[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「CNN」 に関するテレビ情報

2017年1月12日放送 0:55 - 2:30 NHK総合
ニュース (ニュース)

アメリカのトランプ次期大統領は大統領に当選してから初めての公式記者会見を行い、発言が注目されている。記者会見が行われるトランプタワーは、ロビーにイスが並べられている。報道陣が着席し、トランプ氏の登場を待っている。アメリカのメディアは長期間行わないのは異例として批判して伝えていた。またトランプ氏はメディアと対決姿勢を取って発言に対して関心を集めている。
トランプ氏のこれまでの発言を紹介。「(メキシコとの国境に)壁を作って費用をメキシコに払わせる、トランプの壁だ」「イスラム教徒の入国を全面的に禁止すべきだ」と発言。勝利演説では「アメリカ分断の傷を癒そう、すべての国民の大統領になると誓う」と”国民の融和”を訴えていた。選挙後は会見は行わず、ツイッターで発信している。トランプ氏は「アメリカ第一主義」を発信。GM、トヨタを批判していた。北朝鮮を巡っては中国を批判。一方でロシアとの関係改善には強い意欲を示すなどツイッターで一方的に伝えていた。
このあと、大統領選後初めての会見となるが、政策について考えを述べる可能性があり、ポイントとしてTPPなど貿易・経済政策、日米同盟など外交政策をあげた。トランプ氏が政策や方針を発表するのにツイッターを活用してきたが、そこに書き込まれるコメントで世界が振り回される状況が続き、批判もされている。アメリカがどう変わるか懸念されており、トランプ氏が大統領就任後アメリカをどこに導こうとしているの疑問がつきない状況が続いている。
トランプタワーの1階ロビーに設けられた記者会見場では、すでに多くの記者が着席している。トランプ氏は去年の大統領選挙に勝利後初めてとなる公式の記者会見をまもなく開く予定。アメリカのメディアは次期大統領がこれほど長期間記者会見を行わないのは異例だと批判的に伝え、いっぽう、トランプ氏はこれまでメディアとの対決姿勢を示していて、今回の会見で記者の質問にどう対応するのかも関心を集めている。
濱西デスクはドナルド・トランプ次期大統領の記者会見について、大統領就任後の自らのビジネスについての見解、記者との質疑応答が注目されると説明。また、会見でポイントとなるのが「TPPなどの貿易・経済政策」、「日米同盟といった外交政策」。後者ではオバマ政権とロシアがウクライナ併合、サイバー攻撃の疑惑を巡って対立を深めるなか、次期大統領はロシアとの関係改善を表明している。
トランプ氏は大統領選挙の期間中、「(メキシコとの国境に)壁をつくって費用をメキシコに負担させる」、「イスラム教徒の入国を全面的に禁止すべき」といった過激な発言を展開。勝利演説では国民の融和を訴え、選挙後は記者会見を行わずにツイッターで考えを発信。同氏は「アメリカ第一主義」を掲げ、輸入に関税がかからないメキシコで製造した小型車をアメリカで販売しているとGMを批判し、矛先はトヨタにも向けた。北朝鮮をめぐっては中国を厳しく批難している。
壇上近くでは記者たちが待っているが、まだトランプ氏の姿は確認できない。アメリカのトランプ次期大統領は大統領に当選してから初めての公式記者会見を行う予定で、発言が注目されている。アメリカのメディアは長期間行わないのは異例として批判して伝えていた。またトランプ氏はメディアと対決姿勢を取って発言に対して関心を集めている。
濱西デスクがドナルド・トランプ次期大統領の記者会見についての説明をしている途中、会見場にトランプ次期大統領が現れた。
トランプ次期大統領の会見が始まるにあたっての説明と、昨夜伝えられた左派のブログについてまったくのデタラメで捏造されたものと伝え、次期副大統領のマイク・ペンス氏を紹介した。
マイク・ペンス次期副大統領は、「あと9日で第45代アメリカ合衆国大統領が就任します。私は副大統領として奉仕できることになり、名誉な気持ちだ。そして新しい大統領は再びアメリカを偉大にしてくれる人物だ。21人の閣僚候補のうち19人が発表され。9つの指名承認公聴会がすでに予定されている。私たちは一致団結して協力しているが、一方でメディアが次期政権を辱めよう貶めようとしている。しかし本日は、次期大統領が新しいチームを作り、アメリカを再び偉大にしていこうというその進捗を報告する、本当のニュースを報告することができると思います。皆さんに次期アメリカ大統領ドナルド・トランプ氏を紹介します」と話した。

URL: http://www.cnn.co.jp/

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年3月17日放送 11:13 - 11:35 テレビ東京Mプラス 11(ニュース)
アメリカのCNNテレビは16日、北朝鮮が近く新たな弾道ミサイル発射や核実験に踏み切る可能性が高いと報じた。ジョンズ・ホプキンズ大学の北朝鮮分析サイトは、北朝鮮北東部の豊渓里にある核実験場で、坑道の掘削など核実験の準備が進んでいると分析している。また、CNNは、アメリカ政府当局者の話としてICBM大陸間弾道ミサイル発射のための設備を動かした可能性を示す情報があるほか、中距離弾道ミサイルの移動式発射台を巡って動きがあると伝えた。こうした中、就任後初めてのアジア歴訪で日本を訪問していたアメリカのティラーソン国務長官は、次の訪問先である韓国に向け出発しました。韓国では黄大統領代行や尹外相と個別に会談して、核開発や弾道ミサイルの発射を続ける北朝鮮への対応を協議するものとみられる。

2017年3月15日放送 5:25 - 8:00 TBSあさチャン!けさの関心事
来日中のサウジアラビアのサルマン国王の滞在費は何から何まで桁違い。国王専用のエスカレーター式タラップは推定3000万円以上。1000人超の大訪問団の中には肌や髭の手入れをする専門スタッフが同行。コーヒーを入れるだけのスタッフもいて、外遊費として約114万円が支給されるという。きのうサルマン国王は皇居を訪れ天皇陛下と昼食を共にした。アメリカのワシントン・ポストによると、サルマン国王は国王就任時、国民にボーナスを支給したが、その額約2兆円。またイギリスのメディアによれば、モルディブ訪問の訪問のため3つのりぞートを1か月貸し切り。その額およそ34億5000万円。桁違いなのは王子も一緒で、アメリカのメディアによれば自宅には屋内プールがあり、部屋数は317部屋で500台以上のカメラが完備。エレベーターは8基あり、総工費は約150億円。また所有するベンツの飾り付けはスワロフスキーで、その数30万個。総額約5億円で、触るとおよそ10万円が徴収されるという。さらに王子はジャンボジェット機を自家用機に改造し約500億円で購入。現在は高さ1km超えの世界最高層ビルを建設中。CNNによると、ビルを含む建設プロジェクトの総工費は2700億円だという。タイム誌によれば、国王は常識はずれの金遣いをする王子などがお金を支払わない時のために、しつけとして閉じ込めるプライベートの監獄を持っているという。国王はきょう次の訪問先の中国に向かう予定。

2017年3月7日放送 16:50 - 19:00 フジテレビみんなのニュース(ニュース)
今月6日、トランプ大統領は「イラクを除くイスラム圏6ヵ国の市民の入国を90日間禁止とする」新入国禁止令に署名した。今回は署名場面を非公開にし、CNNは「メディアから批判を浴びることを回避したいため」と報じた。新入国禁止令では「イスラム国」掃討作戦でアメリカと協力関係にあるイラクが除外された。さらに、ビザや永住権を持つ人が対象外であることが記され、キリスト教徒を特別視するような表現を削除し、執行まで10日間の準備期間が設けられた。難民政策の行方に不安を感じている人々がいる。

2017年3月6日放送 10:25 - 12:00 テレビ朝日ワイド!スクランブル(ニュース)
トランプ大統領は先月17日のツイートでNYタイムズ、NBC、ABC、CBS、CNNはフェイクニュースメディアであり、米国民の敵だと厳しく批判した。メディアはこれに対しファクトチェックで対抗しようとしている。トランプ大統領は自分が米国の借金を減らしたとツイートした時、ブルームバーグはオバマがやった事をトランプが自分の手柄にしていると指摘した。どちらが真実を伝えているかについて世論調査をした結果トランプ大統領を信じる人は37%、メディアが52%だった。アメリカの国民の間では今既存メディアに対する信用が無くなってきているという。

2017年3月6日放送 8:00 - 9:55 テレビ朝日羽鳥慎一モーニングショーショーアップ
81歳のおばあちゃんが、「オババが作ったハイシニア用ゲーム」なるiPhoneアプリを開発し話題に。内容はひな人形を正しく並べるだけの単純作業。開発者の若宮正子さんは独身、週2回・高齢者向けパソコン教室を開いている。その教え方は「坊やを歩道に引き寄せて」など、かなり独特である。実は若宮さん、パソコンと出会ったのは還暦過ぎ。母親の介護に引きこもっていた頃、「ネットで世界と繋がる」という文句へ触発され衝動買いした。独学で触れるうち、アートを作るように。海外番組のインタビュー映像。その後ネットサークルを立ち上げ、世界と触れ合い「シニア向けゲームを作りたい」と考え始める。ゲームを作るには「プログラミング」の知識が必要。そこで専門家にネット通話越しの指導を頼む。様々な用語を使って会話しながら進めていた。作業に集中するため、時短料理も開発した若宮さん。半年かけようやく完成、3月3日に発表する目標が叶った。こだわりはドラッグ無しで遊べる点。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.