TVでた蔵トップ >> キーワード

「LGBT」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 5:00 - 6:00 フジテレビ
新・週刊フジテレビ批評 THE 批評対談

LGBTは「Lesbion」「Gay」「Bisexual」「Transgender」の頭文字をとった略だ。日本のLGBTの人口比率は7.6%にあたる。永田氏は、GAPで働いていた時に、自由な社風の中で同僚にゲイであることを徐々にカミングアウトしたと話した。永田氏はカミングアウトしたあとに、カミングアウトしないことがストレスになっていたことに気づいたという。GWに行われた東京レインボープライドには今年は11万人が参加したと述べた。
LGBTはレインボーカラーをシンボルとしている。これはグラデーションが性の多様性を象徴しているという。渋谷区では渋谷区の花を6色にデザインしたマークを職員がつけている。LGBTは横文字が多いと言われると永田氏はその理由を、自分たちで自分たちの名前を定義して発信する中でそのようになったと思うと述べた。永田氏は、ダイバーシティの中に男女平等とLGBTがあり地続きの問題だとの思いを強くしながら情報発信に取り組んでいると述べた。パートナーシップ証明書があれば、部屋を借りたりパートナーが入院した際の許諾書にサインするなどができるよう区から要請することを念頭に置いているという。
同性愛者と聞くとベッドの上のことだと捉えられがちだが、社会性そのものであるということを理解していただけたらと話した。渋谷区では電話相談や、企業などがLGBTについて考えてもらえるセミナーなどを行っているという。当事者がカミングアウトするのが難しい状況の中ではストレート・アライの方々にレインボーの旗をつけていただければと話した。アライとはLGBTの支援者・支持者の異性愛者を指す。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年9月14日放送 5:00 - 6:00 NHK総合NHKニュース おはよう日本(ニュース)
同性を好きになったり心と体の性が一致していなかったりするLGBTと呼ばれる人たちについては、学校や職場で差別に遭うなどつらい体験を重ねる人も少なくない。こうした中、広島市の企業がLGBTの人たちにとって働きやすい環境にしようと取り組んでいる。

2017年9月13日放送 1:45 - 2:15 NHK総合ハートネットTVちまたの話題のB面談義
すべての例文に「うんこ」というワードが使われた漢字ドリルが話題になっているなか、医師などで結成された日本うんこ学会はイベントを開催したり、今秋にはアプリを公開予定。毎日のうんこの状態を入力すると病気の兆しを知らせてくれる。会長で消化器外科医でもある石井洋介氏はメディアに取り上げてくれたことに感謝した。学習障害のある沖田×華氏は「うんこ」という単語が好きで、世間で話題のドリルが学生時代に欲しかったという。大胡田誠氏は「以前は親に窘められていた言葉を勉強と笑いに結びつけ、タブーを下げたのは他のことにも使えるのでは?」と語った。出演者らは扱に注意が必要な障害者、LGBTについてトークし、御年62の三ツ矢雄二は言葉の問題を感じるという。
熊谷晋一郎氏は「うんこと私」について語りだした。車椅子用のトイレは数が少なく、使い勝手がいいものはさらに少ない。小学校時代には漏らしてしまったことがあり、「うんこ」や「お漏らし」という単語はヒリヒリするという。だが、ユーモアを交えた「うんこ」、「お漏らし」の話は面白く、熊谷氏はユーモアはルールと不謹慎の間にある時は笑ってしまうと語った。だが、その領域は人によって様々。ユーモアはルールとか了解の範囲を変えるポテンシャルがあるが、一部の人を傷つけてしまう可能性も秘めているという。

2017年9月12日放送 15:50 - 19:00 日本テレビnews every.コレイチ!
愛知県に住んでいる、中学校教師の幸奈さんは男性として生まれたが、心は女性。普段は男性教師として教壇に立っている。トランスジェンダーだということを学校にカミングアウトできていないためだという。LGBTとは、レズ、ゲイ、バイ、トランスジェンダーといった性的マイノリティーの総称。幸奈さんは男性から女性として生きていきたくて、恋愛対象は女性だという。幸奈さんには妻と3人の子どもがいて3年前に家族に女性として生きていきたいと打ち明けた。長女は「ちょっとびっくりしたけど、いつもとあんまり変わらない」などと話した。幸奈さんは「LGBTがいて普通だと思って欲しい」と訴えた。
山形県には自分がトランスジェンダーであることを学校に告白した教師がいた。女性として生まれた、しゅんさんは一昨年性転換手術を受けた。しゅんさんは小さいころスカートは絶対に履かなかったという。最初は女性教師としてスタートした。しかし違和感が拭えず教員として採用された年に職場で打ち明けたという。生まれ育った山形教師を続けるため、しゅんさんは全校児童と保護者にトランスジェンダーであることをカミングアウトした。児童からは「私たちの担任だったことは変わらないし、むしろ応援します」「男として一緒に生きていこうぜ」といった応援の手紙をもらった。
しゅんさんは、LGBTの教師同士、幸奈さんと連絡を取り合っていた。この日は今年度から高校の家庭科の教科書にLGBTに関しての記述が盛り込まれたことについて話し合っていた。幸奈さんは去年、勤務先の教師や生徒の一部にだけトランスジェンダーであることを打ち上げた。この春には1度だけ女性の姿で教壇に立つチャレンジをした。まだ学校全体や保護者にカミングアウトする段階には至っていないという。

refills リフィルズ

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.