[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「紅白歌合戦」 に関するテレビ情報

2017年3月21日放送 4:55 - 8:00 テレビ朝日
グッド!モーニング エンタメまとめ

スポーツ報知は大竹しのぶが去年の紅白歌合戦で披露した「愛の讃歌」が明日から配信されると報じた。紅白での大きな反響にこたえる形で新たにレコーディングし初の音源化が実現、大竹は「夢がかなって聞いてくださる方がたくさんいて嬉しい」と大喜びしている。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年4月27日放送 23:00 - 23:30 フジテレビアウト×デラックス食へのこだわりがアウトな演歌歌手
「食へのこだわりがアウトな演歌歌手」としてゲストの伍代夏子が登場した。伍代は演歌歌手としてNHK紅白歌合戦に通算22回出場している。

2017年4月27日放送 19:30 - 20:15 NHK総合人名探究バラエティー 日本人のおなまえっ!言われてみればフシギな読み方名字
リポーターの東海林のり子は何故に「東海林=ショウジ」と読むのか街頭インタビューするも、理由は不明だった。山形県では東海林姓が最も多いが、人々は「トウカイリン」と読んでいた。さらに宗家では「トウカイリン」、分家では「ショウジ」と読まれていたり、戦前に東京では「ショウジ」という読み方が一般的だったという。取材をすすめる中、「トウカイリン」と「ショウジ」を繋ぐ有力な情報を聞き、東海林真知子さん宅を訪った。
東海林真知子さんの家系は約400年前から15代続き、土蔵には江戸時代に記された地図や古文書が所蔵されていた。すると「ショウジ」という名字について、東海林ではない漢字が使われていた時期があったことが判明。森岡浩氏は「山形県には東海林(トウカイリン)という名字が多かったが、(ショウジ)に変わった理由は職業」と説明。昔、貴族が地方に所有していた土地は荘園と呼ばれ、現地の管理者は荘司(庄司)と言う。東海林(トウカイリン)を名字とする人物が庄司に就き、「庄司のトウカイリン」と呼ばれた。なお、秋田県では「東海林はショウジ」となっている。その後、昭和には紅白歌合戦に4度出演した東海林太郎が有名となった。デビュー前のオーディションでは「庄司」で臨んだという。だがデビュー後は東海林太郎(ショウジ タロウ)として活躍し、「赤城の子守唄」でヒットを記録した。

2017年4月26日放送 20:15 - 20:43 NHK総合探検バクモン世界を笑わす!発明工房
次は藤本実さんを紹介。製作したのは去年の紅白歌合戦でも使用されたLEDスーツである。現在開発しているのが、背負う照明である。土佐さんは技術は表現者を追い込むことがあり、カメラが出た時に画家はシュールレアリズム、キュビズムなどに逃げて、技術が進むのは表現が新しくなると話した。サヘルが人間が一番の発明品だとまとめた。

2017年4月26日放送 13:55 - 15:50 日本テレビ情報ライブ ミヤネ屋(ニュース)
けさスポーツニッポンが一紙独占で報じたのは、「神田沙也加9歳年上の俳優と結婚」。沙也加さんといえば、父が神田正輝さん、母が松田聖子さんという生まれながらのプリンセス。11歳で両親は離婚したが、母・聖子さんの元に引き取られた。2001年、沙也加さんは聖子さんがつけてくれた「SAYAKA」で芸能界デビュー。翌年にはCDデビューしたが、親の七光りの重圧に苦しんでいたという。一方、聖子さんは娘の芸能活動をいったん仕切り直そうとアメリカ留学を勧めたという。しかし沙也加さんは「日本で仕事がしたい」とミュージカルのオーディションを受けに行った。そのミュージカルは宮本亜門さん演出の「イントゥ ザ ウッズ」。この時の宮本さんの「あなたはあなたでいいんだ」という言葉で、也加さんはこれまで松田聖子の娘として生きてきた人生を捨て去るかのように家を飛び出したという。その後沙也加さんにとって初ロマンスが報じられた。お相手は12歳年上で離婚歴のあるギタリスト。この交際を心配した聖子さんと大喧嘩し、神田正輝さんに相談に行ったとも言われている。これを機に聖子さんとは絶縁状態になったとも伝えられた。その後芸能活動を休業していた沙也加さんは、2006年、舞台「紫式部ものがたり」で復帰。SAYAKAではなく、本名の神田沙也加としてみずからの道を再び歩き出した。2014年公開の「アナと雪の女王」で沙也加さんはアナの日本語吹き替えを担当。彼女のことを忘れていた世間は、こんなに歌がうまかったのかと感動した。松田聖子の娘という重圧をみずからの努力で払いのけた瞬間だった。2014年の紅白歌合戦では母娘で共演。堂々と歌う娘を見て聖子さんの目には涙が浮かび、親子の雪解けを伺わせていた。そんな中、沙也加さんの目の前に運命の人が現れる。

2017年4月26日放送 10:25 - 11:30 日本テレビPON!今朝のゴシッPON!
神田沙也加が結婚。相手は俳優の村田充。スポーツニッポンによると交際スタートは去年秋頃、舞台「ダンガンロンパ THE STAGE」での共演が交際のきっかけだったと伝える。また村田は21日に開幕した舞台「破壊ランナー」に出演中で共演者に神田沙也加を紹介し、仲睦まじい様子だったという。さらに2人は既に結婚披露パーティーの準備を進め親しい知人には報告済み。結婚については女性セブンでも報じられこの日神田沙也加は村田充のマンションへ翌朝少し遅れ出てきた村田充と合流し駅へ向かったという。普段は車での移動で写真を撮られないようにしている、今回は写真を撮られてもいい、堂々と付き合っているという意志の現れではと駒井氏は語る。双方の事務所はプライベートは本人たちに任せていると答え、事務所も交際を認めているコメントと述べた。神田は2001年に芸名SAYAKAでデビューするも当時の交際相手を巡り、母・松田聖子と絶縁状態に。2006年には本名の神田沙也加で再スタートを切り2014年に映画「アナと雪の女王」の日本語版で第9回声優アワード主演女優賞を受賞。2014年の紅白歌合戦には親子で共演。スポーツニッポンによると来月1日から独立し個人事務所を設立、結婚の決意は公私共に完全に親離れを意味していると伝える。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.