[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「駒澤大学」 に関するテレビ情報

2017年1月12日放送 0:43 - 1:18 TBS
上田晋也のニッポンの過去問 荒れる成人式

今回のテーマは、2001年にマスコミに大きく取り上げられ、全国的に問題になった荒れる成人式。2001年の主な出来事を紹介する。ユニバーサル・スタジオ・ジャパンが開園、アメリカ同時多発テロ事件が発生、宇多田ヒカル「Can You Keep A Secret?」が大ヒットとなった。ゲストは荒れる成人式の考察を2014年に発表した駒澤大学・山口浩教授。流通経済大学・龍崎孝教授は「時代と共に変わってきたところを見ていると、成人式って何のためにやっているのか。VTRを見ながらもう1度考えてみたい」とコメントした。

住所: 東京都世田谷区駒沢1-23-1

URL: http://www.komazawa-u.ac.jp/

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年1月8日放送 16:10 - 17:00 日本テレビもうひとつの箱根駅伝もうひとつの箱根駅伝
1区では各校を牽制しあい20km付近まで団子状態のまま進んでいった。その後、東洋大学の服部弾馬がスパートするが東海大の鬼塚翔太が追随。1位で、たすきを渡したのは東洋大学。2位とは1秒差だった。区間3位と検討した武田凛太郎には最後の箱根の走りを見て欲しい人がいた。それは沿道に駆けつけてくれた父の淳一さんだった。淳一さんは「良い仲間に囲まれて幸せそうです」などと話した。

2017年1月4日放送 10:25 - 13:55 TBSひるおび!(ニュース)
箱根駅伝は往路が107.5キロ、復路が109.6キロで総距離217.1キロで、今年はコースに変更があったとのこと。青山学院大学が3連覇を達成し、往路・復路を制して完全優勝の3連覇は1937年の日本大学以来80年ぶりとのこと。さらに3大駅伝すべてを制したが、金さんによると3つの駅伝はそれぞれ求められる能力が違うから3つすべて制するのは相当難しいとのこと。
金さんによると、青学勝利のポイントは不安だった3区が「神」になったこと。3区を走った秋山選手は直前まで絶不調で、出雲や全日本ではメンバーから外れていたとのこと。原監督は「500%起用するつもりはなかった」と話していたが、「湘南の神になれる」と魔法をかけ、大博打に打って出たとのこと。その結果、3区区間賞の快走をみせ、2位から首位となった。
青山学院大学の7区を走った田村和希選手は脱水症状により突然の失速というハプニングがあった。金さんによると、もし棄権してしまったら、それまでの記録は残っても、それ以降の記録は残らないため、かなりヒヤッとする場面だったという。田村は去年の暮れに寝込んでいて体調は良くなかったが、前半はかなり速かったのでトップを守りきれたとのこと。
青山学院大学の去年に発表されたエントリー雹では下田裕太選手は補欠となっていた。しかし、当日の朝に下田が8区に起用されることが発表された。そして下田は2位との差を1分21秒から5分32秒に広げる走りを見せた。金さんによると、下田選手ははじめからエントリーされててもおかしくない実力の選手なので、何があっても対処できるように控えに回してたのではないか、とコメントした。また、下田選手は「出雲、全日本では僕が振るわず、田村に助けてもらった。田村がダメなら僕が走る。それが駅伝。」とコメントしたとのこと。
箱根駅伝のトークバトルが行われ、青学・原監督が参加した。青学の今年のテーマは「サンキュー大作戦」は3連覇と3冠、原監督9度目の箱根出場を語呂合わせしたもの。原監督は今回強いプレッシャーを感じていたとのことだが、選手にはプレッシャーを感じにないよう。お祭りに見えるように演出して紛らわせた、とのこと。また、「最近の若者はゆとり世代と呼ばれているけど、きちんと理解するまで教えていけば自ら進んで行動する。どう伝えるかが指導者の最良だと思う。」とコメントした。また負けた場合は「ソーリー!ソーリー!代作戦」といって頭を下げるつもりだった。さらに今後の目標について、東京五輪を目指せるランナーを育成していきたいと語った。

2017年1月4日放送 8:00 - 10:25 日本テレビスッキリ!!(特集)
参加21チームの第93回箱根駅伝。初日の往路は大手町をスタートし、箱根までの5区間107.5kmで争われる。レース序盤はスローペースだったが、4.7km地点で東洋大学・服部が前に出てスパートをかける。服部は現役日本人学生最速ランナーで終盤までレースを引っ張っていく。一方、梶谷は襷を気にしている様子だった。レース終了後、区間4位だった梶谷は思った以上に緊張せずにリラックスした状態でスタートラインに立てたとコメント。一方、服部は駅伝ファンに追いかけられて逃げるような姿が映し出され、梶谷もファンからサインを求められていた。

2017年1月4日放送 5:50 - 8:00 日本テレビZIP!(箱根駅伝)
おとといの第93回箱根駅伝では3連覇がかかっている青山学院大学が注目。1区では2年・梶谷瑠哉がつとめる。序盤ではお互いにけん制しあう動きがみられる。青山は1区を4位。2区では4年・一色恭志が走るも、拓殖大学・ワークナー・デレセがここで10人抜き。神奈川大学・鈴木健吾は大学史上初の2区トップでタスキリレーを記録。3区では4年・秋山雄飛が区間賞の快走で4区・森田歩希へタスキを託す。首位固めをした森田が5区へ託す。初出場の3年・貞永隆佑がフィニッシュを決め、青山学院大学は3年連続3回目の往路優勝。早稲田大学とは33秒差の5時間33分45秒。

2017年1月4日放送 4:55 - 8:00 テレビ朝日グッド!モーニング情熱まとめ グッド!スポーツ
スタジオに戻ってトーク。田中雅美さんは「現役選手から支える側になることは、気持ちの変化が大変だったんじゃないかと思う。出場した選手もそういった人たちの気持ちを感じたからこそ優勝できたんだと思う。」とコメントした。また、内田翼は大学卒業とともに陸上競技は引退し、社会人として新たなスタートを切るとのこと。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.