[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「イスラム国」 に関するテレビ情報

2017年4月21日放送 16:50 - 19:00 テレビ朝日
スーパーJチャンネル (ニュース)

観光客で賑わう場所で起きた発砲事件。響き渡る銃声で現場は一時騒然となった。20日夜9時前、フランス・パリの中心地シャンゼリゼ通りで起きた。警察車両の横に向け突然男が発砲したという。この銃撃戦で警察官1人が死亡、3人が負傷。男は現場で射殺された。この銃撃に関連し、イスラム国は「戦士の1人だ」と犯行声明を出した。フランス当局はこの男を以前からマークしていて、フランス政府はテロ事件として捜査をしている。現地メディアによると容疑者はパリ近郊に住む39歳のフランス国籍の男だと報じられている。フランス国内では23日に大統領選の第一回投票を控えていて繁華街の警備は普段以上に厳しかった。また候補者たちは21日に予定していた選挙活動の中止や変更を発表している。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年7月25日放送 19:00 - 19:30 NHK総合ニュース7(ニュース)
相模原市の知的障害者施設で46人が殺傷された事件から、明日で1年となる。NHKは被告の施設の元職員と4通の手紙のやりとりを行った。手紙には、事件から1年たっても重い障害を持つ人に対する差別的な考えが書かれていた。これまでの手紙には犠牲者や負傷者、遺族への謝罪の言葉はなかった。息子が切られ大怪我を負った男性は、被告の手紙について、自分を正当化させようとしているだけと話した。
手紙では事件を起こそうと思ったきっかけについても尋ねた。被告はやまゆり園で見たニュースがきっかけの一つだとし、ISの活動とトランプ大統領の選挙演説が放送されていたと書いた。捜査当局によるこれまでの調べでも、事件の約半年前にアメリカの大統領候補だったトランプ氏の演説のニュースを施設のテレビで見て、周囲にいた他の職員に入所者の殺害について言葉にしたと供述しているという。被告が見た演説の内容やどう影響を受けたかについてはわかっていない。捜査当局は自らのゆがんだ考えを正当化する理由にしているかと見ている。

2017年7月25日放送 4:00 - 5:50 日本テレビOha!4 NEWS LIVE(ニュース)
イラク国営テレビによると、イラク軍はモスル西部で16歳のドイツ人少女を拘束したと伝えた。少女はイスラム国に合流するためラッカへ向かいその後モスル入りした。ドイツメディアによると、少女は友達の家に泊まると親に嘘をついてイラクに渡ったと伝えた。

2017年7月23日放送 8:00 - 9:54 TBSサンデーモーニング(一週間ニュース)
19日にアメリカ国務省が2016年に起きた世界各地のテロに関する報告書を公表した。最も多発した国はイラクでおよそ3000件にのぼり、そのうちの3割が過激派組織イスラム国の犯行だったとしている。イランがシーア派の戦闘員を勧誘し、イラクやシリアなどの情勢悪化を招いていると非難している。イラク国内で難民キャンプなどを取材した安田さんが撮影した映像が流れる。

2017年7月22日放送 17:30 - 18:50 TBS報道特集最前線を取材 「イスラム国」フィリピンでも
フィリピン南部のミンダナオ島は人口の2割以上がイスラム教徒。イスラム国を支持する武装グループとフィリピン国軍との戦闘が続き、島には戒厳令が出されている。島にはマラウィ市を攻撃した容疑者たちの写真が貼られている。マラウィ市での戦闘勃発から2ヵ月あまり、武装グループは離れた市街地の一部を占拠し人質をとって抵抗を続けている。マラウィ市内でも安全だとされる南ラナオ州庁舎には多くの住民が避難しているが、建物には銃弾の後がある。州庁舎の敷地内から新たな戦闘が始まった様子を見ることができる。

2017年7月21日放送 21:00 - 22:00 NHK総合ニュースウオッチ9(ニュース)
ISの今後について解説。ISは他の過激派組織と違って国であることを主張し、ラッカを首都と位置づけてきた。ラッカには主要機関が集まっており、戦闘員に仕事を用意して食料や住宅まで用意してきた。そのラッカが陥落した場合、イスラム過激派になりテロ組織として生き残ることが懸念されている。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.