[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「髄膜炎」 に関するテレビ情報

2017年3月17日放送 19:00 - 19:56 TBS
爆報!THE フライデー あの人は今…大追跡SP

森昌子の子育て本がベストセラーとなり話題を集めるなか、子育ての過ちで苦しんだシングルマザー芸能人がいた。それが元アイドルの小川真澄、20頃の頃はコント番組「志村けんのだいじょうぶだぁ」にレギュラー出演、バラドルとして活躍した。1993年に所属していたパンプキンが解散、芸能界から姿をけした。
小川真澄は現在44歳、2度の離婚、3人の娘を抱え壮絶な子育てに直面している。タイヤ販売所の経理として働き、WEBページを作成する仕事も請け負っている。次女・凛佳さん(17)には知的障害があり人とのコミュニケーションが苦手、物事の判断が上手くできずパニックに陥る事もある。養護学校に通い、漢字の書き取りや掛け算などを学んでいる。生まれつき障がいがあったわけではなく、原因は小川真澄にあった。
小川真澄は1993年、21歳で芸能界を引退。バイト先で知り合った男性と結婚した。1999年の夏、赤ちゃんだった凛佳さんは39度を超える発熱、病院に行くと風邪だと診断された。ところが夜になっても発熱が治まらず、更に翌朝、病院に連れて行くと髄膜炎にかかっていることが発覚。2歳以下にかかりやすい病気でただの風邪だと勘違いすると最悪の場合は死に至る。緊急入院した凛佳さんは一命をとりとめたが、後遺症で知的障害を患った。髄膜炎は早期治療が必要、小川は翌日ではなく夜に病院に連れていけば後遺症は無かったと悔やんでいる。
凛佳さんの障がいがわかった頃、夫と子育てを巡り対立、2002年に離婚した。34歳で再婚するものの夫の単身赴任をきっかけに上手くいかなくなり、2度目の離婚。子ども3人を養うため、週6日の事務仕事、家では育児と家事に追われた。何より大変なのが凛佳さんの身の回りの世話、そんな日々を10年以上続けている。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年3月4日放送 10:05 - 10:55 NHK総合総合診療医 ドクターG一人の患者も見捨てるな!
研修医が60歳女性の病名を予測する。髄膜炎などの病名がでた。しかし、血糖値が高いことが合わないなどと話した。林先生は、診断学の王道からいくとこの血糖値を頬っておくのはおかしいと話した。
この血糖値をみて、高浸透圧高血糖症候群の病名が出た。極度の脱水症状を引き起こす。脱水をみるには、頸静脈の虚脱だという。横になると頸静脈がくっきりみえた。映像をみると、虚脱しているのがわかり脱水しているのがわかった。
治療について討論。この状態でインスリンを使うと血圧が落ちて死にかけることがある。まず、生理食塩水を入れないといけない、そのあと1時間後にインスリンを入れると話した。
女性に点滴で 十分な量の生理食塩水を投与するのに1時間かかる。救急救命の医師としてすべきことは何か。その間に他の患者さんを見なければいけないと話した。帰りたがっている45歳の男性を説得するにはどうすればいいかを討論する。
篠原ともえを患者として、CT検査の造影剤の同意書をもらうというシミュレーションを行った。これは、こういう症状を知ってほしいという同意書だという。患者の意見を受け入れる、○○させてもらっていいですか?という言い方にかえる、最悪の事態を想像できるように話すことに注意して説明をしたらよいと話した。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.