[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> Today's Clipping (健康)
本日の健康情報

熱中症

番組名
今夜も生でさだまさし
放送日
2017年2月26日 00:05
放送局
NHK総合
コーナー名
来た来たまさしが秋田来た!
内容
NHK第1ラジオに出演した。オーロラ写真家・松本紀生さんはかまくらの中でさだまさしの局をよく聞いているというお便りが紹介された。
半死半生語として「つんつるてん」で住吉らは子どもの頃はよく言われていたやお下がりの服の時によく言われていたなど話す。その他「鉄兜」や「白墨」、「放屁」、「ビデオ」などが紹介された。
前回の放送で「洗濯機の熱中症」というお便りが紹介されたが、別の視聴者からCDデッキが「ウィルス性胃腸炎」になったと紹介された。昔の電化製品は機嫌が良いときと悪いときがあるなど話す。

ウィルス性胃腸炎

番組名
今夜も生でさだまさし
放送日
2017年2月26日 00:05
放送局
NHK総合
コーナー名
来た来たまさしが秋田来た!
内容
NHK第1ラジオに出演した。オーロラ写真家・松本紀生さんはかまくらの中でさだまさしの局をよく聞いているというお便りが紹介された。
半死半生語として「つんつるてん」で住吉らは子どもの頃はよく言われていたやお下がりの服の時によく言われていたなど話す。その他「鉄兜」や「白墨」、「放屁」、「ビデオ」などが紹介された。
前回の放送で「洗濯機の熱中症」というお便りが紹介されたが、別の視聴者からCDデッキが「ウィルス性胃腸炎」になったと紹介された。昔の電化製品は機嫌が良いときと悪いときがあるなど話す。

インフルエンザ

番組名
今夜も生でさだまさし
放送日
2017年2月26日 00:05
放送局
NHK総合
コーナー名
来た来たまさしが秋田来た!
内容
さだまさしの長年のファンである人からお便り。長崎に行ってみたいなど書かれいて、さだまさしは迷って地元の人に道を聞くことで縁ができるなど話した。合格発表が新聞で発表された時代で同姓同名の人がいたなど紹介。また、秋田県のゆるキャラ「スギッチ」が10年間の活動を終了するなどハガキが紹介された。
秋田内陸縦貫鉄道の沿線に住んでいる方のお便り。秋田内陸線は地域を盛り上げようと新車両を作ろうと募金を行っておりまだまだ足りないので募金してほしいなど呼びかけた。
18歳の息子が「生さだが秋田に来るので行っていい?」と飛び込んできたというお便りを紹介。そのハガキを送った人は観覧に当たっておりスタジオにいた。秋田県では1983年に「日本海中部地震」という地震が起きていて、その時父親は漁師で漁に出ており船が垂直になったと聞いたと紹介。
視聴者から先輩が秋田県に行き、そこで仲良くなった高齢者がいて名前を聞くと「しんじゅくあき」と聞こえたが、そばに診察券があり見ると「すずきあき」と書かれていたと紹介された。秋田弁で「たろんぺ」は「つらら」のことであるなど紹介された。「インフルエンザ」発症中の方からお便り。「インフルエンザ」にかかると5日は休まないといけないなど話す。病気中になると独り身が寂しさを際立ち、婚活サイトにアクセスすると「さだまさし好き」というグループがあったという。入ると70人ほどで57人が男性、13人は女性だったなど紹介された。
奈良県の人からお便り「若草山の山焼き」が行われて多くの人が集まった。そのつぶやきの中に「大阪大空襲の炎に思わせる」や「鹿はどうしてるんだろう」などの声が聞こえたなど話す。さだまさしのディナーショーへ行く計画を立てていたという方からのお便り、計画を立てていたが友人の結婚式と重なってしまいディナーショーは諦めたがその前日に体調を崩してしまいディナーショーを行かなかった祟りでしょうかとハガキ。また、48歳の女性から新婚旅行で長崎に行ったという方からのお便り。
友達が水虫となったという方からのお便り。水虫の原因について前年亡くなった夫が水虫だったと話し「治療する度に俺を思い出してくれ」というメッセージなど行ったと話す。生さだの放送日と映画館の閉館日が重なっているというハガキを紹介。

潰瘍性大腸炎

番組名
生きるを伝える
放送日
2017年2月25日 20:54
放送局
テレビ東京
コーナー名
生きるを伝える
内容
お菓子作家の石井織絵は20歳の時に潰瘍性大腸炎を患った。なくなくパティシエの仕事を退職、治療を受けても体調は回復せず副作用で体重が増加。そんな時、食生活を改善し体調も回復、食と向き合うこで気力を取り戻しお菓子作り再開。添加物を使わない地味な色合いに物足りなさを感じ、Rainbow Caravan設立、自然素材を使ったカラフルなお菓子を考案、活動の幅も広がった。石井さんはこれからも人を笑顔にするお菓子を作る。

高所恐怖症

番組名
ブラタモリ
放送日
2017年2月25日 19:30
放送局
NHK総合
コーナー名
神戸の街
内容
神戸の地形を眺めるため、兵庫県で4番目に高いという高層ホテルに案内する小代さん。高所恐怖症のタモリは怖気づいた様子を見せながらも、ホテルの中から神戸を眺めた。

すい臓がん

番組名
世界一受けたい授業
放送日
2017年2月25日 19:00
放送局
日本テレビ
コーナー名
5時限目 保健体育
内容
QOLとは、患者本人が最期の時まで満足した人生を送ろうとすること。7年前に末期のすい臓がんで他界した井原さん(仮名)は、48歳でがんが見つかった。井原さんは3人の子どもたちにも伝え、副作用が辛くても抗がん剤を続けることを選んだ。井原さんは家族に見守られながら最期を迎え、子どもたちはエンジニアや教師などそれぞれの道を歩んでいという。
高橋克実は、年明けに友人が治療をやめて最期は自分の好きな生き方を選び、1月1日に亡くなったこと、自分だったらどうするのかというのが今の課題だと話した。また大西先生は、がん患者をサポートする場合には家族の看病はもちろんのことだが1人で抱え込まないで友人や同量に頼ってサポートを分散することを心がけていただきたいと話した。

急性骨髄性白血病

番組名
世界一受けたい授業
放送日
2017年2月25日 19:00
放送局
日本テレビ
コーナー名
5時限目 保健体育
内容
がんの治療費について紹介。急性骨髄性白血病の治療が修正した高松さん(51歳)の場合、保険適用前の医療費は約1000万円だったが、高額療養費制度の適用により自己負担額は1割程度で済んだという。高額療養費制度の申請先は健康保険証に記載があり、会社に報告すれば手続きをしてくれるところもあるという。

肝臓がん

番組名
世界一受けたい授業
放送日
2017年2月25日 19:00
放送局
日本テレビ
コーナー名
5時限目 保健体育
内容
問題「告知2週間後のがん患者が喜ぶあることとは?」の正解は、「家族が普段通りの行動をする」。乳がん治療中の51歳の柴田さん(仮名)は「普通に接してもらえるのが嬉しかった」と話し、肝臓がんを治療中の石川さんは「映画を楽しみに行ったり公園を散歩したり、コンサートに行ったり2人で楽しむ時間が多くなった」と話した。また、がん患者の家族には3つの負担があると言われており、肉体的な負担、精神的な負担、経済的な負担の3つに分けられる。
山中慎介は、母が5年前に胃がんが見つかり全摘出する前とは思えないくらい軽く自分に伝えたエピソードを話した。それが逆に重く思わなかったし、今では普段どおりに元気に過ごしていると話した。大西先生は、経済的な問題は家族にとっても深刻な問題となっていると指摘した。

スキルス胃がん

番組名
世界一受けたい授業
放送日
2017年2月25日 19:00
放送局
日本テレビ
コーナー名
5時限目 保健体育
内容
実際にあった「がん」の事例を紹介。29歳で大腸がんになった美佐さん(仮名)。腹部の痛みと血便により病院に行くと、正確な病名も告げられず入院。しかし家族には大腸がんであることが告げられた。大西先生によると、国立がん研究センターでは医師らに向けたマニュアルでこういった場合「がん患者本人に全てのがんの病名を告知する」と記載があり、現在ではVTRのように本人より先に家族に告知することはないという。後からがんであることを知らされた美佐さんは、家族に仲間外れにされたショックが強かったという。
患者が不安な気持ちを語った。スキルス胃がんの治療が終了した59歳の赤荻さんは、余命を知らされ東京オリンピックが見られないと思うとショックだったという。また、胃がんの山中さんは「がんと聞いた時は死ぬのかと思った」と話し、慢性骨髄性白血病の福田さんは「サラリーマンとしての出世の夢は消え去り終わったと感じた。出来れば早く死にたかった」と振り返った。こんな時、家族は不安の原因を探すことが大切。

慢性骨髄性白血病

番組名
世界一受けたい授業
放送日
2017年2月25日 19:00
放送局
日本テレビ
コーナー名
5時限目 保健体育
内容
実際にあった「がん」の事例を紹介。29歳で大腸がんになった美佐さん(仮名)。腹部の痛みと血便により病院に行くと、正確な病名も告げられず入院。しかし家族には大腸がんであることが告げられた。大西先生によると、国立がん研究センターでは医師らに向けたマニュアルでこういった場合「がん患者本人に全てのがんの病名を告知する」と記載があり、現在ではVTRのように本人より先に家族に告知することはないという。後からがんであることを知らされた美佐さんは、家族に仲間外れにされたショックが強かったという。
患者が不安な気持ちを語った。スキルス胃がんの治療が終了した59歳の赤荻さんは、余命を知らされ東京オリンピックが見られないと思うとショックだったという。また、胃がんの山中さんは「がんと聞いた時は死ぬのかと思った」と話し、慢性骨髄性白血病の福田さんは「サラリーマンとしての出世の夢は消え去り終わったと感じた。出来れば早く死にたかった」と振り返った。こんな時、家族は不安の原因を探すことが大切。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.