TVでた蔵トップ >> 番組
2017年3月20日放送 22:00 - 22:54 テレビ東京

日経スペシャル 未来世紀ジパング 〜沸騰現場の経済学〜
池上彰が徹底解説!“カジノの街”ラスベガス

出演者
池上彰 SHELLY 西野志海 宮崎美子 鈴木ちなみ パックン(パックンマックン) 
(オープニング)
オープニング

池上彰がアメリカ・ラスベガスを徹底解説。

キーワード
ラスベガス(アメリカ)
池上彰徹底解説ラスベガス
池上彰が徹底解説! 世界を魅了!ラスベガスの秘密

池上彰がカジノを徹底解説。日本で去年12月にいわゆるカジノ法が成立。現在カジノは賭博罪にあたり禁止。実施法案では具体的な制度を定めていく。安倍総理がトップの組織を24日に設置、カジノ実施法案作成が本格化。カジノを合法化するのは140の国と地域。パックンは対策を取れば大丈夫、宮崎美子は賭博を洗い直して決めるのであれば賛成、鈴木ちなみは反対とコメント。12月の世論調査では反対が63%。今回の沸騰キーワードはカジノの街は脱○○に!

キーワード
カジノ世論調査安倍晋三

アメリカ・ラスベガスは眠らないカジノの街。去年の観光客は過去最高を記録。MGMリゾーツ アリアホテルを取材。ここにはスロットマシンが2000台、一晩で莫大な金が動く。さらに裏側へ。バックヤードには監視部屋があり、1300台の監視カメラの映像をチェック。特にテーブルゲームを監視している。イカサマ行為や配当間違いを監視、責任者があと賭けというイカサマの実例を見せた。さらに監視ルームでは客の顔を自動撮影。狙いはイカサマ師。システム強化で現在イカサマ行為はほぼなくなったという。

キーワード
MGMリゾーツ・インターナショナルアリア リゾート&カジノカジノラスベガス(アメリカ)
池上彰が徹底解説!ラスベガス ”マフィア”との戦いの歴史

スタジオトークで、池上彰が解説。砂漠で産業がなかったネバダ州がカジノを合法化したのは1931年だった。1920年、アメリカでは禁酒法が制定された。これにより、マフィアが密造、密輸で大金持ちとなった。禁止すると裏ではびこるため、合法化した。しかし、マフィアが禁酒法時代に稼いだ大金で参入した。ハワード・ヒューズがカジノホテルを大量に買収し、大企業が運営する時代になった。ハワード・ヒューズは長期滞在していたが、他の客に貸したいと言われ、ホテルごと買収した。ネバダ州カジノ委員会は調査官500人以上、1回の調査費は数億円で、費用はカジノ業者が負担している。ライセンスは2年に1度更新、その際におとり捜査が行われる。これにより、マフィアが近づけない。

キーワード
ネバダ州カジノ委員会ハワード・ヒューズ禁酒法
池上彰が徹底解説!ラスベガス 世界を魅了!”エンタメ”が続々登場

ラスベガスにはカジノだけじゃない魅力がある。1993年開業のルクソールホテル、1999年開業のパリスホテル、ベネチアンホテル、1989年ミラージュホテルなどがあり、街全体がアミューズメントパークとなっている。

キーワード
パリスベネチアンホテルミラージュラスベガス(アメリカ)ルクソール

ラスベガスのベラッジオホテルではシルク・ドゥ・ソレイユ「O」の専用劇場が常設。ウィンリゾーツのスティーブ・ウィン会長は「O」を始め、世界中から観光客を呼ぶにはカジノ以外の楽しみを提供できるかが大切だとした。2005年開業のウィン・ラスベガスで最高級の客室は寝室は4つ、プライベートプール完備、1泊135万円となっている。ホテルには高級ブランドモール、裏には18ホールあるゴルフコースもあった。ナイトクラブもあり、さらに巨額な資金で壮大なショーを作った。

キーワード
ウィン・ラスベガスウィン・リゾートシルク・ドゥ・ソレイユ“O”ベラッジオラスベガス(アメリカ)

ウィンリゾーツのスティーブ・ウィン会長はウィン・ラスベガスで巨額な資金で壮大なショー「ル・レーヴ」を作った。ウィン会長は次の展開で、ゴルフコースに湖とビーチを作り、マリンスポーツができるようにする計画を語った。マンダレイベイ・ホテルでは、巨大なホールでファッションの展示会をする。MGMグループは30万平方メートルの展示場を持ち、イベントプロデュースまで手がける。MGMリゾーツのビル・ホーンバックル社長は週末以外の平日は展示会が多く、世界最大の家電展示会ではホテルの8割がビジネス客で埋まったとした。ビジネス客はラスベガスに残り、観光などでお金を使う。さらに家族とも来て、友人にも広めてくれるとした。池上彰はラスベガスの巨大ホールでのイベントを取材、ネバダ大学ラスベガス校体育館で、大統領候補者討論会が行われた。全米、世界中からメディアが訪れても宿泊できるとした。

キーワード
MGMリゾーツ・インターナショナルアメリカ合衆国大統領選挙ウィン・ラスベガスウィン・リゾートネバダ大学ラスベガス(アメリカ)ル・レーブ
池上彰が徹底解説! ”カジノだけじゃない”ラスベガス/”新型リゾート”で大儲け!?

スタジオトークで、池上彰がラスベガスを解説。IRは統合型リゾートで、ホテルやショッピング、ショーなどで楽しめる。MICE(マイス)は巨大ホールで国際会議や展示会を開催して、客を集める。ラスベガスは観光売上が年間5兆円以上、雇用は25万人となっている。池上彰はシンガポールは2010年カジノを解禁、マリーナ・ベイ・サンズは名物。観光客は2009年の968万人から2016年に1640万人に増加した。シンガポールは石原元都知事が1999年に出したお台場カジノ構想をヒントにした。

キーワード
MICEインテグレーテッド・リゾートマリーナ・ベイ・サンズホテル石原慎太郎
池上彰が徹底解説!ラスベガス 驚き!九州に”海中カジノ”?

長崎県佐世保市のハウステンボスは1300万個のLEDを使用したイルミネーションが人気、ホテルは受付をロボットがする。アミューズメントカジノがあり、ルールは本場と同じ。ディーラーもカジノ経験者。ハウステンボスは地元自治体が名乗りを挙げた時に備え、本物のカジノを作る準備がある。ハウステンボスの澤田秀雄社長がカジノ構想を語った。

キーワード
ハウステンボス佐世保市(長崎)

長崎県佐世保市のハウステンボスの澤田秀雄社長がカジノ構想を語った。ハウステンボスの前の大村湾に海中カジノがわくわくするとした。開発中の水中移動式ホテルとカジノを組み合わせることで目玉にする。東京ビッグサイトでは、日本カジノ学院が展示会に出展。今年10校を開校予定。贄田崇矢代表はIRに向けての人材育成をにらんでやっていくとした。メルコ・クラウン・エンターテインメントのローレンス・ホー会長が来日、大阪でのカジノ建設を目指す。ホー会長は1兆円以上投資すると宣言。スティーブ・ウィン氏も日本進出の意欲を見せている。

キーワード
ハウステンボスローレンス・ホー佐世保市(長崎)大村湾日本カジノ学院東京国際展示場
池上彰が徹底解説! 動き始めた”日本のカジノ“

スタジオトークで、池上彰が解説。日本ではカジノの実績がないため、海外の企業と組む必要があるとした。セガサミーホールディングスは勧告で統合型リゾートを開業予定。ここでノウハウを蓄積し、参入するとの声もある。韓国のカンウォンランドは唯一国民が入れるが、ギャンブル依存症や治安悪化となった。厚生労働省によると、日本ではギャンブル依存症の人が536万人と推計される。日本人から高い入場料を取るなども一つの方法とされる。宮崎美子は今あるものをすべて見直すきっかけだとした。

キーワード
カンウォンランドギャンブル依存症セガサミーホールディングス厚生労働省

池上彰が日本のカジノ計画について解説。ヨーロッパにはカジノ文化が根づいている。ラスベガスなどでは大勝ちするとみんなで喜ぶ文化もあるとした。

(エンディング)
次回予告

日経スペシャル 未来世紀ジパングの番組宣伝。

(番組宣伝)
ワールドビジネスサテライト

ワールドビジネスサテライトの番組宣伝。IT見本市に安倍総理 狙いは…!?

キーワード
安倍晋三
refills リフィルズ
  

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.