TVでた蔵トップ >> キーワード

「横浜市」 に関するテレビ情報

2017年4月21日放送 16:50 - 19:00 テレビ朝日
スーパーJチャンネル (ニュース)

原発事故で福島県から横浜市に避難した生徒が同級生から名前に「菌」をつけられたり遊ぶ金を払わされるなどのいじめを受けた、震災いじめ問題で横浜市教育委員会は「組織として適切な対応ができなかった」として教育委員会の担当者と当時の小学校校長ら6人を戒告などの処分にした。担任だった男性教師には口頭で注意したという。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年9月22日放送 4:55 - 8:00 テレビ朝日グッド!モーニングニュースまとめ24h
神奈川内県の中学校の給食から異物が相次いで見つかった問題で、横浜市でも市内の中学校の弁当から虫やプラスチック片など7件の異物混入が見つかった。この弁当業者も神奈川県の大磯町や相模原市の中学校で髪の毛などの異物が混入した給食を製造していた。横浜市は今後の対応について「安全な弁当を出せるように対応するように指示している。事業者に問題があるのであれば事業者をかえることになる」と述べていた。問題の発端となった大磯町立国府中学校では、「美味しくない」などの理由で給食を大量に残す生徒が続出していた。

2017年9月22日放送 1:10 - 2:10 NHK総合ETV特集“いるんだよ”って伝えたい〜横浜・特別支援学級の子どもたち~
横浜市では、ひとりひとりの生徒に寄り添うという意味を込め「特別支援学級」は「個別支援学級」と呼ぶようにしている。横浜市立飯島小学校の掃除の時間、小学6年生のきよらさんが泣いていた。誰かの雑巾の水が自分にかかったことに腹をたて、掃除を投げ出してしまったのだ。感情のコントロールが苦手なきよらさん。小市千代先生らが、自分の怒りと集団のなかでやるべきこととを整理するよう誘う。次の日、きよらさんは反省文を書いてきた。きよらさんは元々、一般学級に籍をおいていた。しかし、集団の中で感情が不安定になることが増え、ストレスで体調を崩しがちとなる。学校や横浜市の専門機関と相談の末、6年生の春、個別支援学級に移ってきた。
今、きよらさんのように特別支援学級に通う小中学生は全国に20万人、8割の小中学校(公立)に設置されている。横浜市立飯島小学校では、支援学級が閉ざされた空間にならないよう、支援学級の子どもが一般学級に参加する“交流”に力を入れている。きよらさんも週に何度か6年3組の授業に参加しているが、みんなと距離ができてしまう。尾上伸一校長は、「子どもたちが、個別級の子と自分はどういうふうに関われるんだろう、どうすればその子の居場所にこの学級がなるんだろうと考えられたら、寛容性や優しさが育っていくと思っています。」と語る。
一般学級での交流に挑戦を始めた勇一郎くんはアスペルガー症候群。母の幸子さんは、見えにくい我が子のSOSをなんとか救いとろうと、勇一郎くんに勧めたことがある。苦しいときは気持ちを文字にして、人に伝えたらどうかと提案したのだ。それからというもの、勇一郎くんは自分の気持ちをノートにつむいで周りの大人に伝えてきた。勇一郎くんの今一番の悩み、交流級で自分の存在感があるかということ。勇一郎くんは、「いるんだよ、っていう事を気付いてほしい。」と語る。
交流先の3年3組の担任・蟻川太郎先生は、そんな勇一郎くんの思いに応えようと、自分の得意なことを発表する会を開こうと提案する。勇一郎くんの大好きなもの、それは歴史。発表会では、戦国大名のおもてなし料理を紙粘土で再現することにした。発表会前日、個別支援学級の担任・森岡望美先生がリハーサルをしてくれた。ついに迎えた発表会本番。勇一郎くんが8時間かけて作った紙粘土のおもてなし料理は、クラスメートたちから「リアル!」と大好評。発表の後、勇一郎くんは女子から「一番難しかったのはどれ?」と話しかけられる。その子は勇一郎くんと話すのはきょうが初めてだったという。

2017年9月19日放送 5:25 - 8:00 TBSあさチャン!けさの関心事
横浜中華街でごみの不法投棄が行われあきれた言い分などがあるということで特集。観光地としても有名なのだが街中をみるとごみが積み上げられていた。こうしたことに町内会の人が対処していたことから取材したのだがこのごみは商売用だという。本来なら住民用なのだが飲食店が勝手に捨てているといい、有料で処分する必要がある。そこで番組はこの収集場を観測したのだが夜中になると実際に大きなごみを抱えてくる店員達がいて、取材すると忙しいなどの言い訳をしていた。こうしたことから町内会では対策として活動をしていて横浜中華街発展会協同組合の人はまずはきれいにしておくことが大事と話していた。だがやはり繰り返していて、横浜市では監視カメラなどで対策するとしている。

2017年9月12日放送 8:00 - 9:55 テレビ朝日羽鳥慎一モーニングショーショーアップ
残骨灰には金歯や銀歯や装飾品など有価金属が含まれている。そのため横浜市は今年度から残骨灰の売却を決定し、3500万円超で売却した。市が遺灰を売却でいる理由は、火葬場で骨壷に入れられなかった残骨灰は遺族が所有権を放棄したとして市の所有になるからである。

2017年9月11日放送 18:10 - 18:52 NHK総合首都圏ネットワークFLASH
JR横浜駅で横浜市の職員らが駅の利用者に自殺の防止を呼びかけるパンフレットを配布した。パンフレットでは悩みの内容にあわせた相談窓口が紹介されている。

refills リフィルズ

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.