[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「Mr.サンデー」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 5:00 - 6:00 フジテレビ
新・週刊フジテレビ批評 ? ハテナTV

去年4月に発生した熊本地震で大きな被害を受けた熊本市の熊本城。地震の8日後に初めてドローンにより撮影された映像では、地上からでは確認できない深刻な被害の状況がつぶさに浮かび上がった。先々週放送した栃木・足利市の大藤棚もドローンによる撮影。この映像はフジテレビの中村龍美カメラマンの撮影。この日、中村カメラマンが向かったのは、フジテレビの1階でここでドローンの練習をしていた。室内で練習しているのは航空法の改正でドローンなど無人航空機に対し細かく飛行ルールが定められたため。許可なく飛ばせなくなったドローンだが、テレビの報道取材においては定められたルールに則って練習することにより事前の申請が免除されることになった。
これまでにどのような現場でドローンが使われてきたのか。2015年に千葉でおきたスクラップ工場での火災現場で、ドローンを使うことでヘリよりも低い高度でより火災現場に接近できる。袋田の滝を撮影したのも中村カメラマンのドローン撮影チーム。
そんな中村カメラマンの新たな撮影に同行した。やってきたのは、東京・青梅市の塩船観音寺。現場に到着し早速飛ばすのかと思いきや、その場でドローンの足を持って回り始めた。ドローンの飛行にはGPS機能を使うため、内蔵されたコンパスの調整が必要。飛ばしてみるが、なんだか納得行かない様子。今回の目的が「1ヶ月前の映像を合わせて撮る」だったので、少しズレているような気がすると語る。最新のドローンは一度飛んだルートを記録し、GPS機能で同じルートを再び自動飛行することが出来る。中村さんのこだわりで、何回もドローンを飛ばして調整する。こうした微調整の末撮影した映像が実際の放送ではどうなったかを見てみると、見事に季節の変化を表現していた。中村カメラマンは、ドローンについて「地上の撮影と空撮のちょうど中間ではないですけど、本当に一番いいところ、迫力のある映像を撮れるすごい武器だと思う」と語った。
そんなドローンは、オリンピック中継でも使われ始めた。ヘリコプターでは撮影が難しい地形でも空中から捉えたスピード感のある映像を実現した。去年のリオデジャネイロ五輪では、ボート競技の中継でも一役買った。そしてフジサンケイクラシックの中継でもドローンが使われた。さらに、貴族探偵でもドローンが使われていた。の特性を活かしたバラエティ番組・戦闘中などでも使われているドローンはこれからの進化にますます期待がかかる。江川紹子は、ドローンについて「高いところから低いところに行ってみるのは、前はCGでは可能だったが実際のことが撮れるのはすごい技術が出てきたが、それを習得しなければいけないのでカメラマンの方も大変」だと話した。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月9日放送 11:55 - 13:45 フジテレビバイキング話題の最新ニュースで徹底ホンネトーク!
昨日、連休明けの国会に森友学園の籠池泰典前理事長が姿を現し、集中審議を傍聴。争点は3つの問題。1つ目は森友学園問題を巡る昭恵夫人の関与。民進党福島議員は「ズブズブの関係」などと追及し、総理は「品の悪い言い方が民進党の支持率に表れている。籠池さんに成り代わって非難するのはいかがなものか」などと答弁。2つ目は籠池氏と財務省のやり取りを録音したという「音声データ」が本物かどうか?財務省は確認できないとしてきた。「報道で、籠池氏が財務省の田村理財局国有財産審理室長と面談した際の音声データが出てきた。日本音響研究所が声紋鑑定し、99%田村室長と報道」との追及に、財務省佐川理財局長は「昨年3月の財務省における打ち合わせのものかについて、先月28日財務金融委員会理事会の協議事項になり、御法川委員長から確認するよう指示があった。国有財産審理室長に確認させたところ、不明瞭な点が多いものの、当日のやり取りを記録したものと思われるとの事だった。面談については先方の2人から一方的に話され趣旨がよく分からない事が多く、詳細は記憶に残っていないとのこと」と答弁。籠池氏は「ムチャクチャやな」と呟いた。3つ目は黒塗りの国有地取得に関する要望書。福島議員は平成25年9月2日に森友学園から近畿財務局に出された取得等要望書を提示。財務省に出してもらったが、真っ黒塗り。設置趣意書の見出しが黒塗りされている。佐川理財局長は「森友学園は民事再生手続きが開始され、決定があると管財人が選任される。法令上業務の遂行並びに財産の管理及び処分の権利は管財人に専属しているとなっている。仮に開示する場合は情報公開法においても不開示情報を必要があると認め開示する時は行政機関の長から当該情報に関わる者に対して意見書を提出する機会を与える、仮に開示する場合でも改めて財務省から先方に確認の上対応していく必要がある」と答弁。なぜ設置趣意書のタイトルすら開示できないのか?福島議員によると、籠池氏の記憶では安倍晋三記念小学院の設置趣意書だったからで、特例措置が講じられたという。佐川理財局長は「説明したのは民事再生法の手続き上、合意書がどういう扱いになるのかで、不開示情報は学校運営に関わる事。利用計画・設置趣意書・収支計画も含め情報公開法に基いてこうしている。設置趣意書は今後の経営方針が書いてあり、一体として不開示情報になる」と答弁し、福島議員は「安倍晋三という名前が特例を得るためのノウハウだから示せない」と指摘。

2017年5月8日放送 13:45 - 15:50 フジテレビ直撃LIVE グッディ!(ニュース)
福島議員は籠池氏と財務省の男性とされる人物が去年3月15日に交渉したときのものとされる音声データについて、フジテレビのMr.サンデーという番組では日本音響研究所が声紋鑑定し、99%財務省の男性と報道されたと追及した。財務省の理財局長は音声データが去年3月の財務省での打ち合わせのものか確認することについては、4月28日の衆議院の財務金融委員会の理事会の協議事項になり、御法川委員長から確認するよう指示があり、財務省の男性に確認したら当日のやり取りを記録したものと思われるとのことだった、と音声データを認めた。しかし発言の詳細については記憶に残っていないとした。
籠池氏が公開した音声データで、財務省の男性は籠池前理事長と諄子氏との会話で大阪豊中市の国有地の売買について、特例という言葉を使っていた。特例とは売却ではなく当面は賃貸とした国有地の取引のことを意味していると思われる。この交渉の9日後に籠池氏は国有地の買い取りを決め、8億円値引きされた土地を購入した。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.