[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「高血糖」 に関するテレビ情報

2017年5月16日放送 19:54 - 21:48 テレビ朝日
たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学 健康寿命をのばす最新!2つの老化ストップ法

サーチュイン遺伝子活性化のポイントは食事をとっていない絶食時間の長さにあった。体内に栄養が入ってこない時間が長く続くとサーチュイン遺伝子が飢餓状態だと判断し糖分が体内に入ってくる量がいつもより多く細胞内に取り込もうとする。部員達の絶食時間は17時間だが、竹石先生の絶食時間は11時間しか空いていなかった。部員達のように長い絶食時間がある事が体内のサーチュイン遺伝子を活性化し炭水化物を食べても血糖値が上がりにくい身体を作っていた。
古家大祐先生のおすすめサーチュイン遺伝子を活性化させる簡単食事法紹介。方法は「夕食の時間を早めにする」だった。古家先生はサーチュイン遺伝子は体内時計で夜の時間帯に活性化すると解説した。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月16日放送 19:54 - 21:48 テレビ朝日たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学健康寿命をのばす最新!2つの老化ストップ法
血管の中を流れる血液の映像を見てみると、増えすぎた糖分で血液がドロドロになっていた。これが健康寿命をおびやかす高血糖という状態。高血糖は食べ過ぎや運動不足によって糖分が血液中に過剰にあふれている状態。放っておくと血管の内側が傷つき血管の老化が促進される。その結果、心筋梗塞などを引き起こし生死に関わる場合も少なくない。こうした高血糖状態の日本人は約2000万人、6人に1人、60代以上は3人に1人の割合でいる。全身の血液量は約4リットル。そこに含まれる糖分の量は健康な人の場合、角砂糖1個分(約4g)。糖尿病(II型)になると糖分は角砂糖1個半(約6g)まで増える。このわずかな量が身体に大きな悪影響を与えてしまう。糖分は米や食パンなど炭水化物に多く含まれる。血糖値を上げないためには糖分が多いものを食べ過ぎない、ゆっくり食べる、野菜から食べる、運動をするといった方法が推奨されてきた。だが、これらの方法に頼らず誰でも持っている遺伝子で血糖値を改善する最新の方法がある。それが高血糖ストップ遺伝子。
ウィスコンシン州にあるウィスコンシン大学医学部は血液をサラサラにする薬「ワーファリン」を作りiPS細胞やES細胞など再生医療研究で医学賞を多数受賞するなど医学の分野で世界をリードしている。この大学の研究チームでは合計76匹のサルを2つのグループに分け普通に飼育したサルともう一方は高血糖ストップ遺伝子を活性化して育てた。研究がスタートしたのは28年前。普通に飼育したサルはほとんどが高血糖で27歳のオス、マチアス君は歳のせいで毛並みもぼさぼさで覇気がない。高血糖ストップ遺伝子を活性化させたグループは血糖値はほとんど上昇しておらず30歳のオス、ルディ君は年上にもかかわらず毛並も立派で表情も凛々しく食欲旺盛。動きも活発だった。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.