[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「38ノース」 に関するテレビ情報

2017年4月21日放送 19:00 - 19:30 NHK総合
NHKニュース7 (ニュース)

北朝鮮の創設記念日が25日に迫る中、世界でさらなる懸念と緊張が高まっている。長崎県の佐世保基地では今朝、海上自衛隊の護衛艦「あしがら」と「さみだれ」が出港。朝鮮半島周辺地域に向け航行の米空母と合流し共同訓練を検討している。共同訓練の狙いについて元海将は「日米の関係がしっかりしていることを政治的に見せる一つの軍事的手段。」と述べた。北朝鮮は去年軍の創設記念日の2日前にSLBMを1発発射しており、今月16日に撮影された核実験場で、アメリカの研究グループは「バレーボールの試合が行われているようだ。」として核実験場が待機状態に入った可能性を指摘する一方、ピョンヤンからの命令が下ればいつでも6回目の核実験を行える状況に変わりないとしている。政府は今日、都道府県の危機管理担当者に臨時の説明会を開き、弾道ミサイルが落下した際住民が取るべき行動について説明した。内容は、屋外ではできるだけ頑丈な建物や地下街に避難するか物陰に身を隠すこと、屋内では窓から離れるか窓のない部屋へ移動することなど。また総務省消防庁の担当者は「弾道ミサイルが飛来するおそれの場合Jアラートを通じ直ちに情報伝達すると説明、その上で弾道ミサイルを想定した住民の避難訓練を政府と協力し早期に行うよう要請した。
国連の安全保障理事会は16日の弾道ミサイル発射を受け、北朝鮮を避難する声明を全会一致で発表。当初アメリカが作った草案で「朝鮮半島の非核化と平和的解決目指す」とする部分で「対話を通じて」とする文言が削除され、ロシアが意義を唱えた。その後の調整でアメリカがロシアの主張を受け入れ、「対話を通じて」という文言が加えられた。ヘイリー国連大使は「誰もミサイル発射や核実験を望んていないと明確にした。制裁や他の手段の検討もあり得る。」と述べた。一方トランプ大統領は「習主席を尊敬している、この問題に懸命に取り組むと確信する。」として制裁徹底などで北朝鮮に圧力を強めるよう中国に一層対応を促した 。岸田外務大臣は今日の衆院外務委委員会で韓国側の警戒態勢について「現時点で韓国軍の警戒等のレベルが上げられたということは承知しておらず、 平素の体制が維持されていると説明を受けている。」と述べた。北朝鮮の核ミサイル問題については来週25日に東京で日米韓3か国の政府高官による協議が行われることになった。6か国協議で首席代表を務める3人が、北朝鮮情勢に関する認識共有し連携を確認していく方針。

URL: http://38north.org/

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年7月15日放送 16:30 - 18:00 テレビ朝日スーパーJチャンネル(ニュース)
北朝鮮の核施設の衛星画像を分析しているアメリカの研究グループ「38ノース」は核兵器の原料となるプルトニウムが増産された可能性があるという見方を示した。そして「北朝鮮の核兵器の保有量がさらに増えるかもしれない」と懸念を示した。

2017年7月13日放送 10:25 - 13:55 TBSひるおび!(ニュース)
アメリカの北朝鮮分析サイト38ノースは10日、「北朝鮮の大陸間弾道ミサイルの開発が更に進めば今後1年~2年以内に核弾頭を搭載しアメリカの西海岸を射程に入れる可能性がある」との考えを示した。またアメリカの国防総省は11日、THAADによるミサイル迎撃実験を行い成功したと発表した。北朝鮮を牽制する動きが見られた。北朝鮮はICBMの発射を祝って連日のように祝賀行事を行っている。おととい党や軍の幹部、ICBMに関わった科学者などが招待された宴会の模様が伝えられ、130日ぶりに李雪主婦人が姿を見せた。李雪主の動静が伝えられたのは3月に行われた植樹の行事以来となる。この時は仲睦まじい様子が流されたが、宴会の映像では表情が固く目を合わせていない様子が映されている。また昨日の放送では一般向けの放送を3日連続で公開している。

2017年7月12日放送 15:50 - 19:00 TBSNスタ(ニュース)
朝鮮中央テレビではICBMの発射実験成功を祝う公演会に出席した金正恩、その妹の金与正氏、その妻である李雪主氏が映っていたが李雪主氏は正恩氏の公開活動に同行した回数が年々減少しており不仲説がささやかれていた。ICBM発射の最大の功労者である張昌河国防科学院院長や、金正植副部長は故・金日成主席の命日の際に正恩氏の両隣を固めるなど、連日の祝賀行事では科学技術者たちをねぎらっている。分析サイト「38ノース」では北朝鮮の大陸間弾道ミサイルの開発が更に進めば今後1、2年以内に核弾頭を搭載してアメリカの西海岸を射程に入れる可能性があるとし、国家情報院では弾頭部を大気圏に再突入させる技術は未確立だとの分析結果を明らかにしている。そしてアメリカの国防総省では、北朝鮮が開発中の中距離弾道ミサイルに見立てたTHAADによるミサイル迎撃実験を行い成功したと発表している。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.