[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「CNN」 に関するテレビ情報

2017年1月12日放送 0:55 - 2:30 NHK総合
ニュース (ニュース)

アメリカのトランプ次期大統領は大統領に当選してから初めての公式記者会見を行い、発言が注目されている。記者会見が行われるトランプタワーは、ロビーにイスが並べられている。報道陣が着席し、トランプ氏の登場を待っている。アメリカのメディアは長期間行わないのは異例として批判して伝えていた。またトランプ氏はメディアと対決姿勢を取って発言に対して関心を集めている。
トランプ氏のこれまでの発言を紹介。「(メキシコとの国境に)壁を作って費用をメキシコに払わせる、トランプの壁だ」「イスラム教徒の入国を全面的に禁止すべきだ」と発言。勝利演説では「アメリカ分断の傷を癒そう、すべての国民の大統領になると誓う」と”国民の融和”を訴えていた。選挙後は会見は行わず、ツイッターで発信している。トランプ氏は「アメリカ第一主義」を発信。GM、トヨタを批判していた。北朝鮮を巡っては中国を批判。一方でロシアとの関係改善には強い意欲を示すなどツイッターで一方的に伝えていた。
このあと、大統領選後初めての会見となるが、政策について考えを述べる可能性があり、ポイントとしてTPPなど貿易・経済政策、日米同盟など外交政策をあげた。トランプ氏が政策や方針を発表するのにツイッターを活用してきたが、そこに書き込まれるコメントで世界が振り回される状況が続き、批判もされている。アメリカがどう変わるか懸念されており、トランプ氏が大統領就任後アメリカをどこに導こうとしているの疑問がつきない状況が続いている。
トランプタワーの1階ロビーに設けられた記者会見場では、すでに多くの記者が着席している。トランプ氏は去年の大統領選挙に勝利後初めてとなる公式の記者会見をまもなく開く予定。アメリカのメディアは次期大統領がこれほど長期間記者会見を行わないのは異例だと批判的に伝え、いっぽう、トランプ氏はこれまでメディアとの対決姿勢を示していて、今回の会見で記者の質問にどう対応するのかも関心を集めている。
濱西デスクはドナルド・トランプ次期大統領の記者会見について、大統領就任後の自らのビジネスについての見解、記者との質疑応答が注目されると説明。また、会見でポイントとなるのが「TPPなどの貿易・経済政策」、「日米同盟といった外交政策」。後者ではオバマ政権とロシアがウクライナ併合、サイバー攻撃の疑惑を巡って対立を深めるなか、次期大統領はロシアとの関係改善を表明している。
トランプ氏は大統領選挙の期間中、「(メキシコとの国境に)壁をつくって費用をメキシコに負担させる」、「イスラム教徒の入国を全面的に禁止すべき」といった過激な発言を展開。勝利演説では国民の融和を訴え、選挙後は記者会見を行わずにツイッターで考えを発信。同氏は「アメリカ第一主義」を掲げ、輸入に関税がかからないメキシコで製造した小型車をアメリカで販売しているとGMを批判し、矛先はトヨタにも向けた。北朝鮮をめぐっては中国を厳しく批難している。
壇上近くでは記者たちが待っているが、まだトランプ氏の姿は確認できない。アメリカのトランプ次期大統領は大統領に当選してから初めての公式記者会見を行う予定で、発言が注目されている。アメリカのメディアは長期間行わないのは異例として批判して伝えていた。またトランプ氏はメディアと対決姿勢を取って発言に対して関心を集めている。
濱西デスクがドナルド・トランプ次期大統領の記者会見についての説明をしている途中、会見場にトランプ次期大統領が現れた。
トランプ次期大統領の会見が始まるにあたっての説明と、昨夜伝えられた左派のブログについてまったくのデタラメで捏造されたものと伝え、次期副大統領のマイク・ペンス氏を紹介した。
マイク・ペンス次期副大統領は、「あと9日で第45代アメリカ合衆国大統領が就任します。私は副大統領として奉仕できることになり、名誉な気持ちだ。そして新しい大統領は再びアメリカを偉大にしてくれる人物だ。21人の閣僚候補のうち19人が発表され。9つの指名承認公聴会がすでに予定されている。私たちは一致団結して協力しているが、一方でメディアが次期政権を辱めよう貶めようとしている。しかし本日は、次期大統領が新しいチームを作り、アメリカを再び偉大にしていこうというその進捗を報告する、本当のニュースを報告することができると思います。皆さんに次期アメリカ大統領ドナルド・トランプ氏を紹介します」と話した。

URL: http://www.cnn.co.jp/

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年2月20日放送 21:00 - 21:54 テレビ東京世界ナゼそこに?日本人〜知られざる波瀾万丈伝〜南米「コロンビア」日本では無名なのに現地で超有名な日本人
今回はコロンビアの現地の人のために無償で奮闘する日本人。その人は有名人でCNNのニュースにも出演している。コロンビアは面積が日本の3倍、人口は3分の1。エメラルド算出世界一、コーヒー生産国。首都ボゴタは北部と南部に分かれ、近年治安は改善傾向で北部は観光地として人気。今回の日本人が住むのは南部のスラムが広がる地区シウダーボリバル。ここはタクシーの運転手も乗車拒否する場所。
シウダーボリバルに住むタクシーの運転手は日本人のことを知っていると話した。シウダーボリバルは約20年前から人口が増加、山の斜面にへばりつくようにスラムが形成されている。この街で暮らす有名な日本人とは?さっそく捜索開始。親切な子どもたちに案内してもらい歩くこと5分、横井研二さんと対面した。彼は家族とこの街で暮らしている。彼と一緒にサッカーをしていた子どもたちは戦争から逃げきたという。殺人現場を偶然見ただけで命を狙われてしまう。
人種は様々、地方の村出身の人が多く暮らしている。研二さんはここに住んで13年目。彼はどうやって暮らしているのか。移動手段はオフロードバイク。レンガ作りではない家は新参者の家で火事が起こりやすい。コロンビアのスラムで研二さんが注意していることは同じルートを使わないこと。研二さんはコロンビア人に誇りをもたせたあることをしたという。彼は現地の人のために無償である事をしている。
美容院で散髪をしていると店員が勝手にビデオ撮影、YouTubeで見ていると言われた。彼の人気は支払いをさせてもらいないほど。

2017年2月20日放送 16:50 - 19:00 テレビ朝日スーパーJチャンネル新着 いま何が?
トランプ就任になり約1か月経った。18日にフロリダ州支持者向けの集会で、波紋広げている。スウェーデンのテロ事件が起きた都市と共に名前があげられる17日の夜に起こった印象となった。実際おきておらず政府は、米国務省に大統領の発言の真意を問われている。失言は本人だけでもなく、CNNによるとスパイサー大統領報道官が1週間で3回「アトランタ」での攻撃に触れたが、のちに「オーランド」の間違いがあったという釈明も起きている。今回の発言は、スウェーデンの移民政策を取り上げたテレビ番組について言及したものと釈明している・

2017年2月20日放送 8:00 - 10:25 日本テレビスッキリ!!知ってスッキリ!!情報クリップ
トランプ大統領は米・ワシントンで行われた就任後初の単独会見で「フェイクニュース」と多用し報道陣と激しいやりとりを交わした。大統領補佐官に就任したフリン氏が、政権発足前の去年12月、駐米ロシア大使とロシアへの制裁解除について協議していたことが報じられた。民間人の外交交渉関与は禁止されており、フリン氏は大統領補佐官を責任を取って辞任した。これを受けてトランプ大統領は取材陣に「報道の内容は正しいが、情報を違法に入手している」と指摘しメディアを「フェイクニュース」と批判した。さらにトランプ大統領の“宿敵”CNNには「フェイクニュースとは呼ばない、ベリーフェイクニュースだ」とした。これには記者も苦笑いするほかなかった。
上智大学 前嶋和弘教授はトランプ大統領はメディアとの戦いを話題にして、フリン氏の問題など政権批判をはぐらかす狙いがあると指摘した。米・ワシントンでの単独会見でトランプ大統領は、大統領選で選挙人306人を獲得、ロナルド・レーガン大統領以来の大勝利だと述べた。これに対し報道陣からは、 オバマ前大統領は365人だと反論した。

2017年2月18日放送 16:30 - 18:00 テレビ朝日ANNスーパーJチャンネル(ニュース)
トランプ大統領はボーイング社を訪問して外国に工場を移転した企業がアメリカへ輸入する場合は重い罰を受けることになると述べた。また、就任以来の自身の活動を自画自賛したのちメディア批判を77分間繰り広げた。ツイッターでも「メディアは私の敵ではなくアメリカ人の敵だ。ムカツク!」と毒づき、一旦消去したのち捨て台詞を消して数十分後に同じような文面で再び批判した。「移民がいない日」と名付け、移民がアメリカにどれだけ貢献しているかをアピールするストライキが多発した。トランプ大統領は来週にも新たな入国制限に関する大統領令を発する予定。トランプ大統領の支持率は前回の調査より5ポイント低い38%となった。さらに、トランプ大統領が乗る車列に向けて石のようなものが投げ込まれたがけがはなかった。アメリカ国内の分断が進んでいる、と山口は話した。

2017年2月18日放送 8:00 - 9:25 日本テレビウェークアップ!ぷらす(ニュース)
トランプ大統領は緊急会見で、中東などからの入国停止に関して、来週新たな大統領令に署名すると発表した。また会見の中で”フェイク・ニュース“という言葉を何度も使用し、メディアを批判した。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.