[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「鶴竜」 に関するテレビ情報

2017年3月21日放送 6:30 - 7:00 NHK総合
NHKニュース おはよう日本 (おはスポ)

大相撲春場所の主な取り組みを伝えた。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年3月29日放送 22:50 - 23:15 NHK総合大相撲新時代!稀勢の里 新横綱・激闘の15日間新横綱 稀勢の里 激闘15日間の記録
3月12日、大阪府立体育会館で春場所が始まった。稀勢の里は豪風と取り組みをして勝った。稀勢の里は「平常心で毎日やれば常に引っ張らないし、いいこともある」などと話した。2日目以降も、白星を重ねて、12連勝した。芝田山親方は「やっぱり新横綱という立場、横綱は負けちゃいけないんだという、そういった精神力からくる気力で戦ったと思います」などと話した。
隆の里だった鳴戸親方は稀勢の里に平常心の大切さを教えた。鳴戸親方は「何事にも動じない精神、これを早くつかんでほしい」などと話していた。
13日目、稀勢の里は日馬富士と取り組みをして、負けた。その時、左の肩を痛めて、病院に向かった。病院には田子ノ浦親方が駆け付けた。
3月25日、田子ノ浦部屋宿舎に報道陣が詰めかけた。朝稽古に稀勢の里の姿はなかったが、この日、稀勢の里は強行出場した。稀勢の里は「朝よかったから出場しました」などと話した。
14日目、稀勢の里はテーピングをして土俵入りし、鶴竜と取り組みをして負けた。3月26日の朝、稀勢の里は稽古場に姿を現して、体を動かした。千秋楽、稀勢の里は照ノ富士と取り組みを行って1勝し、優勝決定戦にもちこんだ。稀勢の里は取り組みを振り返り、「なんとか足は元気ですからね、足でなんとかしようという気持ちで」などと話した。
稀勢の里は優勝決定戦で再び照ノ富士と取り組みをして勝った。稀勢の里は優勝時のインタビューで「苦しかった分うれしいです」などと話した。
稀勢の里は「ケガして勝ったことで喜んでもらってますけど、本当はケガをしない体、万全の状態で相撲を取ることが僕の務め。ああいう相撲にしかならなかったのは自分でも悔しい」などと話した。

2017年3月28日放送 12:30 - 13:45 テレビ朝日ワイド!スクランブルゴゴイチ番ニュース
芝田山親方は稀勢の里について、内容は修正すべき箇所があるが横綱としては合格点だと思う。怪我をしたが気力で乗り切ってくれた、等とコメントした。また、14日目の鶴竜戦を見て優勝は難しいと思っていた、等とコメントした。稀勢の里は13日目に日馬富士に負け初黒星を喫した。この際、左肩付近に怪我を負った稀勢の里はきのうの会見で、15日間万全な状態で務める上げるというのが横綱の使命。怪我をした自分が一番悪い、等と話した。芝田山親方は13日目の日馬富士戦について、日馬富士の相撲が良かった、等とコメントした。また、対戦後に稀勢の里が痛がっていたので心配した、等とコメントした。稀勢の里は春巡業について、巡業に出るのも僕の使命だと思うので、行けるのであれば出る、等とコメントした。芝田山親方は、確かに悪いと思うが休む程ではないと思う、等とコメントした。稀勢の里は15日目に照ノ富士に勝利し同率首位となった。稀勢の里は、上がダメなら下でやる。下半身の出来はすごく良かった、等とこの試合を振り返っている。芝田山親方は、横綱の気力が見えてきたと言っている。稀勢の里が話していた下半身の強さを活かせた事が勝利の要因では、等とコメントした。そして、優勝決定戦でも勝利して優勝した稀勢の里は、最後は気持ちだけでいった、等と振り返った。芝田山親方は、とにかく自分のやれる事は全部やろうという執念が伝わった、等とコメントした。昨日の会見で稀勢の里は、プレッシャーはなかった。自分自身に勝つ事を考えた、等と振り返っている。

2017年3月28日放送 11:55 - 13:45 フジテレビバイキング今週のニュースな7問
大相撲春場所で、12連勝していた稀勢の里。13日めに、試練が訪れた。日馬富士との対戦で黒星となり、救急車で搬送された。翌日は強行出場。鶴竜に敗れ2杯め。稀勢の里の優勝の条件は、千秋楽て照ノ富士に二勝しなければならない。牛久市役所にはたくさんの人々の姿。一戦目を突き落とし勝ち、そして優勝決定戦でも勝ち優勝。牛久市役所の人々は歓声をあげた。貴乃花以来、22年ぶりの快挙。泣かないと決めていたと語ったが、稀勢の里は男泣き。

2017年3月28日放送 5:25 - 8:00 TBSあさチャン!みんなのスポーツ
稀勢の里についてスタジオトーク。元横綱の言い伝えである「感情を表に出すな」「やせ我慢してでもそれを見せないのが力士」などの言葉を守りぬいた稀勢の里について夏目さんは「痛みを隠してると思うけれど、新横綱の存在は大きいですね。」など話した。14日目で横綱・鶴竜戦のあと、治療に来てほしいとトレーナーである國藤さん連絡し、2時間の治療をし千秋楽で優勝決定戦にのぞんだ。4月2日~30日は春巡業・5月14日に夏場所初日。

2017年3月27日放送 23:30 - 0:25 フジテレビユアタイム〜あなたの時間〜(スポーツニュース)
感動の逆転優勝を果たした、新横綱の稀勢の里。最大のライバルである日馬富士戦、土俵したに落ちたときに左腕を負傷するまさかの展開となった。この時、苦悶の表情がケガの重さを物語っていた。壮絶な戦いを終え、稀勢の里の目には涙が浮かんでいた。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.