[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「鵜住居地区防災センター」 に関するテレビ情報

2017年4月21日放送 16:50 - 19:00 テレビ朝日
スーパーJチャンネル (ニュース)

東日本大震災で推定162人が死亡・行方不明になった岩手県釜石市にある鵜住居地区防災センターは津波発生時の本来の避難場所ではなかった。しかし、多くの人が駆け込んだ理由について、遺族側は日頃の避難訓練で防災センターを使用し住民らの誤解を生んだと主張している。建物何には避難室と呼ばれる部屋も準備されており、原告側は紛らわしい名称などの様々なことから誤解したとした。一方、市側は避難訓練では地元の要請に応じてやむを得ず防災センターの使用を認めたと主張。盛岡地裁は市は震災前から本来の避難場所の名称や場所を周知していた、防災センターを避難場所だと住民に誤解させたとは言えないと指摘、1億8千万の損害賠償を求めた遺族の訴えを退けた。市長は市の主張が認められたものと考えている、しかし防災センターで多くの方が亡くなっているのは事実で遺族の心情を思うとこうした事態になったことは誠に残念と話した。しかし、震災後遺族はこれからの自治体の防災を考えても許しがたい判決であると懸念した。

住所: 岩手県釜石市鵜住居町15-17-7

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年4月21日放送 21:54 - 23:10 テレビ朝日報道ステーション(ニュース)
東日本大震災で162人が死亡・行方不明になった釜石市の「防災センター」。本来は避難場所ではないが、避難訓練で使われて誤解していた住民も沢山いた。そこで遺族2組が避難場所を周知しなかったなどとして釜石市に損害賠償を求めた裁判で、盛岡地裁は訴えを全面的に退けたと報じた。遺族1組は控訴する考えだと伝えた。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.