[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「高岡市(富山)」 に関するテレビ情報

2017年1月12日放送 2:30 - 2:55 NHK総合
所さん!大変ですよ あの“恐怖の鬼”が消えた!? in秋田

東京・小金井市の寺では除夜の鐘を辞めてしまった。その理由は、寺の工事の際に鐘の場所を住宅に近い所に移した結果、付近の住人から苦情が来たからだという。工事の後、あまりに住宅に近い場所に出来た鐘に付近の住民は懸念を抱いていた。そしてある日、夜中に住職が不在の時に、何者かが勝手に鐘を鳴らした結果、その音に驚いた住民が皆、家から飛び出した。結果、住民は「鐘をつかないでほしい」と寺に申し入れた。裁判所でも調停の結果、鐘を鳴らす場合は防音パネルを設置することで住民は合意した。
調べてみると、除夜の鐘対する批判が各地で寄せられていることが分かった。結果として富山・高岡市の鐘メーカーには、最近は「あまり鳴らないで欲しい」という依頼が舞い込むようになったという。これまで依頼は全て断ってきたというが、それでも静かな鐘を求める鐘の気持ちも分かるという。
静岡県牧之原市の寺では、かつては苦情により一旦は除夜の鐘を取りやめたが、1年前の大晦日に昼間に鐘を108回突いた所、苦情は皆無であり、今年は大勢の住民が「除夕の鐘」を突きに来ていた。住職は「もちろん苦肉の策。でもお寺の方も変化しないと」と語った。除夜の鐘の変更・中止をしたケースは去年だけで15か所以上存在したことが取材で判明した。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年2月19日放送 11:15 - 11:45 フジテレビミライ☆モンスター今週のミラモンメシ
今回は富山県高岡市。高岡市出身のアスリートといえば登坂絵莉選手。今回ミラモンメシを紹介するのは橋本陽菜。「富山弁きときととは何か」というクイズ。答えは新鮮。登坂選手のミラモンメシはいちもんめのお好み焼きぶた玉。お店のこだわりはクリームソースのような独自のマヨネーズ。酸味のあるさっぱり系のマヨネーズと甘めのソースは相性抜群。登坂選手は練習帰りに父と立ち寄ってテイクアウトして食べていたという。サインを置いてもらえた。

2017年2月9日放送 20:15 - 20:43 NHK総合所さん!大変ですよなぜか寺の参拝者が急増!?“世にも奇妙な像”の謎
富山・高岡市にある銅像メーカではアニメのキャラクター像も作っている。ここ数年、自治体から、アニメのキャタクターなどを銅像にしたいという依頼が増加している。社長の鉢呂克彦さんは「うれしい悲鳴ですよね」などと話した。

2017年2月7日放送 15:50 - 19:00 TBSNスタN探
KANAGUで販売されているはりねずみ、KAGO-スクエア-Lなどの商品はデザイン性が高く、人気を博している。これらは変幻自在の食器がインテリア業界に革命を起こしたと言われた能作の作品で、今では年間10億円売り上げるほど。能作の工場は今となっては活気に溢れているが、昔は真逆の環境だった。400年の歴史を持つ高岡銅器は日本全国の約7割の釣鐘を生産している。鋳物は溶かした金属を型に流し込み、同じ形のものを作る伝統的な技術で幅広い商品を世に送り出してきた。しかし、銅の売上高はピークの3分の1まで落ち込み、さらに当時の鋳物職人の職場環境も劣悪だった。その後、会社の経営を任されるようになった社長は新たな道を目指すべく、ハンドベルを作ったが、売れなかった。しかし、ある店のアドバイスがきっかけで風鈴を作り、ハンドベルの100倍にも上る売上を記録。そして世界初のスズ100%の食器を作った際に仕事仲間から曲げて使えばいいんじゃないですかという一言で曲がる器を作ろうと考えたのが曲がるシリーズの原点となった。今では都内のレストランでも曲がる食器が愛用されており、一昨年の新入社員面接で今井さんが職人に憧れを持ったという人が現れ、社長は嬉しかったと語る。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.