[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「首脳会談」 に関するテレビ情報

2017年3月21日放送 4:00 - 4:25 フジテレビ
めざましテレビ アクア ニュースアクア400

日本とロシアは日露2+2や外相会談を行った。岸田外相は北朝鮮のミサイル問題について突っ込んだ議論を行ったと語った。また日露外相会談では4月下旬にロシアで首脳会談を行うことで一致したと報じた。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月25日放送 11:30 - 11:55 フジテレビFNNスピーク(FNNスピーク)
安倍首相がイタリア・G7へ出発。現地で日米首脳会談を行い、北朝鮮問題を議論する予定。メルケル首相に次ぐ出席数の安倍首相は、初参加のトランプ大統領と組んでリードを狙っている。具体的には、厳しい首脳宣言の採択だ。サミットではテロ対策・貿易問題なども焦点に。そしてマクロン新大統領とも初めて対話の予定。

2017年5月25日放送 5:00 - 6:00 NHK総合NHKニュース おはよう日本(ニュース)
ことしのG7サミットはイタリア南部シチリア島であす開幕、安倍首相はきょう出発した。今回のG7サミットでは北朝鮮やシリアなどの情勢への対応、テロ・暴力的過激主義への対策、世界経済などをテーマに2日間開催される。安倍首相がG7サミットに出席するのは6回目、ドイツのメルケル首相に続く回数になっている一方、アメリカのトランプ大統領やフランスのマクロン大統領ら4人が初参加となる。安倍首相は地球温暖化対策や難民・移民問題など欧米の首脳間で意見が異なる問題への対応で橋渡し役を担い、北朝鮮の弾道ミサイル発射・英国テロ事件を踏まえG7が結束し対応することの確認しメッセージを発したい考えである。安倍首相はサミットに合わせ、トランプ大統領とマクロン大統領と個別に首脳会談を行うほか、サミット閉幕後日本の首相として初めて地中海の島国マルタを訪問、第1次世界大戦に派遣された旧日本海軍将兵の墓地へ訪れることにしている。

2017年5月24日放送 0:10 - 1:00 NHK総合NHKスペシャル緊迫 北朝鮮 危機の深層
北朝鮮が核・ミサイルの開発を加速させたのは金正恩体制が発足してからで、アメリカではオバマ前大統領が政権の座についていた。北朝鮮との交渉に関わったのが元国務次官補のダニエル・ラッセル氏で、北朝鮮との交渉は難航を極めたと明かす。オバマ政権は2012年に核実験の凍結で合意したが、直後に金正恩氏が権力を継承し合意は破棄されるに至った。ラッセル氏によると金日成氏は妥協を決断する意思と力を有し、子息の金正日氏は交渉するフリをし、金正恩氏は交渉そのものを拒否したという。オバマ政権は核・ミサイル開発をやめようとしない限り、交渉しないという戦略的忍耐の方針を取ったが、北朝鮮は開発を急増させた。
国連安全保障理事会では北朝鮮の資金源を断つべく、資源の輸出、銀行取引の制限を強化するも開発は止まらなかった。北朝鮮は海外の中間業者、フロント企業を介して監視網をかいくぐり、闇のビジネスに関わる企業は500社にのぼるとされ実態は不透明。さらに中国では今月に入っても北朝鮮に向けて物資を運ぶトラックが長蛇の列をなし、積載物は「酸化アルミニウム」と記されていることから核やミサイル開発に繋がる化学物質と思われる。それでも実際に北朝鮮に持ち込まれたか確認することはできなかった。
天津外国語大学の姜龍範教授によると中国は北朝鮮が崩壊すればアメリカが国境まで迫ってくると懸念し、北朝鮮の存在は中国の安全につながっているという。そのアメリカではトランプ大統領が就任し、米中首脳会談では北朝鮮に圧力をかけるように習近平国家主席に迫った。さらにシリアの基地へ巡航ミサイルを発射し、軍事効力の行使を躊躇わない姿勢を見せている。先月には朝鮮半島付近に空母、カール・ビンソンを派遣し、米韓合同軍事演習も行なった。韓国軍情報司令部の元将校であるパン・ホヨプ氏は「オペレーション5010」について言及。同作戦は北朝鮮が核攻撃を仕掛けてくる兆候、意図を把握した時点で先制攻撃を行うものだという。

2017年5月23日放送 5:45 - 7:05 テレビ東京Newsモーニングサテライト日刊モーサテジャーナル
週末にG7首脳会談がおこなわれる。保護貿易のスタンスについてマーケットは注目している。アメリカの立ち位置が気になるところだ。

2017年5月23日放送 5:25 - 8:00 TBSあさチャン!600あさチャンNEWS
トランプ大統領の訪問でイスラエル側が注目したのは、ユダヤ教の聖地「嘆きの壁」を現職の大統領として初めて訪問したこと。イスラエル側の同行を断り、個人的な訪問の形をとったもののユダヤ教の帽子をかぶり壁に手を当てる姿は、イスラエルよりの姿勢を強く印象づけた。首脳会談ではイランとの核合意に冷えこんだ関係の修復が行われ、和平交渉再開に前向きな姿勢を示した。23日には、バレスチナ自治政府・アッバス議長と会談する予定。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.