[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「Google」 に関するテレビ情報

2017年4月21日放送 19:00 - 19:30 NHK総合
NHKニュース7 (ニュース)

福岡市で現金3億8000万円余りが奪われた事件の犯行は、犯人の男らが取引情報を事前に把握して周到に計画された疑いが強まってきた。奪われた現金は金塊を買い付ける為の資金で、被害者の男性社員は「逃走したワゴン車は現場の駐車場に先に停まっていた」と話している。更に、ワゴン車には別の車のナンバープレートが取り付けられていた。ワゴン車は未だ見付かっていない。金を取り扱う複数の業者によると、金の購入は小切手等が偽物であるリスクを避ける為現金での取引が殆どだ、ということだ。逃走したワゴン車は福岡市中心部の大きな通りに入り、その後は南東へ走り去ったと見られている。警察は逃走ルート等を調べている。一方、福岡空港では昨日、韓国人の男4人が現金7億円余りを無許可で海外に持ち出そうとしたとして、関税法違反の疑いで逮捕されたが、男らは現金強奪事件の犯人と特徴が違うことから事件への関与を否定している。

URL: http://www.google.co.jp/

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年7月7日放送 16:54 - 17:45 テレビ東京ゆうがたサテライト(ニュース)
今日から東武鉄道の新型車両『70000系』が運行を開始した。埼玉県の南栗橋駅から東京都の中目黒駅までを運行する。今月22日には、東武ワールドスクウェアの目の前に新駅が開業する等、次々と新たな一手をうっているが、東武は『ソライエ』というブランドで分譲マンション事業を展開しており、東武線沿線に5年間で7つの物件を開発してきた。今後2年で更に5か所のマンションを建設する予定で総戸数は2000戸を超える見込みだ。東武鉄道の都筑豊さんは「鉄道の利用者が増えることによって、沿線の魅力が更に高まる。」等とコメントした。
神奈川県川崎市港町は工業地帯として発展してきた地域で、京急大師線の港町駅がある。駅の目の前にある3棟のタワーマンションを手掛けたのは京急電鉄だ。6年前から大和ハウスと共同で分譲を手掛けたマンションで、約1400戸は既に完売している。京急電鉄の美濃部さんは「マンション開発前は工場メインの町で沿線でもワースト1の乗降人員3000人だったが、開発が始まってから現在は利用者が倍増した。」等とコメントした。また、利便性や医療施設等があることも人気の理由だ。京急の昨年度の営業利益のうち、約15%が不動産によるものだ。京急では不動産事業が今後も重要な柱であると考えている。東京都調布市にある築22年の6階マンションをリノベーションして新たに若者向けに貸し出そうとする取り組みが小田急電鉄によって行われている。小田急は去年10月からリノベーション事業をスタートし、不動産ベンチャー企業と業務提携した。小田急電鉄の西村さんは「周辺エリアでも事業ノウハウの蓄積に繋がるので、積極的に引き受けていきたい。不動産事業を強化することで沿線住民を増やしていき、それによって鉄道を利用する客を増やしていきたい。」等とコメントした。小田急の不動産事業の営業利益は全体の4分の1を稼いでいる。

2017年7月6日放送 23:15 - 23:55 NHK総合ニュースチェック11(九州北部 豪雨被害関連のニュース)
九州北部各地で記録的豪雨。大石真弘が福岡県朝倉市役所から中継。対策本部は夜を徹しての話し合いが続く。現在も雨が降っているため、作業が困難となっているが、生き埋めになっている人たちの安否確認を最優先としている。小林崇が朝倉市の上空から取材報告。現地の人は「あっと言う間だった」とした。東峰村には大量の流木や土砂が流れ込み、道路が陥没する場所もあった。大分県日田市ではJR久大線の鉄橋が流された。気象庁は48時間で降った雨量は朝倉市で564.5mm、日田市で383mmに達したと発表。長崎県佐世保市などでも激しい雨を観測。気象庁は福岡県と大分県の大雨特別警報を解除、大雨警報に切り替えたが、地盤が緩んでいる地域もあるため、土砂災害に警戒が必要としている。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.