[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「LINE」 に関するテレビ情報

2015年9月10日放送 8:00 - 9:55 TBS
白熱ライブ ビビット ビビットトピックス

LINEのトラブルが夏休み空けに多発するとされている。安川雅史さんは、LINEは会話と同じなので、夏休み中はずっとやっている子供が多いと話す。また文字でのやりとりで誤解などが生じやすいとのこと。子どもに取材すると、LINEでのいじめが実際に起こっていることが分かった。 

URL: http://line.me/

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年4月29日放送 5:30 - 8:00 日本テレビズームイン!!サタデースナックモッチー
三池崇史は「木村拓哉からLINEが来て、いつもテレビや映画で見ていた人間とつながるというのは特別な思いがある」と話した。

2017年4月29日放送 0:30 - 1:30 日本テレビバズリズム(何がどうしてこう描いた?春のバカリズム イラスト展)
THE YELLOW MONKEYのイラストが生まれた背景を伝える。スタジオで楽屋の会話の内容について話題になった。そこで楽屋では下ネタ連発だったと伝えた。またデビュー当時と変わったことや変わってないことについて伝えられた。そこで下ネタを受けて完成したイラストの様子が伝えられた。

2017年4月28日放送 21:00 - 21:54 テレビ朝日金曜★ロンドンハーツ今一番売れてる3人に緊急事態ドッキリ
外国人男性がブルゾンちえみに道を尋ねナンパモードに。連絡先を聞いてみるとLINEを交換し、デートに誘うとOKサイン。別のアメリカ人・ハミルトンがナンパすると連絡先を交換しハグ。記者と合流させ淳がいるウォッチングスペースへ誘導しネタバラシ。

2017年4月28日放送 16:50 - 19:00 テレビ朝日スーパーJチャンネル(ニュース)
「声優のアイコ」を名乗り昏睡強盗をした罪に問われた被告の女(33)に懲役10年の実刑判決が言い渡された。被告は裁判で「別人格が犯罪を犯した」と主張し、弁護側は解離性同一性障害だとして責任能力が無かったと無罪を主張していた。裁判長は犯行の計画性から被告に完全責任能力が認めた。裁判中、被告は落ち着かない様子で判決を言い渡されると天井を仰いだという。

2017年4月28日放送 15:50 - 19:00 TBSNスタ(ニュース)
声優のアイコを名乗る男は犯行当時は責任能力があったとし懲役10年を言い渡した。被告は性同一性障害とされ普段は男として生活しているが犯行時は女装していた。男性5人に睡眠薬入りのお酒などを飲ませ現金154万円を盗んだ罪などに問われている。初公判では無罪を主張したがその後犯行は別人格によるものだとし責任能力を否定した。岡野医師は一般的な多重人格について話すことを条件に取材に応じた。主人格は他の人格が何かを起こした場合それを知らないでいることのほうが一般的だという。表に現れているのが被告で、他に4歳の男の子ゲンキくん、低い声の男コウジ、事件当時はミサキという女が声優のアイコを名乗り犯行をしていた。被告の主人格は休眠状態にあり記憶はないという。東京地裁は多重人格について現在の精神状態についての見解は尊重されるべきだが犯行当時は女装していたときも被告としてLINEのやり取りをしていたとし懲役を言い渡した。DIDではない方と同じように罪を償うことになるがその期間に治療を行うことができれば本人のためにもなり社会のためにもなるという岡野医師。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.