TVでた蔵トップ >> キーワード

「Mr.サンデー」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 5:00 - 6:00 フジテレビ
新・週刊フジテレビ批評 ? ハテナTV

去年4月に発生した熊本地震で大きな被害を受けた熊本市の熊本城。地震の8日後に初めてドローンにより撮影された映像では、地上からでは確認できない深刻な被害の状況がつぶさに浮かび上がった。先々週放送した栃木・足利市の大藤棚もドローンによる撮影。この映像はフジテレビの中村龍美カメラマンの撮影。この日、中村カメラマンが向かったのは、フジテレビの1階でここでドローンの練習をしていた。室内で練習しているのは航空法の改正でドローンなど無人航空機に対し細かく飛行ルールが定められたため。許可なく飛ばせなくなったドローンだが、テレビの報道取材においては定められたルールに則って練習することにより事前の申請が免除されることになった。
これまでにどのような現場でドローンが使われてきたのか。2015年に千葉でおきたスクラップ工場での火災現場で、ドローンを使うことでヘリよりも低い高度でより火災現場に接近できる。袋田の滝を撮影したのも中村カメラマンのドローン撮影チーム。
そんな中村カメラマンの新たな撮影に同行した。やってきたのは、東京・青梅市の塩船観音寺。現場に到着し早速飛ばすのかと思いきや、その場でドローンの足を持って回り始めた。ドローンの飛行にはGPS機能を使うため、内蔵されたコンパスの調整が必要。飛ばしてみるが、なんだか納得行かない様子。今回の目的が「1ヶ月前の映像を合わせて撮る」だったので、少しズレているような気がすると語る。最新のドローンは一度飛んだルートを記録し、GPS機能で同じルートを再び自動飛行することが出来る。中村さんのこだわりで、何回もドローンを飛ばして調整する。こうした微調整の末撮影した映像が実際の放送ではどうなったかを見てみると、見事に季節の変化を表現していた。中村カメラマンは、ドローンについて「地上の撮影と空撮のちょうど中間ではないですけど、本当に一番いいところ、迫力のある映像を撮れるすごい武器だと思う」と語った。
そんなドローンは、オリンピック中継でも使われ始めた。ヘリコプターでは撮影が難しい地形でも空中から捉えたスピード感のある映像を実現した。去年のリオデジャネイロ五輪では、ボート競技の中継でも一役買った。そしてフジサンケイクラシックの中継でもドローンが使われた。さらに、貴族探偵でもドローンが使われていた。の特性を活かしたバラエティ番組・戦闘中などでも使われているドローンはこれからの進化にますます期待がかかる。江川紹子は、ドローンについて「高いところから低いところに行ってみるのは、前はCGでは可能だったが実際のことが撮れるのはすごい技術が出てきたが、それを習得しなければいけないのでカメラマンの方も大変」だと話した。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年9月19日放送 13:55 - 15:49 TBSゴゴスマ〜GOGO!Smile!〜(ニュース)
豊田真由子衆院議員の会見に関してのトーク。本当に反省しているのならすべての質問に謙虚に答えるべきだった、週刊新潮への対応で感情が出てしまっていたなどと話した。1時間半に及ぶ会見を行ったが謝罪の場というよりは弁明の時間が多かったとも指摘された。
角谷浩一氏との中継。今回の会見は解散総選挙に向けて一旦区切りをつけようとしたのではないかと話した。きのうの会見で豊田議員は車から降りて一例、取材陣は100人超待ち構えていた。議員辞職しろと抗議する人々の姿もあった。午後5時15分ごろから地元後援者向けの説明会を行い、マスコミをシャットアウト。その後午後7時頃から45分遅れで会見を行い、1時間36分に及んだ。これまではつり眉、茶髪、ピンクの洋服といった風貌だったが、今回はなだらかな眉に黒髪、黒の洋服という出で立ちだった。メイクのプロによると以前は眉間が狭く男性的で強いイメージだったが、今回は眉間を広げてなだらかにすることで優しく女性的な印象になっているという。会見では8回深々と頭を下げたり、涙を見せる場面も6回あった。笑顔が多いという指摘に対しては、泣くなとスタッフに指示されているので一生懸命明るく振る舞っていると答えていた。角谷氏は、自分自身がエリートだから秘書にも同じようなレベルを求めてしまっていたのではなどと話した。会見場にいた奥平リポーターは、罪の意識と本人のプライドの狭間で揺れていた印象を受けたと話していた。会見の前に行った支援者50人との懇談会ではともに涙する出席者もおり、次期衆院選では全員で支えることで一致したという。会合は約1時間におよび、質疑応答でも罵倒はなく和やかな雰囲気で進んでいたとのこと。豊田議員は「今度は厳しい選挙になるが諦めない」と述べており、支援者は「優秀な人材。早く健康を取り戻して頑張ってほしい」と話している。いっぽう自民党系の地元市議らの姿はなく、市議団全員が主席しないことで一致したとのこと。

2017年9月18日放送 16:50 - 19:00 フジテレビみんなのニュース(ニュース)
埼玉県新座市で、豊田真由子衆院議員が間もなく会見。高田圭太政治部デスクは会見のポイントとして、秘書への暴行の有無、秘書への暴言は日常であったか、今後の政治活動の見通しなどを挙げた。久保田るり子は豊田議員と秘書の言い分の違いは確認取りづらいと指摘。椿原慶子は「ミスターサンデー」のインタビューで、豊田議員は収録前にしゃがみこんだり、時折泣き出したりしていたと聞いたとし、現在でも薬を服用している話していたと聞いたとした。久保田るり子は今の姿とこれまで聞かされた姿のギャップが大きすぎるとし、3か月出てこなかったのは少し長すぎたと指摘。森本涼が現地報告、現在は支援者40人程度に交流、少し押しているとした。豊田議員は会場に入る時には頭を下げ、涙をためていたと話した。

2017年9月18日放送 13:45 - 15:50 フジテレビ直撃LIVE グッディ!(ニュース)
きのう、「Mr.サンデー」が豊田真由子衆院議員の独占インタビューを報じた。騒動から3ヶ月、涙の告白の波紋が広がっている。

2017年9月18日放送 11:55 - 13:45 フジテレビバイキング(話題のニュースを徹底討論)
元秘書への暴言・暴行疑惑をきっかけに自民党を離党した豊田真由子議員。昨夜放送の「Mr.サンデー」に3ヶ月ぶりに出演した。近況については入院加療が必要だとし、元秘書に対しては謝罪した。普段から秘書に対してあのような言葉使いなのかを問われると、「おかしなテンションで叱責をするのは本当に初めてで…」と主張した。暴言が録音されたのは秘書にミスが相次いだ中での出来事だったという。

2017年9月18日放送 5:25 - 8:00 フジテレビめざましテレビめざましNEWS ON
元秘書への暴言暴行問題で自民党を離党した豊田真由子議員がMr.サンデーの単独取材に応じた。応じた理由について「自分の声で説明を早めにしなくちゃいけないかなと思った」と話し、「本当に申し訳ない」と謝罪した。暴行については「私が大変な乱暴を働いてすごく大けがをさせたような報道になっていますがそういうことはまったくない」と否定。暴言については「自分でもどうかしていたとしか思えない。あのような異常事態は今回が初めて」と釈明し、「もう一度チャンスをいただけるのであれば関係者のみなさまと話をしてもう一回国と地元のために働きたい」と国会議員を続ける考えを示した。

refills リフィルズ

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.