TVでた蔵トップ >> キーワード

「ソウル(韓国)」 に関するテレビ情報

2017年4月13日放送 16:50 - 19:00 フジテレビ
みんなのニュース (ニュース)

米朝の対立が深まる中、日本の旅行者にも不安が広がっている。平壌では金正恩朝鮮労働党委員長が海外メディアの前に姿を見せ健在ぶりを誇示した。きょう安倍首相は北朝鮮のサリン弾保有の可能性を示唆し、警戒を強化する必要性を訴えた。外務省は韓国に渡航する旅行者に今後の情報に注意を呼びかけている。
一方、韓国には多くの人が訪れ「今まで何もなかった。威嚇だけがある話を聞いている」などの声が聞かれた。きょう金正恩朝鮮労働党委員長は平壌で行われた高層マンション通りの竣工式に姿を現し海外メディアに経済力をアピールした。2日後に迫る太陽節の準備が急ピッチで進められている。今週にも核実験が行われるといわれ金委員長の動向に世界が注目している。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年9月22日放送 15:49 - 19:00 TBSNスタNトク!
国連総会での、アメリカのトランプ大統領の演説に対し、北朝鮮は「代価を必ず支払わせる」と声明を出した。李容浩外相は太平洋上での水爆実験の可能性に言及した。安倍総理は、「必要なのは対話ではなく圧力だ」などと話し、強硬路線に転じる構えを見せた。その後総理は日米首脳会談に出席し、トランプ大統領と韓国の文在寅大統領と会談した。トランプ大統領は核開発の資金源を絶つため、北朝鮮と取引する個人や企業に独自の追加制裁を発表した。日米が足並みを揃えるなか、文大統領は、国連総会での演説で、北朝鮮を非難する一方、北朝鮮の崩壊はのぞまないと語り温度差を見せた。また韓国政府は、国際機関を通じて北朝鮮へ800万ドルの人道支援を行うことも決定した。この人道支援に、ソウルで脱北者ら約30人が「核・ミサイル開発に使われる可能性がある」と抗議した。日米は、文大統領に慎重な対応を求めている。

2017年9月22日放送 11:30 - 11:45 日本テレビNNN ストレイトニュースNNN ストレイトニュース
北朝鮮メディアは、これまでで初めてとなる金正恩委員長本人の声明を発表した。声明は、トランプ大統領が19日に国連総会で「北朝鮮を完全破壊」という表現に反発したもで、金正恩氏は「相応する史上最高の超強硬対応措置の断行を慎重に考慮する」と警告。さらに、「トランプ大統領の妄言の代価を必ず払わせるだろう」と威嚇した。韓国聯合ニュースによると、この”超強硬対応措置”について、国連総会に出席するためニューヨークに滞在している北朝鮮の李容浩外相は、「どんな措置かは金委員長がされることだから分からない」としながらも、水爆実験を太平洋上で行うのではないかとの見方を示した。李外相はあす国連で演説する予定だったが、日程が1日ずれたという。

2017年9月22日放送 10:25 - 12:00 テレビ朝日ワイド!スクランブル(ニュース)
日本時間のきょう未明、アメリカのトランプ大統領、韓国の文在寅大統領との日米韓3か国の首脳会談にのぞんだ安倍総理。この会談の最重要課題となるのが北朝鮮の核とミサイル問題。日米韓の結束と確認したい安倍総理、会談ではトランプ大統領がアメリカ独自で北朝鮮と取引を行う外国の銀行に制裁を加えることを発表、日米韓では北朝鮮に対し圧力を強めることで一致した。その後の日米首脳会談では、核・ミサイル問題がこれまでにない脅威だということで一致、日米同盟に基づき「有事の際はアメリカが日本を守る」という方針を再確認した。国連総会の演説では北朝鮮を痛烈に批判した安倍総理、一方、トランプ大統領も北朝鮮を強い言葉で威嚇した。このトランプ大統領の演説をうけ、北朝鮮外相は、トランプ大統領を犬に例え反発した。今朝、朝鮮中央通信が金正恩委員長の声明を発表、アメリカに対し何らかの行動に出ることを自ら示唆した。日米が北朝鮮を批判する中、韓国・文大統領は国連総会の演説にのぞみ、日米と同様に北朝鮮を批判するも北朝鮮との対話の道を閉ざさず、外交的解決の必要性を訴えた。またこの演説前に韓国政府は北朝鮮に対し800万ドル(約9億円)相当の「人道支援」を行うことを決定した。支援は医薬品などの現物に限定されユニセフなどをつうじ提供される予定。韓国国内では人道支援に対し意見が割れている状況。韓国政府は人道支援を行う時期は未定としているが、このタイミングでの韓国の発表に、日本政府は懸念を示し、韓国側に慎重な対応を求めていく考え。日米韓の足並みは揃っているのか?

2017年9月22日放送 8:00 - 9:55 テレビ朝日羽鳥慎一モーニングショー(羽鳥パネル)
1990年ブッシュ大統領はクウェートを併合したイラクに対し、「クウェート併合が許されないという主張はアメリカだけでなく国連の見解だ」などと述べ3ヶ月後イラクとの湾岸戦争が起きた。2002年ブッシュ大統領は大量破壊兵器を持つと言われたイラクに対し、「フセイン政権の存在はアメリカだけでなく世界と国連への脅威だ」などと延べ、半年後イラク戦争が起きた。アメリカと北朝鮮がぶつかると、ソウルが危ないが、軍事オプションがあるという。トランプ大統領は「アメリカや同盟国が防衛に迫られれば北朝鮮を完全に破壊するしか無い」と述べているが、マティス国防長官は「軍事オプションの中にはソウルを重大な危険にさらさずに実行できるものもある」と述べている。軍事境界線には多連装ロケット砲など数千門あるからソウルが危険。 もし北朝鮮が韓国を攻撃したら ソウルには1時間あたり50万発の砲弾。最初の24時間で死傷者100万人という推計も。マティス国防長官の発言に韓国で様々な予想がたてられた。まずは、核ミサイル施設に目標を限定した攻撃やサイバー攻撃、電磁パルス弾攻撃などが挙げられている。太田は「サイバーを超えて武力行使のオプションを考えているのかもしれない」とコメントした。田崎「本気を示す狙いがある」などとコメント。今夜リ・ヨンホ外相が国連総会で演説。日本への言及はあるのか。

2017年9月22日放送 5:25 - 8:00 TBSあさチャン!最新ニュースアクセス数ランキング
国連総会の演説に立ったムン・ジェイン大統領。北朝鮮に対して「制裁と圧力が必要」としつつも、「私たちは北朝鮮の崩壊を望まない。国際社会とともに北朝鮮を助ける準備ができている」と述べた。そして韓国政府は国際機関を通じて北朝鮮へ800万ドルの人道的支援を決定した。これについて菅官房長官は「北朝鮮に対する圧力を損ないかねない行動は避ける必要があると思う」とコメント。その上で「韓国側に対して国際社会による北朝鮮問題への取り組みに及ぼす影響を考える必要があるとして慎重な対応を求めていきたい」と強調した。

refills リフィルズ

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.