TVでた蔵トップ >> キーワード

「北朝鮮」 に関するテレビ情報

2017年8月22日放送 7:00 - 7:45 NHK総合
NHKニュース おはよう日本 (ニュース)

トランプ大統領は今月4日から夏休みに入り、ニュージャージー州のゴルフ施設などに滞在していたが、20日ホワイトハウスに戻った。メディアの批判に対し、「ワーキング・ハケーション」”仕事をしながらの休暇”と主張し、ツイッター上でも反論した。大統領のツイッター分析をするサイトでは書き込みは就任以降1日あたり平均約5.8回だったが、夏休み中は普段より多かったという。夏休み中は北朝鮮情勢をめぐり警告を繰り返したほか、先週バノン首席補佐官を解任するなど対応に追われた。21日に部分日食を観測するなど執務を再開したが、課題は山積している。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年9月23日放送 8:00 - 9:25 日本テレビウェークアップ!ぷらす(ニュース)
止まらない米朝の挑発合戦。キム・ジョンウンの声明にまで発展してかつてない挑発となった。そんな中、臨時国会の冒頭で衆議院の解散で新党の動向が注目される。

2017年9月23日放送 5:00 - 6:00 フジテレビ新・週刊フジテレビ批評テレビウィークリー
先週の金曜日に放送した『めざましテレビ』への視聴者の声を紹介。北朝鮮からミサイルが発射された日の放送において。「テレビを点けるとニュースを伝えていた場所もアナウンサーの背後の動きも落ち着きがなく、不安をあおられているだけに感じた」「後ろの関係者やその他の音声がうるさすぎて聞こえづらかった」などの意見が紹介された。報道局の河野編集次長は、キャスターにいち早い情報を伝えることが視聴者の安全につながるため報道センターから伝える方針は変わらないとした上で、ノイズについては技術なことで改善できると考えているなどとした。

2017年9月23日放送 4:00 - 4:15 TBSTBSニュースバード(ニュース)
海上自衛隊の護衛艦とアメリカ海軍の原子力空母が今月11日から沖縄周辺の海域などで共同訓練を実施していたことが分かった。挑発行動を続ける北朝鮮を牽制する狙いがあるものとみられる。

2017年9月22日放送 23:40 - 0:40 日本テレビNEWS ZERO(ニュース)
北朝鮮外相が「太平洋上で水爆実験」に言及した。金正恩委員長の就任以来初めての声明が発表された。その声明では国連総会での金正恩委員長を批判したトランプ大統領を言葉を尽くして罵倒した。李容浩外相は「おそらく過去最大級の水爆実験を太平洋上で行うことになると思う」と語った。専門家は北朝鮮の太平洋での水爆実験は物理的な不可能と語った。太平洋まで飛ばすには核弾頭を約500kgまで小型化する必要があるからだ。トランプ大統領はツイッターで「金正恩は国民が餓死しても気にしない狂った男だがかつてない試練にさらされるだろう」と発言。ロシア大統領報道官は「非常に乱暴で脅迫的な発言 深く懸念している。冷静な対応を呼びかける」と語った。

2017年9月22日放送 19:00 - 19:30 NHK総合ニュース7(ニュース)
アメリカのトランプ大統領は北朝鮮と取引する企業などに追加制裁を加える大統領令を出した。一方、北朝鮮のキム・ジョンウン労働党委員長は「超強硬な対応措置の断行を慎重に考慮する。」と強く反発した。朝鮮中央テレビでは、トランプ大統領の発言について「前代未聞の横暴な発言。」と評した。
核・ミサイル開発を続ける北朝鮮は今月も3日に6回目の核実験を強行し、15日には日本上空を通過するミサイルを発射した。アメリカのトランプ大統領は19日の国連総会の演説で、「ロケットマン〈キム委員長〉は北朝鮮を自滅に追い込もうとしている。アメリカや同盟国を守る場合は北朝鮮を完全に壊滅させるしかない。」と北朝鮮を強く批判した。
日米韓3国は本日未明首脳会談を行った。首脳会談の冒頭でトランプ大統領は「北朝鮮と取引・援助している個人・企業などを対象に政府の権限を大幅に拡大する大統領令を出す。」と発表した。この大統領令は、北朝鮮と取引する企業、出入りする船舶や航空機、北朝鮮で建設業・漁業などに従事する個人などに適用される。また、トランプ大統領は「中国の中央銀行はほかの銀行に対して北朝鮮との取引をやめるように。」と通達した。これに対し、2012年の就任以来、キム委員長は初めての声明発表を行った。トランプ大統領に「ロケットマン」と呼ばれたキム委員長は、核・ミサイル開発を正当化したり、声明の中でトランプ大統領を呼び捨てにするなど、反発を示した。朝鮮中央テレビも「世界の面前で北朝鮮を侮辱したことは宣戦布告であり、我々も超強硬な対応措置を考慮に入れる。」と発表した。
キム委員長の言う「史上最高の超強硬な対応措置」の内容について、北朝鮮のリ・ヨンホ外相は、過去最大級の水爆実験を太平洋上で行うことであると予測した。一連の発言について各国で反応が相次いでいる。菅官房長官は「国際社会の安全保障に対する挑発行動であり容認できない。」とコメント。 イギリスのBBCテレビでは「ことばの戦争が激化している。」とコメント。中国外務省の陸慷報道官は「朝鮮半島の情勢は複雑であり、各国は互いに刺激するべきではない。」とコメント。
太平洋上で水爆実験を行うことについて、東京工業大学 先導原子力研究所の澤田哲生助教は「ロケットで核爆弾を運び高い高度で爆発させるのは、実害を出さずに爆発のデモンストレーションを行える為、北朝鮮にとってメリットが大きい。」と分析する。また、澤田助教は「今回の場合は今までと違い実験の事前通告は行われないことが予想される為、一般の船舶は実験海域に入らないよう注意が必要である。」と懸念した。

refills リフィルズ

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.