[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「高知市(高知)」 に関するテレビ情報

2017年1月12日放送 0:43 - 1:18 TBS
上田晋也のニッポンの過去問 荒れる成人式

TBSのニュースライブラリで「成人式」での事件を検索すると、最も古いものは1996年、神奈川・茅ヶ崎市の成人式会場で、新成人同士のトラブルが原因で殺人事件が発生し、逮捕者が出たというものだった。同じ年、宇都宮市では成人式の記念撮影の際、新成人の男性がカメラマン助手に注意されたのに腹を立て、殴るなどしてケガを負わせたという事件があった。どちらも成人式の事件ではあったが、「荒れる」という表現はされなかった。その後、「荒れる成人式」が毎年、取り沙汰されるようになる事件が起こる。2001年、高知市の成人式で当時の橋本大二郎県知事が、騒ぐ新成人を一喝。後日、新成人が謝罪する騒動になった。同じ年、高松市では新成人が市長に向けてクラッカーを鳴らして逮捕されるという事件も発生した。共通するのは、攻撃対象が新成人を祝う側の人ということだ。その後も2002年には那覇市で新成人が警察と衝突し、7人が逮捕。2003年、埼玉・新座市では警察官に職務質問された新成人が違法駐車していた車を急発進させて逮捕された。2004年、静岡・伊東市では祝辞を述べる関係者を無視して壇上に上がった新成人が、垂れ幕を引きずり下ろして成人式を妨害し、刑事告訴される事態となった。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月23日放送 23:30 - 0:25 フジテレビユアタイム〜あなたの時間〜(ニュース)
高知市の西武クリニック職員が医師法違反の疑いで逮捕された。男は医師免許を持たない偽医師でありながら、去年2月に49歳女性に麻酔注射を打ち、二重まぶたの美容整形手術を行った疑い。今年2月、男は取材に対し、「名古屋市の病院で12年間病院事務をやり、見よう見まねで行った」と話した。2005年から医師として10年間で100人以上を手術したとみられる。容疑者に注射を受けた女性は「大きい手術も勧められたがこの人にされるのは嫌だったので断った」とした。また西武クリニックオーナーも医師法違反の疑いで逮捕された。

2017年5月23日放送 16:50 - 19:00 フジテレビみんなのニュース(ニュース)
医師法違反の疑いで逮捕された西部クリニックの職員の男は医師免許を持たないニセ医師にも関わらず、去年2月49歳の女性に麻酔注射を打ち二重まぶたの美容整形手術を行った疑いが持たれている。逮捕前のインタビューでは「医師免許はない」、「カルテは私が書いていた」、「医師と名乗ることもたまにあったと思う。」、「技術は見よう見まねで覚えた。」、「ご迷惑をかけて申し訳ない。」などと述べていた。容疑者は医学部のない大学を卒業後、会社員やタクシー運転手を経験し12年間名古屋の病院で事務職員を行い、医師の手術を見てきたと言う。そして2005年から務める西武クリニックで医師を名乗り、見よう見まねで10年間に100人以上の手術を行っていたとのこと。また、ニセ医師と知りながら医療行為をさせていたとしてクリニックのオーナーも今日医師法違反の疑いで逮捕された。余罪を調べている。

2017年5月23日放送 15:50 - 19:00 TBSNスタトクする!3コマニュース
「テロ等準備罪」法案は、先週金曜日の衆院法務委員会で、自民・公明・維新の3党が野党の反対を押し切り法案の採決を強行し可決された。けさの会見で、金田法相は「丁寧な説明を尽くして参りたい」と話していた。一方、民進党の蓮舫代表は「不明な点があるにもかかわらず何が審議十分なのか」と反発した。法案は可決され衆議院を通過したが、与党が目指していたあすの参議院入りは、与党の反発から見送られた。

2017年5月23日放送 11:30 - 11:55 フジテレビFNNスピーク(FNNスピーク)
医師免許なしに美容整形をしたとして、高知市の美容外科のクリニックの男とそのオーナーの男を逮捕した。FNSのインタビューで医師免許無しでどのように手術したのかの質問に「見よう見まねで覚えた」と答えていた。この男は名古屋市の病院で事務職として勤務した経験をもとに見よう見まねで10年間に渡り100人以上整形手術をしたという。高知県警は余罪について調べている。

2017年5月20日放送 9:55 - 10:00 テレビ朝日幕末探訪幕末探訪
高知市の中心にそびえ立つ高知城は、江戸時代につくられた天守が今も残っている。幕末期、この城の城主だった土佐藩 15代藩主・山内容堂は、幕政にも関わった幕末の重要人物。今から150年前、将軍・徳川慶喜に大政奉還を進言し、明治維新のきっかけを作った人物。銅像が盃を手にしているほどの酒好き。この盃の実物が、高知城歴史博物館に残されている馴鹿彫刻玻璃のギヤマン杯。酒をこよなく愛し国を動かすほどの豪快な殿様だが、江戸にいる頃詠んだ漢詩「夕暮れ曲」からは、容堂の繊細さが感じられる。「酔えば勤王、醒めれば佐幕」と揶揄された政治思想にも、その二面性は現れている。江戸時代の天守のまま近代化した町にそびえる高知城は、そんな容堂の姿に重なる。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.