このカビは水などで流しても毒だけ残り、100℃で焼いても残るという。

2017年5月22日放送 8:00 - 9:55 テレビ朝日羽鳥慎一モーニングショー羽鳥パネル
厚生労働省のデータによるアニサキスが寄生した魚を食べ実際に食中毒を起こした魚などを紹介し、食中毒に至る経緯を解説した。アニサキスをプランクトンが食べ、プランクトンを魚が食べる。その魚を人間が食べることになる。人間の胃の中はアニサキスにとって最悪の環境で、アニサキスが胃の壁を突き破ろうとした時に胃がアレルギー反応を起こし激痛を起こす。病院に行くと内視鏡で摘出されることになる。

2017年5月17日放送 15:50 - 19:00 TBSNスタトクする!3コマニュース
京都大学がユッケ復活に向け研究開発している。新工法カギは「ホタテ」。ユッケをめぐっては6年前に食中毒で5人が死亡、厚労省が生食用牛肉に新基準を設けた。馬肉などが代替メニューに使用されている。また基準をクリアするための施設が県内にないことから大分県では全てのユッケが消えるも先月兵庫県から仕入れ復活した。値上がりを解消するためこの店では自社工場など予定しているという。一方、いま漬けるだけで生食が可能になる水が注目されている。

2017年5月17日放送 8:00 - 9:50 フジテレビ情報プレゼンター とくダネ!小倉が斬るニュース
長野・豊野高等専修学校で調理実習中にニラとスイセンを間違えて食べたとして生徒ら14人が食中毒の疑いで病院搬送された。スイセンは誤食すると下痢や嘔吐などを引き起こしてしまうが、ニラとスイセンは見分けづらい。中毒事故は度々報告されており、政府が注意を呼び掛けている。担当者の教諭が実家に自生していたスイセンをニラを間違え今回の事態に至ったという。見分ける方法として臭いを嗅ぐことが大事。

2017年5月17日放送 5:25 - 8:00 TBSあさチャン!情報まとめ
きのう長野市の学校で食中毒のような症状を訴えた14人が搬送された。1人が重傷だが全員意識はあり命に別状はないという。調理実習でニラのスープを食べていたが、ニラは教員が採取したものでニラではなかった。生徒らの症状はスイセン中毒に似ており、警察が経緯を調べている。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.