[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「高村副総裁」 に関するテレビ情報

2017年4月21日放送 19:00 - 19:30 NHK総合
NHKニュース7 (ニュース)

女性問題で経済産業政務官を辞任した中川俊直衆院議員。きょう午後、自民党を離党した。二階幹事長は、記者団からの「野党側は中川議員の議員辞職を求めているが」との質問に対し、「与党として適切な判断をしたと考えている」と述べた。野党側は、追求を強めている。菅官房長官は、「国会議員として自身で判断したのだろうと思う」と話した。
中川議員は、父親に中川秀直元官房長官をもつ。5年前に初当選し、現在は2期目。5年前の選挙で、自民党は300近い議席を獲得して政権に復帰しているが、この時に初当選した議員約100人の中から、問題になる議員が相次いでいる。去年9月、内閣府政務官として台風の被災地を訪問した務台俊介衆院議員は、長靴を持っていなかったため内閣府職員に背負われて水たまりを渡り、批判された。先月のパーティーでは、「長靴業界はだいぶもうかったのではないか」と発言。これにより政務官を辞任した。また去年2月には、女性問題を週刊誌で報じられた男性議員が議員辞職に追い込まれ、一昨年8月には、武藤貴也衆院議員が金銭トラブルを報じられて離党している。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年7月23日放送 18:00 - 18:55 日本テレビ真相報道バンキシャ!(ニュース)
安倍総理はこれまでに菅官房長官、麻生外務大臣、二階幹事長、高村副総裁らを留任させる見通し。一方で稲田防衛相や国会答弁が批判を浴びた金田法相、加計問題で追求された山本地方創生担当相は交代するものとみられている。注目されるのはポスト安倍と目される岸田外相の人事。閣内に留まって禅譲を待つか、党の役職などに移り次の総理を目指してファイティングポーズを取るのかで次の展開を占うことになる。小栗氏らの取材では、安倍総理は岸田氏に執行部という言葉を伝えたとのことだが、党三役か外務大臣留任なのかは決まっていないという。

2017年7月20日放送 10:25 - 13:55 TBSひるおび!(ニュース)
和泉氏の国会出席は初めて。総理と前川氏の同時出席も初となる。安部総理はきのう、麻生副総理や自民党の高村副総裁ら政権幹部と会食。閉会中審査について「やるからには国民がわかったというまで徹底的にやればいい」と強調したと報じている(読売新聞)。

2017年7月14日放送 15:50 - 19:00 日本テレビnews every.(ニュース)
国会記者会館から中継。加計学園問題で自民党が集中審議に応じる姿勢を示した。自民党内には「集中審議に応じ首相が丁寧に説明する姿勢を見せるべき」という意見と「いくら否定しても水掛け論で疑惑が深まったと言われるだけだ」という意見がある。今後は与野党の時間配分や参考人について検討していく。首相周辺は前川前次官が加計問題のキーマンと指摘する和泉首相補佐官を出席させる方向だ。安倍総理が検討している内閣改造では、金田法務大臣などの更迭が予想されている。しかし小泉進次郎議員の抜擢には慎重なようで、麻生財務相・菅官房長官・二階幹事長・高村副総裁は留任の模様。与党内からは「小手先の人事では苦境を乗り切れない」という声もある。

2017年7月14日放送 13:55 - 15:50 TBSゴゴスマ〜GOGO!Smile!〜(ニュース)
安倍首相は来月早々に内閣改造に踏み切る考えを示すと同時に麻生副総理・菅官房長官を留任する見通しを示している。党幹部は今後、二階氏の幹事長続投について意向を固め、最終的に調整が進められていることを示唆。また高村副総裁も留任の見方が強まっていて、岸田文雄外相もポスト安倍を意識した発言を展開している。岸田外相と同じくポスト安倍と目される石破茂前地方創生相は安倍政権と距離を広げる発言を繰り返している。

2017年7月13日放送 15:50 - 19:00 TBSNスタ(ニュース)
安倍首相は支持率が急降下する中、政権基盤を強化するため内閣改造に踏み切る意向で、「骨格はころころ変えるものではない」と麻生太郎副総理などは留任の見通しだ。一方で党役員人事では二階俊博幹事長の続投が固まっている。さらに高村副総裁も留任の見方が高まっている。こうした中で去就が注目される岸田文雄外相は”ポスト安倍”を意識した発言を繰り返している。自らの去就については沈黙を続けているが、派閥幹部からは「総裁選に向けた準備を進めるべき」との声も上がっているが、留任要請を受けたら断れないんじゃないかという。今日の派閥会合では安倍政権を支えると強調するも難しい決断を迫られている。
一方でもう1人の”ポスト安倍”、石破茂前地方創生相は党執行部に対し都議選の歴史的惨敗の総括を速やかに行うべきよう求めるなど、安倍政権と距離を広げる発言を繰り返している。入閣要請があっても石破氏は閣外に留まるという見方が優勢だ。自民党各派が様々な思惑を秘めて動き出す中、政権浮揚に向け安倍首相はどのような陣を敷くのだろうか。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.