TVでた蔵トップ >> キーワード

「バノン首席戦略官」 に関するテレビ情報

2017年8月21日放送 16:50 - 19:00 テレビ朝日
スーパーJチャンネル (ニュース)

トランプ大統領の元に集まった側近たち、その中で最初にいなくなったのはフリン補佐官、その後はスパイサー報道官とプリーバス首席補佐官がいなくなり、今度はバノン首席戦略官がいなくなった。影の大統領とも呼ばれていたバノン氏、大統領選では選挙責任者として勝利に貢献し、政権発足後は入国禁止令やパリ協定離脱を主導した。そしてバノン氏は北朝鮮問題は余興、軍事的な解決策はないと主張し、軍事力は行使しないというのはトランプ政権の見解と矛盾している発言だった。CNNによると、トランプ大統領は政権内の人事にまで口を出したことに激怒したという。ニューヨーク・タイムズはバノン氏の言動はトランプ政権に混迷を与えていたと報じている。CNNによると、バノン氏の解任は2週間前から進められていたという。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年9月19日放送 21:00 - 22:00 NHK総合ニュースウオッチ9(ニュース)
ニューヨークと中継をつなぎ、広内仁記者が国連総会の最新情報などを伝えた。広内記者は、「私は4年前からオバマ大統領に同行して国連総会を取材してきましたが、アメリカに向けられるまなざしは大きく変わりました。トランプ大統領には警戒感すら感じられるほどです」とコメント。しかし、トランプ大統領が必ずしもアメリカ第一主義的な演説を行うとは言い切れず、広内記者はアメリカ第一主義を牽引してきたバノン氏の辞任を引き合いに出して、「政権内で穏健派や国際派が勢力を強めているという見方もあり、トランプ大統領が現実的な姿勢を見せるのではないかと期待する声も出ています」とコメントした。

2017年9月7日放送 22:00 - 22:25 NHK総合クローズアップ現代+揺れるトランプのアメリカ~白人至上主義vs“謎の集団”~
トランプ大統領の発言を受け、助言機関メンバー17人が辞任し解散。大統領の最側近で白人至上主義的な立場のバノン首席戦略官が解任された。大統領の事件対応は世論調査で支持するのは32%で、共和党支持層では69%が支持すると答えている。支持率は今回の事件後も大幅な下落はない。

2017年9月6日放送 23:55 - 0:05 NHK総合時論公論トランプ政権 “試練の秋”
アメリカ連邦議会は審議を再開した。トランプ大統領は政権は安定を欠き、先行きへの懸念が広がっている。トランプ政権は辞任ドミノと呼ばれた人事の迷走に歯止めがかからない。白人至上主義を巡る大統領の発言は批難のを浴び、ロシア疑惑の捜査も続いている。さらに北朝鮮ミサイル問題、ハリケーンの直撃など、トランプ大統領の危機管理能力が試されている。大統領の支持率は低迷したままだ。トランプ大統領の固い支持層にもトランプ離れの兆しがある。トランプ大統領は7月、首席補佐官をケリー氏に交代させた。ケリー氏とクシュナー上級顧問は現実重視の穏健派だ。対して強行はのバノン氏は孤立を深め、首席戦略官を解任された。こうした一連の動きも支持層離反の背景にある。トランプ大統領は海外の紛争には介入すべきでないとしていたが、アフガニスタン新戦略には米軍増派に道を見出した。トランプ大統領は現実路線に転換した。
アメリカが現在、カナダとメキシコと行っているNAFTAの再交渉は年内合意が目標だ。トランプ大統領はメキシコとの貿易赤字を問題視し、協定から離脱する可能性をちらつかせながら譲歩を迫っている。メキシコは中国と接近し、貿易相手を多角化することで対抗する構えだ。
トランプ大統領の政権運営の課題のひとつに人材不足がある。政治任用のポストのうち半数以上が未だ空席のままだ。トランプ大統領は、すべての空席は埋めないと発言している。もうひとつの課題は議会との関係修復。大統領と議会の両者が協力しなければ予算も法案もできない。現在の予算は今月末に期限が切れ、議会が定めた国債新規発行額も上限に達する。議会が新しい予算を可決しなければ政府機関は閉鎖に追い込まれる可能性もある。トランプ大統領と42代大統領ビル・クリントンには多くの共通項がある。クリントン大統領は窮地に陥るたびに批判や反対派の意見に耳を傾け復活を遂げた。トランプ大統領が就任して7ヶ月、この秋はトランプ大統領がどこまで現実と向き合えるかを問うことになるだろう。

2017年9月4日放送 15:50 - 19:00 日本テレビnews every.特集
就任後もほぼ毎日更新されるトランプ大統領のTwitterは常に波紋を広げている。しかし政権運営は正念場を迎え、陰の大統領と呼ばれたバノン前首席戦略官や発足当初の高官らが辞任し支持率も34%と低下し続けている。それでも「ソーシャルメディアは私が真実を明らかにできる唯一の手段だ」と書き込んだように、トランプ大統領はなぜTwitterにこだわるのか。番組ではトランプ大統領にTwitterを教えた人物を直撃、トランプ大統領のTwitterの正体に迫る。

refills リフィルズ

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.