[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「WBC」 に関するテレビ情報

2017年3月21日放送 5:25 - 8:00 TBS
あさチャン! あさチャン!スポーツ

いよいよ明日、WBCの準決勝が行われる。後ほど石井アナウンサーが最新情報をお伝えする。

URL: http://www.wbc2017.jp/

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年7月15日放送 23:00 - 23:55 テレビ東京SPORTS ウォッチャーHuman Watcher
今日のオールスターのオールパシフィックの先発は則本昂大。球界を代表するピッチャーへと進化を遂げた飛躍の理由とは。楽天の則本昂大は、6月8日のDeNA戦で8試合連続二桁奪三振を達成し、日本記録を更新し世界記録に並んだ。インタビューでは、正直なことを言えば10個目を筒香から取りたかったと明かした。海の向こうのダルビッシュも大絶賛。チームの快進撃を牽引する則本だが、その野球人生は順風満帆ではなかった。プロは愚か、甲子園とも無縁の高校時代で、一般入試で進んだ大学では、入学直後に廃校を告げられた。そして今年野球人生最大の舞台で味わった屈辱。しかし菅野の存在が失意の則本を蘇らせた。悩みぬくことで成長してきた男の意外な素顔に迫る。則本昂大はプロ5年目で2013年新人王。
今年1月のオフの日を特別に撮影させてもらった。釜田佳直ら後輩を引き連れてやってきたのはカラオケボックス。歌声は見事なものでその採点の結果は91点。滋賀県に生まれ親戚のすすめで野球を始め、高校は甲子園に縁がなく無名の選手だった則本。転機が訪れたのは大学時代。一般入試で三重中京大学に入学した則本だが、恩師の中村好治監督が当時の印象を教えてくれた。「入学したときは3番目の投手だった」という。しかし誰よりも抜きん出ているものがあった。同級生捕手の法本剛弥は「負けず嫌いなところがあった」、中村好治監督は「彼は負けず嫌い」というように、則本は自他ともに認める負けず嫌いで、下半身を徹底的に鍛え上げた。小さな体で速い球を投げるためには何が必要なのか、自らの投球を何度も見つめ直した。そして腕のふりを最大限に生かすため高く挙げていたヒジの位置を下げた。急成長を遂げた則本は、当初の評価を覆しチームに欠かせない選手になる。だがその後、更なる試練が待ち受ける。則本の入学直後大学は翌年以降生徒を募集しあないと発表し、廃校になることが告げられた。不遇な環境は団結力を生み、そしてチームは強くなっていく。少数精鋭で切磋琢磨したチームは地区大会を勝ち上がり全日本大学野球選手権に出場。対するは大阪体育大4年で現オリックスの松葉貴大で彼を目当てにスカウトたちが集結していたが、スカウトたちの視線を釘付けにしたのは則本だった。1試合で20奪三振で大会記録を塗り替え強烈なインパクトを残した。
念願のプロ入り後、2014年11月日本代表初選出。そして今年、野球人生最大の舞台を経験することになる。ワールド・ベースボール・クラシックで則本の活躍を誰もが期待していた。しかし、自慢のストレートはことごとく弾き返され、最高の舞台で最大の屈辱を味合うこととなった。帰国後「自分はまだまだ甘かったと痛感した」という則本。史上最強と謳われたアメリカ打線相手に絶対負けない試合を負かされた日本のエースの菅野智之の姿には驚きの連続だったという。則本は菅野について「プロの世界でもあそこまでの向上心の高い人はそういない」と語った。WBCで感じた自分の甘さは糧となり次の舞台で生かされる。雪辱を誓い迎えたシーズンで則本は自らのピッチングを見つめ直していた。則本の見つめるタブレットの中には数々の投球データが入っている。このデータを収集するのは楽天がいち早く導入したトラックマンという機械。チーム戦略室の岩上貴紀は、則本について「本人の向上心がすごいのでとにかく登板ごとに何かをやっている」と語る。則本はデータを見返す中でWBCではリリースポイントが不安定だったとし帰国後、細かく分析し球威の向上を目指した。則本最大の武器のストレートは今年自己最速の157キロをマーク。則本は「現状に満足することはこれからもないと思う」といい、「変化を恐れていてはその先は見えてこない」「変化を恐れずいろんなことにチャレンジしたい」とかたった。
そんな則本の姿を誰よりも評価するのが菅野智之。菅野は我々のカメラに度々、則本に対する思いを口にしてきた。「則本は特別に尊敬している選手」だといい、変化する勇気を持っているとたたえた。則本は、この記事が乗った「新聞を見て嬉しかった」と笑う。そして「常に菅野さんの成績、投球はチェックしている」と明かした。世界記録に肩を並べても尚、則本には目指すべきものがある。それはWBCでみた菅野の姿で、「チームが苦しい時にそのチームを助けられる選手になりたい」といい「ここ一番の試合を任されるというのはそれほど選手にとって幸せなことはない」などと話した。

2017年7月13日放送 5:25 - 8:00 TBSあさチャン!みんなのスポーツ
フロリダのマーリンズ・パークで行われたオールスターゲーム、ア・リーグvsナ・リーグの試合は2-1でア・リーグが5年連続で勝利。アーロン・ジャッジ選手とマックス・シャーザー投手の対戦ではジャッジがスライダーで三振。ヤディアー・モリーナ捕手は金のマスクとプロテクターを纏い、試合中にジョー・ウェストとクルーズを記念撮影。クルーズはウェストの大ファンだった。ロビンソン・カノ選手が延長10回表で決勝ホームランを決め勝利が決定し、8度目の出場で初MVPを獲得した。カノは試合後、家族やシアトルのファンのためにも勝ててよかったなどと語った。

2017年7月12日放送 4:30 - 5:00 NHK総合NHKニュース おはよう日本(スポーツニュース)
東京五輪の野球代表監督について稲葉篤紀氏と交渉が進められていることが明らかになった。稲葉氏はヤクルトで3回の日本一に貢献し、日本ハムでは2000本安打を達成した。日本代表としても五輪やWBCに3回出場した。今年3月のWBCではバッティングコーチを務めた。強化委員会は国際大会の出場経験などから、候補を一本化し、稲葉氏も就任に前向きの姿勢。

2017年7月11日放送 4:25 - 5:25 フジテレビめざましテレビ アクアスポーツ紙イッキみせ
侍ジャパンの次の監督有力候補に稲葉篤紀が浮上。2014年限りで引退した稲葉は選手といsて2008年の北京五輪と2009年と2013年のWBCに出場。豊富な国際経験と指導力が評価されている。2020年の東京五輪で金メダルを目指す侍ジャパンは現在は強化委員会による交渉作業が進められている。候補の中から監督が今月中に最終決定される。(スポーツニッポン)

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.