[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「4K」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 5:00 - 6:00 フジテレビ
新・週刊フジテレビ批評 ? ハテナTV

去年4月に発生した熊本地震で大きな被害を受けた熊本市の熊本城。地震の8日後に初めてドローンにより撮影された映像では、地上からでは確認できない深刻な被害の状況がつぶさに浮かび上がった。先々週放送した栃木・足利市の大藤棚もドローンによる撮影。この映像はフジテレビの中村龍美カメラマンの撮影。この日、中村カメラマンが向かったのは、フジテレビの1階でここでドローンの練習をしていた。室内で練習しているのは航空法の改正でドローンなど無人航空機に対し細かく飛行ルールが定められたため。許可なく飛ばせなくなったドローンだが、テレビの報道取材においては定められたルールに則って練習することにより事前の申請が免除されることになった。
これまでにどのような現場でドローンが使われてきたのか。2015年に千葉でおきたスクラップ工場での火災現場で、ドローンを使うことでヘリよりも低い高度でより火災現場に接近できる。袋田の滝を撮影したのも中村カメラマンのドローン撮影チーム。
そんな中村カメラマンの新たな撮影に同行した。やってきたのは、東京・青梅市の塩船観音寺。現場に到着し早速飛ばすのかと思いきや、その場でドローンの足を持って回り始めた。ドローンの飛行にはGPS機能を使うため、内蔵されたコンパスの調整が必要。飛ばしてみるが、なんだか納得行かない様子。今回の目的が「1ヶ月前の映像を合わせて撮る」だったので、少しズレているような気がすると語る。最新のドローンは一度飛んだルートを記録し、GPS機能で同じルートを再び自動飛行することが出来る。中村さんのこだわりで、何回もドローンを飛ばして調整する。こうした微調整の末撮影した映像が実際の放送ではどうなったかを見てみると、見事に季節の変化を表現していた。中村カメラマンは、ドローンについて「地上の撮影と空撮のちょうど中間ではないですけど、本当に一番いいところ、迫力のある映像を撮れるすごい武器だと思う」と語った。
そんなドローンは、オリンピック中継でも使われ始めた。ヘリコプターでは撮影が難しい地形でも空中から捉えたスピード感のある映像を実現した。去年のリオデジャネイロ五輪では、ボート競技の中継でも一役買った。そしてフジサンケイクラシックの中継でもドローンが使われた。さらに、貴族探偵でもドローンが使われていた。の特性を活かしたバラエティ番組・戦闘中などでも使われているドローンはこれからの進化にますます期待がかかる。江川紹子は、ドローンについて「高いところから低いところに行ってみるのは、前はCGでは可能だったが実際のことが撮れるのはすごい技術が出てきたが、それを習得しなければいけないのでカメラマンの方も大変」だと話した。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年6月26日放送 4:25 - 5:25 フジテレビめざましテレビ アクア朝刊イッキみせ
高画質を誇る4Kの本放送が来年12月にBSで始まるが、現在市販されている4Kテレビでは視聴できないことが問題視されている。すでに4Kテレビを購入している人も、BSの4K放送を視聴するためには今後発売される専用のチューナーが必要になり、録画に関する規格が決まっていないことから、チューナー内蔵型の発売数も未定だという。販売台数は順調に増えているだけに、今後混乱が起きかねない可能性がある。(産経新聞)

2017年6月25日放送 19:00 - 19:30 NHK総合NHKニュース7(ニュース)
4月に約1年半ぶりに噴火した小笠原諸島の西之島を4Kで撮影した。撮影に同行した東京工業大学の野上健治教授が映像を分析し、小さは噴石まが溶融状態で飛ばされているのがわかると解説した。西之島は平成25年12月に噴火し、大量に流れた溶岩が海に広がり島は拡大を続けている。

2017年6月25日放送 0:05 - 1:35 NHK総合今夜も生でさだまさし北の国から2017網走
北見放送局からPR。まずはリポーターの3人が自己紹介。さだまさしは網走市ではチャリティーコンサートを行った事があるなど話す。「4K」で見られる北見の風景をHPで見ることが出来るなど話し、その中でもオススメの風景を紹介した。

2017年6月24日放送 5:00 - 6:00 フジテレビ新・週刊フジテレビ批評? ハテナTV
ビックカメラ有楽町店でテレビ最新情報を調査。4Kテレビが一番人気。4K放送はすでにCS放送で始まっていて、来年からはBSで実用放送が始まるので、今が買い替え時。値段は50型だと、20万円をきる商品も多くなっているという。デジタルメディア評論家の麻倉氏によると、同じ大きさのテレビでもチューナーの有無で値段が大きく変わるので、スカパー!4Kは見ないという人はチューナー無しのテレビでも十分だという。また、4K対応テレビに備わっているアップコンバート機能により、ハイビジョン放送を4K相当の映像に変換することができるため、人気となっている。
さらに麻倉氏の注目ポイントは、ハイダイナミックレンジ(HDR)という明るさの幅を拡大する機能も選択のポイント。ほとんどのメーカーは全ての4KテレビにHDRを入れているという。また直下型の良いバックライトを使っているかもポイントである。さらに、有機ELという肉眼に近いコントラストを表現できるディスプレイも販売していて、映画などを見たい人におすすめ。最後に麻倉氏は、今テレビを選ぶなら、20万円台で買える50型や55型の液晶がおすすめだという。

2017年6月21日放送 14:05 - 14:55 NHK総合ごごナマ石原裕次郎を大特集!
1時台に引き続き徳重聡さん、神田穣さんをゲストに迎えた。BSプレミアムできょう放送の「スーパープレミアム 石原裕次郎の旅」を告知した。番組内で「西部警察」最終回も放映される。24日には「日本人が最も愛した男・石原裕次郎」を放送。神田正輝・渡哲也・舘ひろしの3人が対談するほか、石原裕次郎記念館からの生放送、浅丘ルリ子らゆかりのある著名人のコメントを紹介する。番組内容の一部を紹介した。
ゲストの徳重聡さん、神田穣さんの2人に、石原裕次郎について語ってもらった。徳重聡さんは、人間の大きさを感じていると答えた。神田穣さんは石原プロからデビューしたといい、関係者やファンとのふれあいを通じて存在の大きさを感じていると答えた。
その他、BSプレミアムの石原裕次郎特集として、映画「嵐を呼ぶ男」「銀座の恋の物語」が4Kデジタルリマスター版で放送されると紹介した。スタジオトークでは、神田穣さんに事務所を背負って立つように成長してほしいなどと話した。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.